神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



固い信念もなく、狂った宰相に付和雷同する者達へ
あなたたちが担ぐ宰相の安倍晋三は「唯我独尊的な視覚・聴覚障害者」なので、何も見えていないし、聞こえてもいない。
まして、「集団的自衛権」を獲得した今、我々とは別世界の夢の中に棲んでいる。
周りの人間にも安倍晋三と同じくらい戦争好きな人もいるだろうが、全てが安倍晋三と同じように夢の世界に浸っているわけでは無かろう。平和ぼけした頭で軽く考えて、引きずられて賛成してしまった人達が多いのではなかろうか。
その人たちは、少しぐらいは他人の話も耳に入るだろう。
だから、あえて言わしてもらおう。

あなたたちが軍事同盟を強く結ぼうとしているアメリカという国は、日本のようなヤワな国ではない。
日本の憲法に少しでも風穴が空いたら、そこへ無理難題をねじ込んで広げてくる。
軍事用の財布を少しでも開けたなら、手を突っ込まれて中身を根こそぎ持って行かれる。
あなたたちがゆっくりと構えていても、間髪を入れずアメリカから様々な法整備を求められて、あれよあれよと言う間に、一瞬で戦場に連れて行かれる。
そして戦場では、日本人の命はアメリカ人の命の下だ。( アメリカ白人>移民アメリカ人>日本人 )

今から、あなたたちのあたふたと後悔する姿が浮かぶ。
「こんなはずではなかった!まさかこうなるとは、あの時想像できなかった。」
「こんな事になると分かってたら、あの時賛成しなかったのに。」
「自分がこんなに責められるのは、無茶苦茶に強行した安倍晋三のせいだ。」
それでも、いくら後悔しても後の祭り、軍事国家日本は着実に前に進んでいく。
そして、あなたたちは日本の歴史の中で、愚かな付和雷同国会議員として永遠に名前を残すだろう。

そこで提案だ。
「集団的自衛権」発動の前に、戦争とはどんなものかを体験するため、試験派兵に行きなさい。
今すぐ緊急部隊を編成し、しばらく自衛隊で訓練を受け、アフガニスタンでもイラクでも行き、アメリカが「正義のためと」言いながら戦闘している前線を、命がけで体験するべきだ。
日本の平和主義を根底から崩す壊憲を、あんな閣僚の会議だけで決めてしまう等とんでもない。
せめて、冷房の効いた会議場で決めた憲法解釈が、実際どういうものかを現場で実感するべきだ。

その部隊編成はこうしよう。

第一部隊:自民党2世部隊
自民党が憲法違反までして戦争がしたいなら、まず自分の家族から優先的に行かせてあげよう。
阿部・岸一族からは、必ず1人は参加させ、指揮を執らせること。もし阿部晋三や石破茂本人が行きたいと言うなら、総司令官として大歓迎だ。また、アメリカに育てられた小泉進次郎も通訳(大丈夫?)として参加させるのもいい。

第二部隊:創価学会部隊
信念を持って「集団的自衛権」に賛成したのだから、お国のために信じる宗教のためにも、身を投げ出す覚悟があるのだろう。選挙活動が信心の証なら、集団自衛活動はより崇高なものだ。自己犠牲の気高い心で参加してもらおう。そして、必ず池田家の一族から1人参加してもらい、指揮をお任せしたい。

この2つの部隊に先遣隊として行ってもらおう。
先遣隊をこの部隊編成にしたのは、「憲法破壊責任」という問題以外に「金」の問題がある。
安倍晋三は算数の思考能力がないので分かっていないが、戦争には莫大な金がかかる。
金が足りないからと消費税を上げておきながら、何故か軍事費という莫大な浪費を増やそうとしている。
とにかく、安倍晋三のやることは矛盾だらけで、全く訳が分からない。

つまり、この2つの部隊を選んだもう1つの理由は、バックが大金持ちだということだ。
この2つの団体なら有り余るほどのアブク銭を持っているので、派兵費用から、戦場での死傷に対する補償から、全て自分たちで賄えることが出来る。責任といい、金持ち度といい、ぴったりの部隊編成だと思う。

「集団的自衛権」による派兵は、その試験派兵の後の話だ。
アメリカが催促してきても、待たせておけ。あなたたちは、日本はアメリカの属国ではない独立国だと、いつも言っているのだろ。だったら、それくらい出来るだろう。
憲法を壊そうとする者達は、まず自分たちが犠牲になれ。
そんな覚悟が無くて、憲法を汚い手でいじくるな。バカモノ!

あなた達の憲法破壊に対するわたし達の怒りは、永遠に消えない。
必ず、わたし達の知恵を結集して政権交代をし、この無茶苦茶な憲法解釈を葬ってやる。

DSC04818.jpg
         (大阪弁でも京都弁でも、憲法前文が書いてある)

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/79-a44f1608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)