神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議選、勝って得るものより<負けて失うもの
今度の都議選は、絶対に細川陣営に勝ってもらわなければならない。
勝って得るものに比べても、負けて失うものが余りにも大きいからだ。
「脱原発」を旗印に掲げ戦って、もし負けてしまったら、
原発推進派は遠慮することなく、原発の再稼働に踏み出すだろう。

正直、東京都民の生活は我々には関係ない。誰が知事になろうが、どうでもいい話だ。
これまで、アオシマ、イシハラ、イノセという有名なだけの知事を圧倒的支持で選び、
東京スカイツリーを立て、オリンピックを招き、政治も経済もマスコミも1極に集中させ、
電気は遠く東北から調達しながら、1人だけ栄華を極める東京なんてどうなってもいい。

だけど、「脱原発」を掲げて闘うんなら、負けてもらっては困る。
原発推進に歯止めが効かなくなったとき、被害を被るのは東京ではなく地方だ。
宇都宮陣営のような「今回は勝てないだろうけど、またこれからも頑張りますのでよろしく。」なんて、
自己中心的で悠長なことを言ってる場合ではない。いい加減にしてくれ。
「反原発」は、掲げたならば絶対に勝ち取らねばならない、緊急で最大の課題だ。

細川陣営も同じだ。
負けてしまったら、2人のご老体の想いは陽炎のように消えてしまうだけ。
勝てなかったら、お互いの健闘を讃え合うシーンなど美談にもならない。
小泉氏なら裏も表もいろいろな方法を知っているだろう。
見栄も外見も気品も関係ない。どんな方法でもいいから勝ってくれ。
都政の政策など二の次で、勝つことのみが今回の命題だ。

余談ながら、姿が見えないけれど小沢さんはどうしてるのかな。
同世代のお二人が頑張っている中、このまま見過ごしているだけでは無いでしょうね。
何か有効な手立てを講じていると信じておりますよ。

何しろ、勝っても「脱原発」の入り口に踏み入れるだけ、
負ければ「脱原発」は木っ端みじんに粉砕されるという選挙戦。
勝っても得るものは少なく、負ければ根こそぎ持って行かれるという闘いで、
おまけに被害は東京以上に日本全国に広がるという大きな闘いだ。
地方の人間も、固唾をのんで東京を見つめている。

最後のどんでん返しの統一でも、知恵者による票の割り振りでも、なんでも結構。
相手はたかだか自民党内でも人気のない、あんなお方ではないですか。
なんとか必勝を期して、最後の最後まで勝つための戦略を練って、
なにとぞよろしく、勝利するようお願い申し上げます。

投票権のない、神戸の路地から

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/51-ead1a66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。