神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スコットランド国民の行動に、ありがとうの賛辞
18日の住民投票の結果、今回スコットランドは独立せず、王国連合に残ることになった。
住民投票の結果が良かったのか悪かったのか、私には分からない。
自分たちで決めたことなのだから、今の時点での最善なのだろう。

スコットランド国旗

スコットランドがイギリスから独立かと、初めて聞いたときは驚いた。
もともと、イギリスは4つの国が合体してできたことは、ラグビーの国際試合で
4つの代表チームがあることから、知ってはいた。
イギリスと(北)アイルランドとは、いつも緊張の関係にあることも知ってはいた。
それでも、(北)アイルランドでなく、スコットランドがこの時点で独立を言い出すとは
想像できなかった。

今回は独立は果たせなかったけれど、この影響は大きい。
世界に対しても、日本に対しても少なくない影響を与えたと思う。

私が思ったのは、
「そうだ我々は何を望んでもいいのだ。
 面積が約30%で人口は約10%の国スコットランドが、かの大英帝国に対して、
 独立の意志を宣言し、自分たちでどうするかを決めたのだから。
 私たちの要望や、目標や、希望には、何も枠をはめなくていいのだ。」

日本に置き換えれば、
沖縄の独立の意志を宣言して、県民投票をすることができるはずだ。
そうなれば、米軍基地は本土に移転か撤廃だ。
福島県も被害特別地域として、半ば独立して国と東電にもっと怒りをぶつければいい。
国に原発被害の根本的な損害賠償を求めることもできるはずだ。
反原発行動だって、電気代がどうだの雇用問題がどうだの経済問題は関係なし、
危険なものはダメ、ダメなものはダメ、無条件に絶対反対で押し通すだけだ。
他にもいろいろ考える事ができると思う。

私たちは自分自身で、「こんな事はとてもできないだろう。」と、あきらめてしまう。
そして、不必要に対立相手のことや、周りの状況を考え過ぎてしまう。
どんな不幸でも悪政でも、抱きしめて受け入れてしまうのが日本人の特性だと思う。
やれたかやれなかったかは、結果として出てくるだけだ。
まずは要望は遠慮無く宣言する、そして実現のためにできる限り努力をする。
大変だろうけど、これを繰り返すしかないと思う。

自分たちの利益と保身しか関心のない中央官庁の役人や、独立国としての気概を持てない
無能な国会議員に、このまま日本を任せていても、ますます悪くなるばっかりだ。
もう私たちが遠慮や躊躇をせずに政治に関わらなければ、日本は本当に終わりだ。
たくさんの人が、そう思っているだろうと思う。
最低限、スコットランドのように、自分たちのことは自分たちで決める住民投票ぐらいは、
簡単にできる国にしなくてはいけないと思う。

全てのスタートは、とにかく政権交代だ。
まずは、少しぐらいは国民の声を聞ける政府を作らなければ話にならない。
そして、県や市などの地方自治体が独立国に近い自立自治を本気で求めていけば、
スコットランド並の、自分たちのことは自分たちで決めることができる、
「独立した国・普通の国」になれると思う。

遅まきながらも、いろいろ気づかせてくれたスコットランド国民に感謝です。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/90-c38f2119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)