神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



あたりまえの仕事でありながら、私たちを勇気づけてくれた3つの出来事
お百姓さんが、安心して食べられるおいしい米や麦を育ててくれているように、
豆腐屋さんが、朝早くから身体にやさしく栄養のある豆腐を手作りしてくれているように、
大工さんが、手間がかかっても丈夫で安全な家を建ててくれているように、
町の工場で、単価は安いけど丈夫で壊れない部品を生産してくれているように、
電車の運転手さんが、乗客の安全と時間を守りながら毎日電車を走らせてくれているように、

世の中には、自分の生業に一所懸命で、誠実に仕事をする人がたくさんいる。
仕事を他人のために自分のために、きちんとやるのはあたりまえだけど、それはありがたい。
そして、今の世の中ではそれはすばらしいことだ。
3つの場所で、ちゃんと仕事をしてくれた人達がいた。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まず、福井地裁の裁判官が、誠実な判決を出してくれた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/syosai/50559.html

【主文】

大飯原発3、4号機を運転してはならない。

【福島原発事故】

原子力委員会委員長は福島第1原発から250キロ圏内に居住する住民に避難を勧告する可能性
を検討し、チェルノブイリ事故でも同様の規模に及んだ。250キロは緊急時に想定された数字
だが過大と判断できない。

【求められる安全性】

原発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核
部分よりも劣位に置かれるべきだ。自然災害や戦争以外で、この根源的な権利が極めて広範に奪わ
れる事態を招く可能性があるのは原発事故以外に想定しにくい。具体的危険性が万が一でもあれ
差し止めが認められるのは当然だ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

沖縄県教育委員会もありがたい決定をしてくれた。
これで、八重山地区では、問題の多い育鵬社の教科書を押しつけられずにすむかもしれない。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-225750-storytopic-7.html

八重山教科書問題で竹富の単独採択決定

八重山教科書採択地区内で使用する公民教科書を統一できていない八重山教科書問題に関し、県教
育委員会(宮城奈々委員長)は21日の定例会で、東京書籍版を独自に採択・使用している竹富町
教育委員会を八重山採択地区から分離し、単独採択地区とすることを決定した。竹富町教委が単独
採択地区となることで、国が指摘する「違法状態」は解消する見通し。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ジャーナリズム魂が無くなっていた朝日新聞で、ちゃんと仕事をしている人達がいた。
阿倍さんが怒っているらしいので、会社の立場での無事を祈る。

http://www.asahi.com/articles/ASG5L51KCG5LUEHF003.html

福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明

東京電力福島第一原発所長で事故対応の責任者だった吉田昌郎(まさお)氏(2013年死去)が、
政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」(吉田調書)を朝日新聞は入手した。
それによると、東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約
650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。その後、放射
線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった可能性がある。東電はこの命令違反による現場
離脱を3年以上伏せてきた。

遅ればせながら、この人達に感謝をし、エールを贈る。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

あたりまえに育ち、あたりまえに実った麦は美しい。 (兵庫県加古郡稲美町)
麦畑

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/67-0e5544b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)