神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



闇夜に三日月、未来にかすかな日差し
「売手よし、買手よし、世間によし」の三方よしを旨とする近江商人の国、滋賀県で闘われた
県知事選挙の結果、反自民・公明の三日月元衆議院議員が接戦を制した。
「売手だけよし、買手悪し、世間になお悪し」を推し進める自公暴走列車を、人を大切にする
近江商人の国がブレーキをかけてくれた。勝つと負けるで、大きな違いだ。
滋賀県民ありがとう、三日月大造さんありがとう。
1日遅れてしまって鮮度は落ちたけれど、やっぱり一緒に喜びたい。

三日月
ところで、ちょいと新知事の経歴を見てみると、
え、西日本旅客鉄道の労働組合出身の民主党員。
でもって、あの松下政経塾第23期生てか。

え、大丈夫かなと思われた皆さん、まあまあ落ち着いて下さい。
これからは、こんな細かな事を気にしていてはいけません。
まず自民・公明候補者が勝ったときと比べると、天と地の開きがあります。
これから始まる緩やかな大同団結にとって、敵と味方を分ける大切な区切りは1つです。
弱肉強食の金儲けを第一にするか、国民の生活を第一にするか、これだけです。
目印として、「原発反対、消費税増税反対、集団的自衛権反対、沖縄基地固定化反対」
これらを挙げておけばいいでしょう。

言ってる政策も大丈夫だし、あまり嘘をつきそうな顔をしていないし、特に大事な原発に関しては、
「卒原発」で嘉田現知事の後を継いでくれるというのですから、まあ安心です。
とりあえず、天下無敵の安倍晋三に一杯苦汁を飲ませたのですから、痛快です。
新・滋賀県知事を、希望の星いや希望の三日月として心から歓迎しようではありませんか。
ためらうことなく、みんなで万歳を三唱。万歳、ばんざ~い、バンザ~~イ。

これを機会に、民主党議員に対しては、極悪人以外は緩やかなお付き合いをお願いしたいものです。
小沢・鳩山降ろしの首謀者である旧執行部の面々と、野党連携を潰すのがお仕事である前原・長島
両アメリカ派遣議員には、レッドカードで民主主義政府には永久に出場停止。
その他の議員は、イエローカードぐらいにしておきましょう。
ちょっとは反省してもらって、個別にでも緩やかな大同団結に参加してもらいたいものです。

ところで、久しぶりに嘉田知事の元気なお姿を拝見したことも喜びでした。
「未来の党」での選挙戦敗戦後、「生活が第一」の支持者からの恨みを1人で受けてしまった感のあった嘉田知事。
こころから同情申し上げておりました。
嘉田知事や小沢代表の作戦間違いはあったものの、決してそれが主な敗因ではありませんでした。
民主党首脳の愚行(作戦)+マスコミの攻撃+有権者の愚かさ+(ムサシの活躍?)が原因であって、
とうてい1人や2人の指導者の責任に帰すものではありませんでした。
あの状況で、「俺ならこうやって勝てた。」などと言えるものは、誰1人いません。
まだまだ政界から引退なさらず、これからも野党連携に協力して下さるようお願いいたします。

次は、福島県知事選挙と沖縄県知事選挙です。
山が動いたと評価される向きもありますが、残念ながらまだまだです。
我々の前の山は、そんなに軽くはありません。
山が動くのは、福島と沖縄で地殻変動が起こってからでしょう。
今は暴走列車にブレーキがかかった束の間をしばし楽しんでから、またお仕事です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/83-6225fc96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)