神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



えぇ、「特定秘密保護法案」は阿倍くんの遊び道具?
とうとう「特定秘密保護法案」が衆議院を通過した。
この特定秘密保護法案に関して、ものすごく危険やと思うと同時に、
何や訳が分からんなあという違和感を感じていた。

アメリカから情報もらうために必要やと説明してるけど、
アメリカからしたら、別に日本に新しい法律を作らせなくても十分管理できているはずや。
だって「沖縄返還秘密協定」なんか、アメリカが公開してるのに、日本が隠したままなんやし。
とっくにアメリカに見放されている安倍総理が、「アメリカとの関係でこの法案がいるんでちゅ。」
なんて言い繕うても、ちょっと説得力に欠けてる。

日本の役人についても、どうも腑に落ちん。
役人にとって秘密法案なんてものは大好物に違いないし、
特に公安警察なんて、喉から手が出るほど欲しいものやろとは思う。
そやけど、この法案のスカスカの内容と、拙速でドタバタした運び方は、
常に慎重に悪事を働くかしこい官僚にしては、なんかいつもと違う。

神保さん家のビデオニュースやいろんなところで教えてもうたところ、
どうやらこれは、阿倍くん独自の持ち込み企画であるらしい。
この法案に関して、そら過去にいろんな奴らが絡んでたやろけど、
今回は阿倍くんの尋常でない思い入れによってここまで来たらしい。
それも、この法案で何かをしたいという目的は特に無くて、
ただ、何かこんなでっかい法案を通してみたかったということらしい。(アホか!)
つまるところ、この法案は「アホぼんの危険な遊び道具」ということになる。

「こんな危険極まりない重大な法案が、アホな宰相の遊び道具やて?」
「そやかて、自民も公明もみんなも維新も、ええおっさん等が真面目な顔して賛成してたやないか。」
「ほくそ笑んでこの法案に協力している役人も、いっぱいおるやないか。」
確かにその通りで、これに悪のりしてくる輩がいっぱい湧いてきてるけど、
事の本質はアホな宰相の遊び道具やったということに、変わりはないと思う。

腹が立つあまり、ここから先は上品な表現はできんので、ずばり言うとく。
過去の自国の戦争犯罪など、中学生並みの歴史認識さえできない男、
安倍晋三は政治家として知的障害者である。
他人を不幸にしてでも、自分が欲しい物は我慢できない男、
安倍晋三は政治家として精神異常者である。
こんな人間は、絶対政治家になってはいけない。
まして日本国総理大臣やて、ふざけるにも程がある!

「特定秘密保護法案」そのものの危険性は、たくさんの人が指摘してくれている。
とにかく「特定秘密保護法案」を参議院で絶対通したらあかん。それが第一や。
その次に、絶対に早いとこ阿倍を引きずり降ろさんとあかん。
阿倍の危なさと愚かさは、ずいぶん世界中に知れ渡ってしもた。
「特定秘密保護法」を使っても、あのアホさと危なさを外国に隠すことはできん。
それこそ、阿倍くんのアホさは「外交上の秘密」として、直ちに座敷牢で保護するべきや。

ほんまの話、政治的に知的障害を持つ異常者が、何でもできる権限を持っているということは、
それを周りの少しは正常な人間さえも、止めない止められないということは、
これからも何をしでかすか分からん怖さがあるということや。
「特定秘密保護法」より怖いものでも、遊び道具に引っ張り出してくるかもしれん。
何しろ本人は何にも分かってないんやから。あぁ、恐ろし。

阿倍くんの危なさと同時に、薄ら寒いことがもう1つある。
それは、阿倍くんのようなとんでもない幼稚な男を宰相にしてしまう、今の世の中の有り様や。
何年も前に、日本をアメリカに売り渡す詐欺師=小泉純一郎にえらい目に遭わされたのに、
東北が震災と津波ででボロボロにされ、原発で国中が不安の中に落とされているのに、
あんな頼りないアホみたいな男を宰相に選ぶ人間達の気がしれん。
国民がアホやから、アホなリーダーしか選ばれへん、あきらめや。
そう言われれば返す言葉がないけど、なんとかしたい。せなあかん。
このままでは、大阪の独裁者=橋下くんに行きかけて、なんとか行かずに済んだ浮世の風が、
アメリカのパシリ=小泉進次郎に吹いて行ってしもたりするかも分からん。

想像するに、日本はもうちょっと苦労せなあかんらしい。
残念ながらまだまだ、改革はほど遠い。
国中の困難をできるだけみんなで分け分けして、負担を軽くし合い、
阿倍のようなアホなリーダーが出てきたら、その都度早いこと蹴飛ばして、
ゆっくりと国民が賢くなっていくしか方法がない。

How many loads must a man walk down ?

そんな事を考えながら、歌の1節しか浮かんでこない、平日の仕事前。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/36-47000a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)