神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



この夏の、愚言暴言三連発
昨日一昨日から、油断してテレビを見ていると突然新内閣の閣僚人事のニュースが現れる。
今日は神戸新聞の一面にも、閣僚や党三役の写真がずらっと並んでいる。
女性閣僚の多いのが売りらしいが、守備範囲の広い「女性好き」の私でも、この面々の写真には
まともに視線を合わせることはできない。

特に、総務大臣:高市早苗、国家公安委員長:山谷えり子、おまけに党の政調会長:稲田朋美。
まともな時代のまともな国なら、とても政治家として表には出せない恥ずかしい存在だ。
阿倍さんが愛して止まない、右向け右の三大傑女のそろい踏みがここに完成している。
感想を例えて言うなら、とんかつ定食を食べ終えた後に、豚骨ラーメンを食べさせられる感じ。
普通の人なら、いっぺんに消化不良と胸焼けで体の内から拒否反応が起きてしまう。

この人事に象徴されるように、あまりにも自民党政治はひどすぎる。
上が上だから、下っ端も下っ端で傲慢な言動も留まることを知らない。
この夏にも、あちこちで愚言暴言が炸裂した。
私たち日本人はもともと忘れやすい。日々の生活に追われて記憶は薄れていく。
でも、決して忘れてはいけない愚言暴言がある。
この夏の暴言はあまりにもひどいので、忘備録として残しておこうと思う。

忘れられない言葉①「個体側の脆弱性」

福島第1原発事故に伴う避難生活中に自殺した女性の損害賠償を求めた訴訟で、東電代理人の弁護人が、「自殺した側にも責任はあるはず。」と、反論するため口頭弁論でこう言った。
「個体側の脆弱性も影響していると考えられるから、 考慮した上で相当因果関係の有無を判断すべき。」
「個体側の脆弱性」って何。動物の遺伝子操作や植物の品種改良などの実験をして、上手くいかなったときなどに、言い訳として使う言葉じゃないの。
まさか、原発事故に伴う避難生活で心身共に疲れ果て、絶望して自死を選んでしまった人に投げかけた言葉じゃないでしょうね。
もしそうだとしたら、この発言者こそ、人間でありながら人の心を理解することのできない「個体側の知能的脆弱性」に問題があり、裁判という真剣な場に出てきてはいけない人間である。
この人は家に帰って、どんな顔をして子供や孫や犬や猫を抱っこするのだろうか。

忘れられない言葉②「美濃加茂市を焼け野原にするぞ。」

不当に長期拘留されていた美濃加茂市の最年少の藤井市長に対して、警察の取り調べ官が、
「はな垂れ小僧に投票した市民は、何を考えていたんだ。」と言った後、否認する市長に対して
「早くしゃべらないと、美濃加茂市を焼け野原にするぞ。」と言い放った。
「おまわりさん大変です。放火予告です。」そう通報しようとしても、言ったのがおまわりさんだった時、一般市民はどうすればいいのだろうか。
誰が一介の地方警察官に、独裁者として全能の権利を与えたのか。
怒りと共に、他人事ながらこんな警察官と暮らす家族の境遇を案じる。

忘れられない言葉③「パチンコの換金など、まったく存じあげません。」
 
カジノ構想で賛否分かれて騒がれている折も折、「時代に適した風営法を求める議員連盟」が、
パチンコの換金行為について警察庁の担当高官に意見を求めたところ、こう返答したそうな。
「パチンコで換金が行われているなど、まったく存じあげないことでございまして…。」
ああ、びっくりした。全国のみんなも、あまりの完全否定にびっくりこいた。
どの位びっくりしたかというと、「私は生まれてから今まで、ウ○コをしたことがありません。」
と堂々と言われたくらいびっくりした。

では、今年8月発表で2013年におけるパチンコ参加人口は970万人とあったのだが、
この約1000万人の愛好者(中毒も含む)は、金儲けにも結びつかない事で、家族の不幸やら貧困やらも吞み込みながら、単なるゲームとして日夜熱中し続けているのだろうか。
こんな白々しい嘘を平気で吐けないと出世できない警察組織とは、いったい何であろうか。
鯛は頭から腐っていく。誠に名言なり。

安倍晋三とその無邪気な仲間達によって蹂躙されたこの時代を、
私たちは、不名誉な時代として記憶を残しておかなければならない。
勿論その前に、現在進行形のこの時代をまず早く終焉させなければいけない。
もう暴政は十分だ。政権交代あるのみ。
高市早苗、山谷えり子、稲田朋美、そして親玉の安倍晋三を全部足しても追いつかない、
本物の政治家の講演を、今月大阪で実感することができる。

以下に案内を、また張っておく。
まずは、ここから始まる・・・・・

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

国民の生活が第一!何としても政権交代を! 

このフォーラムは、緩やかに連携する自立した市民の運動体です。  
9月13日に下記の講演会を行います。

 名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」

  日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
  場 所 大阪市北区民センター 大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
       JR環状線天満、地下鉄堺筋線扇町 徒歩すぐ 関西テレビの北隣
  入場料 500円
  主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
  申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、連絡先を
      メール、FAX、電話でお知らせ下さい。
       メール:info@mei-getsu.com
       FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/88-43627928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)