神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



嘘と悪事がばれるから、何が何でもこのままやり続けます
とある会合での、元自民党総裁、谷垣禎一法相のお言葉
「消費税を10%にもっていけない状況が生まれれば、アベノミクスが成功しなかったとみられる可能性があるので、」
→「何が何でも10%に増税するぞ。」

谷垣3

谷垣さんは正直と言えば正直、無責任と言えば無責任。
ポスターと違うやん。結局、国民一人一人の生活はどうでもええって事ですか。
この際。他の皆さんも正直に本音でどうぞ。

阿倍首相のお言葉(1)
「日中・太平洋戦争で日本が悪かったとなったら、大好きなお爺ちゃまも重大な戦争犯罪人になってしまうので、」
→「日本は悪くないもんね。中国と韓国には絶対謝らないもんね。」

阿倍首相のお言葉(2)
「長い討論をすると、無知と無能がばれてしまうので、」
→「何を聞かれても答えず、自分の言いたいことだけを一方的にしゃべりますぅ。」

自民党防衛族のお言葉
「辺野古への移設が成功しなかったら、米軍基地なんて本当は要らないとばれてしまうので、」
→「どんな卑怯な事をしてでも、移設を実行してやる。」

東電・原発マフィアのお言葉(1)
「福島の事故収拾に関して、今は何も打つ手がないと知られてしまうので、」
→「国民の税金を使って手を変え品を変え、事故の収拾をしている振りを実行中。」

東電・原発マフィアのお言葉(2)
「全ての原発が止まったままだと、今や原発は危険な不要物だと悟られてしまうので、」
→「川内でもどこでも一番騙せそうな場所を選んで、無理矢理に再稼働させろ。」

外務省のお言葉
「沖縄返還時の密約書を出したら、他にもいっぱい密約書があるとばれるので、」
→「無くしたとしらばっくれて、無くした責任者も追求しないで居直ることにしよう。」

警察・検察・裁判所のお言葉
「裏金を認めてしまうと、人を裁く資格などないと悟られるので、」
→「無いといったら、そんなものは無い。まだうるさく疑う奴がいたら、始末しておけ。」

エライ役人皆様方のお言葉
「現役時代も定年後も甘い汁を吸い続けたるために、がんばって高級官僚に上り詰めたのだから、」
→「自分たちが生きている間は、何が何でも役人中心の権益を死守するべし。」
→「後は野となれ山となれ。日本崩壊など知った事じゃない。」

マスコミのエライさんのお言葉
「今更正しい報道などすると、逆にこれまでの体制と癒着したデタラメ報道がばれるので、」
→「今まで通り、嘘と隠し事の報道を実行。業界が淘汰されるまでこの路線を維持するのみ。」

国の進むべき道を定めて国を治めるのではなく、個人の権益と過去の尻ぬぐいのために今の政治があるようだ。
何かこの国は「本末転倒の国」という感じがする。根底から国を変えなければいけない。
取りあえず政権交代が待たれる所だが、政治家の本音はどうか。

国会に多く巣喰う、三流政治家のお言葉
「自分の理想を追いかけていても飯が食えないので、」
→「政治は単なる金儲けのための職業と考え直す事にした。何か文句あるか。」

今はわずかな、一流政治家のお言葉
「例え苦しい状況になろうとも、自分の理想を捨てたら政治家ではなくなるので、」
→「政治家として生き続ける機会がある限り、信念に従って自分の道を進んで行きます。」
→「正直言ってなかなか大変なので、経済的にも精神的にもご支援をお願い申し上げます。」

こんな政治家なら、ずっと応援することを誓います。
一緒に世の中を変えていきましょう。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/86-8d08f1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)