神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「希望の党」に毒づかず、「立憲民主党」に夢を預けず、
自分の思う通りに事が運ばない場合、
人はイライラしてつい感情的になってしまいます。
思い描いた野党共闘の姿が歪められてしまった今、
人々は「希望の党」を怒りの矛先に定め、
「立憲民主党」に唯一の救いを求めています。
でも、それって本当に私たちにとって最良の選択なのでしょうか。

政治活動は時々、抑えきれない自分の怒りを治める為や、
頑張って活動して自己満足を得る為のものになります。
よい結果を得る事よりも、活動そのものが目的になってしまいます。
「希望の党」に対する怒りと、「立憲民主党」に対する期待が、
どうも強すぎるように感じています。

皆さん、前のめりにならずに、ちょっと落ち着きませんか。
「希望の党」に毒づかず、「立憲民主党」に夢を預けず、
どうすれば選挙後に今より少しはましな状態になるか。
感情に支配されず、冷静にもっと現実的に考えてみませんか。

「希望の党」は安倍自公政権と同じ位、危険でどうしようもない党でしょうか。
確かに、信頼して政権を預けられる党ではありません。
将来はどんなに酷い政党になるかもしれません。
しかし、まだ選挙後の党首も決まらず方針も定まらず、
どんな規模になるかも分からない、バラバラで未熟な政党です。
今そこにある狂暴な危機である安倍政権と比べ、
まだそれほど牙も尖ってないし毒は強くありません。

また、「立憲民主党」はそれほど夢を託せる党でしょうか。
そもそも、私たちの願う野党共闘の実現を阻んだのは、
「立憲民主党」の中心にいる面々です。
今さらリベラルの代表面をされても、とても受け容れられません。
私たち自由党支持者の立場からすれば、
でっち上げ裁判で苦しめられている小沢一郎代表を支えることなく、
後から撃ってきた卑劣漢たちだと、彼らを認識しています。

私の見解では民進党のメンバーは、
「希望の党」行った人も「立憲民主党」に行った人も、
「どっちもチョボチョボやないか~い!」ということです。

さすれば、どうやって政権を委ねる政党を選ぶかですが、
勝てそうで危険がより少ない党やグループを選べばいいだけです。
危険が多い方から少ない方に並べるとこうなります。

●自民・公明→維新→希望→立憲→社民・共産○

第1の目標は、最悪の自民・公明に勝たせないことです。
今のマスコミは自民叩きから、希望叩きに切り替えています。
決して「希望VS立憲」の構造などにしてはいけません。

そして、公約の焦点も「安保法制」や「原発」にしてはいけません。
「立憲民主党」を支援する人がこの問題にこだわるのは分かります。
でも、これは国会の論戦の重要課題であって、選挙に持ち出す争点ではありません。
残念ですが、日本の未熟な有権者は、この問題にほとんど関心がありません。
今回の最大の争点として出すべきは、やはり「モリカケ問題」です。
安倍首相や自民党員の不正の問題です。
有権者は大きな怒りには同調しませんが、不公平には敏感です。
もう一度「モリカケ問題」に火を付けましょう。

そして、もう一つの公約の焦点は、
消費税を中心とする国民の生活の問題です。
金持ちばかりが得をする安倍政権の社会でなく、
庶民が安心して豊かに暮らせる未来を提示することが大切です。
これは民進党の最も苦手とするところでしたが、この際生まれ変わって、
「希望の党」も「立憲民主党」も積極的に訴えてほしいと願っています。
とにかく、どの党も周りの支援者も、
自分たちが言いたいことでなく、庶民が願っていることを訴えるべきです。

ところで、
私たち自由党の候補者は今回の選挙戦で一番つらい立場に落とされました。
「希望の党」へ行く人「立憲民主党」行く人、無所属で戦う人、戦えない人。
思った形で立候補できた人は1人もいません。
小沢一郎代表は野党共闘を実現するため日々奮闘されていました。
なのに、自身の党が大きな犠牲を受けることになってしまいました。
「自由党」という名前さえどうなるかという状況です。

しかし、結果は思惑通りにならなかったと言え、
私は小沢一郎代表のこの度の奮闘に敬意を表します。
まず、党の体をなしていない民進党を解党できました。
そして、安倍政権を倒せる可能性をつくり出せました。
もし「自由党」という名前がなくなったとしても、
小沢イズムを受け継ぐ者はたくさん残ります。
「小沢一郎自由党」は続きます。

まだまだこれから、
選挙の結果よってその後の策動によって、
少しはマシになるのか最悪になるのか全く分かりません。
でも、悲観はなく楽観しかありません。
その時どうするのが最善か、いつでもそれを考えるだけですから。






政界再編の片隅で
新しい局面になったとき、感情を捨て冷静にこれから何をすべきか考えるべし。
とは思うのですが、今回は再出発の前にチョットはぼやかずにいられない。
よって、これは関西に住む初期高齢者の個人的なボヤキでありまして、
決して組織の見解ではござりませぬ。

■■■
突然のモリカケ隠し解散。
民進党・自由党・社民党の合流不調和。
希望の党参入。
民進党分裂。
ほんの一週間あまりでめまぐるしく政情が変わってしまいました。

してやったりとほくそ笑む者、
悲運と己の無能を嘆く者、
思惑が外れ苦虫を噛みつぶす者、
呆然と立ちすくむ者、
憤然と立ち上がる者。
それぞれがそれぞれの立場で、悲喜こもごもです。

また、情勢が激しく変動するとき、
それぞれの組織でたくさんの犠牲者が出ます。
小さい組織ほど大きな打撃を受けてしまいます。
私が仲間入りしてしている自由党も、その一つです。

地方組織をつくる気持ちも能力もなかった自由党を、
私たち仲間はボランティアで支えてきました。
組織を作りカンパを集め、街宣車も購入し、
関西の選挙活動や宣伝活動の手足になってきました。

自由号12

この街宣車の上に立つ元議員・渡辺義彦大阪府連代表も、
自己資金で大阪の野党共闘を牽引してきました。
私たちは社民党と民進党の一部と合流し、共産党と共闘する、
そんな願いをもって活動していました。

しかし、党本部の決定は残念なものです。
自由党は民進党と行動を共にし、希望の党に半ば合流することになりました。
大阪は希望の党の方針に従い、維新と共存するというものです。

私は今も小沢一郎代表を信頼してます。
党の方針としての今回の決定も、全体としては受け容れる覚悟はしています。
しかし、今回の決定で犠牲になる者への思いやりが、党本部には足りません。
関西特に大阪への配慮がおろそかではないかと思っています。
維新に対する関西人の思いを余りにも知らなさ過ぎます。

このままでは、
日本に一番必要なリベラルな保守勢力が関西から消えてしまいます。
支持者を大事にしない政党は、国民を大事にはできません。
自由党を守るため、小沢イズムを引き継ぐため、
あえて文句を言わせてもらいます。
現存の最高の政治家を代表に頂いている自由党よ。
たとへ小さくとも、最高の政党組織であってくだされ。

さあ、ここからは安倍政権打倒のために、迷わずやるべき事をやろう。

■■■
(ここから先は党本部へ送ったお願いです。ヒマと興味がある方のみご覧下さい。)







           自由党本部 御中

 私は自由党の大阪第7支部に所属しております、加島一正と申します。
自由党をボランティアで支援する「生活フォーラム関西」の会員でもあります。
突然のお願いのメールを送らせていただく失礼をお許し下さい。
このメールは私個人から発送するもので、所属するグループの決定ではございません。
この度の衆議院選挙に関する党の決定には、私は党員として受け容れます。
ただ、関西で自由党党員としていくつかの選挙活動に参加した者として思うところがあり、お願いのメールをお送りしました。

心配しておりますのは、このままでは関西の自由党支持者が激減してしまいそうな事です。
大阪は希望の党との合意で維新に対抗はしないということですが、これは大阪の支援者の心を大きく傷つけてしまいます。
大阪はどの選挙でも維新と激しく戦ってきました。
そして、心ある大阪の人達は維新の不誠実さや酷さに激しい怒りを持っています。
ですので、希望の党との合意で維新を受け容れる結果になってしまっても、自由党支持者に対してそれ相応の心配りが必要だと思います。
最良の方法は、無所属か立憲民主党で候補を立て維新と選挙で戦ってもらうことでした。
大阪の自由党員が信頼し共に行動してきた中心は、圧倒的に渡辺義彦大阪府連代表です。
渡辺代表がいて下さったからこそ、関西で自由党のボランティア支援組織ができました。
今では、カンパで自前の街宣車も購入し活動しています。
その渡辺代表を大阪7区で立てて維新や自民党と戦うことが、関西の自由党支持者の願いであり、関西でこれからも自由党の基盤を残す1番の方法だと思っておりました。
しかしながら、党本部からの指示も支援もなく戦うことはできません。大阪7区のことは一顧だにされなかったようです。また、時間的にも今から準備することはできません。
これは、仕方なくあきらめます。
ただ、これまで関西で自由党のために尽くしてきた渡辺代表に対する処遇は、自由党内だけでなく、野党共闘を共に推進してきた関西の各党や市民グループも見ています。
その事を十分にご承知の上、今後は関西の自由党の継続を必要と考えるのか、それとも勝手にしなさいと見捨てるのかご検討下さい。
私たちは関西自由党の中心に渡辺代表が安心して留まる状態を、強く願っています。
「国民の生活が第一」ならば、関西や全国の自由党支持者も第一に考えて下さると期待しております。
どうかよろしくお願い申し上げます。
長文、乱文、無礼、失礼致しました。

2017年10月5日
加島 一正







続 : 民進党にリーダーは いない
昨日ブログを上げたら、
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
こんな路地裏のブログにも、いくつかの反応を寄せていただきました。
2人並んだ右側の方に関する情報です。

前原

その内の1つの情報源はディープで信頼のおける所でした。
前原さんは野党共闘に本気で取り組むつもりだということです。
そして夜には、産経新聞というのがナンダカですが、
小沢一郎代表のこんな記事もネットに出ました。
http://www.sankei.com/politics/news/170824/plt1708240017-n1.html

「民進党にリーダーは いない。」という私の見立ては変わりませんし、
前原さんを信用する気にはまだまだなれません。
特に消費税を上げるという論には真っ向反対です。
でも、共闘する限りそれは実行不可能です。
なにより、民進党を分解させるには、枝野さんより前原さんの方が可能性大です。
それに、革新勢力が枝野さん贔屓だというのが、どうも気になります。
信用できない度では、枝野さんの方がよほど上だと思うからです。
ここは一丁、小沢さんの想いについて行こうかという気になりました。

それに、投票用紙に書いた「中村哲二さん」の名前が間違っており、
正しくは「中村哲治さん」だと、数人の方から指摘もしていただきました。
幸い、投票用紙はまだ投函していません。
どうせ訂正するなら思い切って変えようと思います。
中村さん、すみません。
中村さんのお名前を書くのは、次回以降の党首選にします。
民進党に、有効な訂正方法を電話で確認しました。
そして、こうしました。日和見な私でございます。

投票用紙 2



悪いけど、民進党にリーダーは いない
訳あって民進党のサポーターです。
往復葉書が来ました。
「前原さんと枝野さん、どっちにする?」という投票用紙です。

前原+枝野

「小沢さんと山本さん、どっちにする?」なら、今のところは小沢さん。
「安倍さんと石破さん、どっちにする?」なら、激しい消去法で石破さん。
「犬か猫、どっちが好き?」なら、今は猫と暮らしているので猫。
「ピザとお好み焼き、どっち食べる?」なら、自分で焼いたお好み焼き。
でも、
「前原さんか枝野さん」は選択不可能。
どっちを選んでも何も変わらない、選ぶ意味がない、。
下した結論は、「どっちもイヤ!」
党首を選ぼうにも、民進党にはリーダーなどいませんから。

ネット上では、前原さんと枝野さんの話しをよく聞いて考えようなんてありますが、
実行する気持ちも能力もない人の話を聞いて、何になるのでしょう。
保守系だとかリベラルだとか、そんな分類も何になるのでしょう。
言葉に信用がおけない人の言葉を分析しても意味がありません。
言うこととすることが違う人間をどう捉えればいいのでしょうか。

その昔、民主党には唯一のリーダーがいました。
勿論それは、小沢一郎現自由党代表です。
しかし、民主党は国民への公約と共にリーダーも捨ててしまいました。
少しはましな鳩山由紀夫さんも、ついでに捨ててしまいました。
民主党のリーダーはそこで終わりです。

それから後の党首は、K氏、N氏、K氏、O氏、R氏と、
自己中、自民党のスパイ、連合の使い走り、何も決めない動かない人など、
リーダーどころかマトモナ政治家でもありませんでした。
いわば、今の民進党は船長も機関長もいないままで、
自民党と連合の遠隔操作によって漂っている幽霊船です。

リーダーも理念も失った野党は存在してはいけません。
ただ、与党に利するだけです。
安倍首相追放と民進党解体は、同時進行できるはずです。
たとえ多少の混乱はあっても、民進党は自爆分裂しなければなりません。
その先に、本当の野党共闘があります。

ここはもう、
「前原さんか枝野さんで党の再生を!」とか、
「前原さんか枝野さんで政権交代を!」なんて言ってないで、
みんなの期待に沿って、
「前原さんか枝野さんで民進党分解を!」で行きましょう。

どちらかが、
「小沢さんと昔の仲間に謝りに行ってくる。」とか、
「民進党を割って、自由党・社民党と合体する。」
って言ってくれれば、絶対投票してあげるのに。

2人の今のような反省のない上から目線の言い方なら、
私が民進党のサポータでいる理由の、
唯一信頼できるこの人の名前を書くしかない。

民進党ハガキ

NHK渾身の敗戦記念特集。しかし、それでも描けない肝心な事が、
NHKを少し見直しました。
報道部は腐っていても、制作部は意地を見せました。
NHKスペシャルの歴史・紀行編の以下の4編で、
臆することなく、制作スタッフは戦争の真実を描こうとしました。
「731部隊の真実-エリート医学者と人体実験」
「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」
「戦慄の記録 インパール」
「本土空襲 全記録 」
http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html
彼らの頑張りを讃えたいと思っています。

特に「インパール編」では、
戦争指導者の無能さと卑劣さを暴き出していました。
あんな奴らに命令されて殺されていった人達は、そして残された家族達は、
本当に悔しいだろうと思われます。
私の父は幸運にも無事に還ってきましたが、
それでも2人の伯父・叔父を戦争で亡くしています。

戦後70年以上経ってやっとこれだけのことが明るみに出だしました。
これらのドキュメンタリーに接することは過去の戦争を振り返り、
同じ過ちを繰り返さないためにはとても重要なことです。
先の戦争とマトモに向き合うことなくサボってきた私たちにとって、
国の内外に対して戦争責任をキチンと精算することは大事なことです。
このところの総理大臣や防衛大臣の言動を見ていると、
昔も今も、戦争を企て遂行しようとする者達は、
いかに無能で卑劣な輩であるかと改めて実感します。

しかし、同時にもっと大事なことは、
戦争責任をキチンと精算しなかった怠惰をとがめるだけでなく、
なぜ戦争責任を精算できなかったかの理由や構造を知ることです。
なぜ戦争責任者がのうのうと生き延びれたかを知るということです。

そこには、このNHKのスタッフにしても、
まして民間のマスコミにとってはなおさら、
触れられない大きな問題が残されている事を知る必要があります。

それは、敗戦直後から今まで、
途切れることなくアメリカの支配が続いているという事です。
上記のドキュメンタリーで描かれた日本の無能な指導者に代わり、
今はアメリカが指導者として君臨しているということです。
アメリカはすこぶる合理的な国です。
アメリカは天皇を初めとする戦争責任者を赦し、日本統治に利用してきました。
ある意味、アメリカの都合で戦争責任を精算をさせたくなかったのです。

マッカーサー

こんな構造は今でも変わることはありません。
アメリカにとって使い勝手のいい人間は、
頭が悪かろうが性格が腐っていようが関係なく利用する。
逆に国民を覚醒させそうな筋の通った政治家は排除する。
今の日本はこういう構造ではないでしょうか。

私たちは過去の戦争を反省すると同時に、
未来の戦争の形を想像してこれに備える必要があります。
これからの予想される戦争では、
無能で卑劣な日本人指導者が戦争を指揮することはありません。
田母神さんやヒゲの佐藤さんのような気楽な軍人は、ただの使い走りです。
指揮を執るのはアメリカの司令官です。
それは、「日米安保条約」「日米地位協定」で決められています。

次の戦争は、日本から始めることはありません。
日本は残念ながら独立国ではありません。
なので、戦争を自分の意志で始めることはできないのです。
日本が加わる戦争をいつどこでやるのか、決めるのはアメリカです。
全てアメリカの命令または了承でしか日本の軍隊は動けません。
だって、日本の軍隊の指揮権はアメリカ軍にあるのですから。

私たちはその構造を理解することなしに、反戦を貫くことはできません。
先の大戦から今まで私たちが戦争に深く関わらなくていられたのは、
ただ憲法9条があったからだけではありません。
日本国憲法、世界情勢、アメリカの思惑、日本の世論、わずかな日本の外交活動、
それらの複合的作用でなんとか非戦でいられたわけです。

私は思います。
私はもともと「お花畑」と言われようが、非武装中立論者です。
それでも、これから日本が非戦を貫こうと思えば、
「日米安保条約」「日米地位協定」による現実のアメリカ支配を前提に考え、
アメリカとの最適の距離を保ちながら、
日本独立を目指さなければならないと思っています。

まずは、日本のマスコミが当たり前のように、
「日本は本当の意味での独立国ではない。」と言えるようにしたい。
そこからでないと、日本の民主主義はなかなか始まらないでしょう。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。