神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ややこしい奴やなあ
PC遠隔操作事件がやっと落ち着いたようだ。
佐藤弁護士を初めとする弁護団のみなさんや、ビデオニュースの神保さんや、江川紹子さんや関係者のみなさん、お疲れ様でした。まだ別の形で続くようですが、これからもご苦労様です。
片山被告の自白後のそれぞれ皆さんの発信を確認して、検察やマスコミを全く信用しない私でも、やっと97%は片山被告が真犯人だと思えるようになった。あとの3%は、世の中いったい何があるか分からんという、いつもの保留分だ。

それにしても、ややこしい奴やなあ。
人格の障害らしいので、実際はかわいそうな人なのかもしれないが、世の中には心や頭に障害を持っているが故に犯してしまった犯罪は、山ほどある。被害を受けた人がいる限り、簡単に同情するわけにはいかない。それに、警察・検察・マスコミの理不尽な扱いから、被疑者を守ろうと努力したたくさんの人々を、このややこしい人は結果的に裏切った事になる。

なにより、強引な方法で被疑者を有罪にしようとした警察と検察、それに癒着して協力したマスコミを、結果オーライで救ったことになった。彼らはこれっぽっちも反省などしないであろう。まるで、オセロゲームのように、1つずつ白くしていったオセロを、一瞬にして全部黒に変えられた感がある。
それに引き替え、弁護団は潔い。仕事とは言え、ややこしい奴やからと見放すことなく、これからも別の角度から片山被告を支えると言っている。

そう言えば、理不尽に対抗して反対の運動をしたり、曲がった事に異論を唱えてたり、何かまっすぐな行動をしようとすると、いつもややこしい人が紛れ込んでくることが多い。正しい方向へ向かって一緒に歩き出したはずなのに、いつの間にか方向を変えられたり、反発して分裂させられたり、なんやかやとややこしいことが起きるようだ。

金欲や地位欲や名誉欲で動いている、1%民族は楽だ。
自分に金をもたらす人間か、利用できる人間か、邪魔にならない人間か、そんな基準で不要なものは切り捨てればいいだけの事だ。

私たち99%民族は、ややこしい人を切り捨てることなく、ややこしい問題も包み込んで、それを乗り越えて進むしかないのだろう。1歩後退しても、また2歩前進すればいい。
片山被告の自白後から、心の中がわさわさした感じだったが、やっとそう思い直している。

(外では立葵がこんなにきれいにさいている)
025.jpg


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/68-efbfd69d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)