神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



神戸市長選挙の哀れな投票率
私の居住地神戸市で、先日市長選が行われた。
結果は予想以上の僅差であるものの、総務省出身の元副市長がめでたく当選されました。
お決まりの自民・民主・公明3党の推薦で、まさに既得権の代表であらせられます。
このところ、毎回毎回前市長からの譲り受けで、こちらはもううんざりだ。
悪名高きこれまでの神戸市政を、少しも変えたくないのだろう。

それにつけても、驚くのは投票率の低さである。
投票率約37%、当選者の得票率約38%、
つまり、神戸市の有権者の内の、たった14%だけに選ばれた新市長である。
神戸新聞1面での、バンザイ姿の新市長が滑稽に見えてくる。
しかしよく考えてみると、このバンザイはそんなに単純な喜びではなく、
「市民の無関心を誘い低投票率にして、なんとかぎりぎり勝ち抜けることができた。」
そういう、してやったりのバンザイなのだろう。

悪政の必要十分条件は市民の無関心である。
私の居住区の新長田南地域の商店街では、住民不在の再開発のせいで、
店を開いていることもできない、閉じることもできない衰退地獄が広がる。
それでも、長田区の投票率は約35%。

神戸市全体でも、無理矢理開港した赤字空港の問題、
全く買い手が見つからない巨大な埋め立て地の問題。
さまざまな課題があっての、投票率約37%。

民主主義はもう壊れてしまっている。

少しはましな民主主義国家にしたいと思っている私達の抱える宿題は、
なんと数が多くて時間のかかることか。
それでも、生きている間に少しでも宿題に取りかからなくてはならないだろう。
ため息をつきながらそう思う、今日の昼過ぎである。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/27-dc7ebfb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)