神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



だめな大人ほど、こどもの教育に首をつっこむ
朝食時NHKのテレビ番組で教育問題の政治討論会が始まった。
ここ何年もNHKの政治討論会など見る価値なしと思って見ていなかった。
ここのところ、なんだか自民党、特に阿部さんは教育に強く関心があるらしい。
たまには見てみようかとも思ったのだが、隣の妻がほかの番組を見たいと言って変えてしまった。
NHKには金も払っていないのだし、しょうがないなとあっさりとあきらめて「題名のない音楽会」を見た。
きっと変えて正解だったのだろう。そのまま見ていたら、腹が立ってうるさくぼやき出すのが関の山だ。

それにつけても、阿部さんはどうしてそんなに教育にも前のめりに干渉するのだろうか。
どんなに金持ちであっても、おじいさんやお父さんがどんなにお勉強ができても、こんな人間になってしまったという典型的な教育の失敗例である阿部晋三さんが、上から目線で教育改革を唱えるなど、最悪のブラックジョークである。

そういえば、私の塾の経験からも言えることがある。
親がうるさく言わない子の方がしっかり自立していて、親が過干渉な子はもし成績がよくても態度に心配なことが多い。
こどもに話を聞く気がないときは、何を言っても通じないと言うことに気づいてない親が多いようだ。
こどもが親を信頼していれば、あまり多くを語らなくても通じやすい。
親がしっかり生活していれば、こどもには自然に親の思いが伝わっていく。
そう感じている。

国がこどもたちにいい教育を提供したいなら、こどもたちに優しくすればいい。
貧しいこどもたちでも学べる、十分なお金をだすだけでいい。
学びやすい環境をつくってあげるだけでいい。教師に自由と余裕を与えてあげるだけでいい。
口を出さずに金を出す。これに徹することだ。

今、沖縄の八重山地区では中学校の公民の教科書採択で揺れているが、八重山地区のように自治体や国が、教育に過干渉をしてはいけない。
問題が多くて教師が推薦しない「育鵬社」の公民の教科書を、無理矢理採択させるなど絶対やってはいけない。
自分の選んだ教科書をねじ込む採択協議会会長(石垣島の教育長)は、教育者として最も失格だ。
八重山地区の世論調査でも、6割の住民が「育鵬社」の教科書採択に反対しているのだから、採択協議会会長はワガママを通さず、教師と住民の声に従うべきだ。
幸い、八重山地区の3地域のうち竹富町教育委員会が育鵬社版を拒否し、最も信頼のある東京書籍版を採択している。
すぐさま上部組織から圧力がかかっているが、がんばってほしい。そして応援していきたい。

なぜ、日本の南端の沖縄県の、そのまた南の八重山諸島のこども達がこんな問題でかき回されるのか。
ごり押しする大人達の愚かさと罪は深い。教育なんぞに携わることのできない、恥ずかしい人間たちだ。
汚れたてでこども達にふれるな。






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/60-bebbfeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)