FC2ブログ
神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



いやぁ~参った参った。安倍晋三さん、今回は私たちの完敗です。
いやぁ~参った、安倍晋三さんは凄いね。
あらためて安倍さんの胆力と眼力を見直しました。

安倍 2017 10 22

だって、「森友・加計犯罪隠し」解散が見え見えの状態で、
躊躇なく解散ができるなんて並の人間にはできませんよ。
まして、有権者がそんなことチットモ気にしないでドンドン自民党に投票する。
なんて事を自信を持って予測をするなど、並の政治家にはできませんよ。
日本の国民というのは自分の身の回りの狭い範囲の事しか関心がなく、
政治や経済なんて難しい事はあなた任せで無責任だと、
安倍晋三さんはしっかりと見抜いたかのようでした。

安倍晋三さんは天才的な政治家なのか、頭のオカシイ狂った政治家なのか、
はたまた悪魔に心を支配された政治家なのか、その理由は分かりませんが、
今回の選挙結果は安倍晋三さんの思惑通りの大勝利です。
殺人以外ならどんな犯罪が見つかろうが、大丈夫、大丈夫。
「何でも好きなことやって、ええで。」
揺るぎない信頼を国民から得ました。

これで堂々と「森友・加計犯罪」を無視できます。
昭恵奥様もこれまでの悪行を水に流し、日常の遊興に耽ることができます。
山口敬之氏も強姦事件に蓋をして自由放免です。
佐川国税局長官も晴れて記者会見ができます。
はたまた、安倍一族念願の憲法改悪まで十分に手が届きます。
アメリカと一緒に戦争だってできるかも知れません。
どんなに思い通りの日本にできるか、
安倍晋三さんは期待で胸をワクワクさせていることでしょう。

それでも安倍晋三さん、
今回は完敗ですが私たちはあきらめてはいません。
いつかあなたに「戦後最悪の総理大臣」という称号を授けるため、
これからも努力をすることをお誓いし、お祝いの言葉に代えさせていただきます。

さあ、そこで敗れてしまった私たちですが。
予測してたこととは言え、残念です。とても残念です。
今回の衆院選の敗北で1歩も2歩も後退させられました。
日本の破壊が一層進んでいきます。
歯を食いしばって耐えながら、押し返さなければなりません。
次の選挙まで抵抗と不服従の年月の始まりです。
心しておかねばならないことは、
敗因探し犯人捜しで私たちが対立しないことです。
安倍政権の悪政に抵抗するには、もう1度団結する必要があります。

それでも、私たちは安倍晋三さんのお陰で(せいで)、
今回もたくさんの経験と学習をさせていただきました。
次の選挙に備えて、現状の分析と反省が必要です。
落ち着いて少し時間をかけて、野党共闘を再構築する必要があります。
たくさんの方のいろいろな分析と提言を待ちたいと思います。

とりあえず今、敗因として感じていること。
自民公明の結束の固さに比べて、野党共闘の基盤がもろかったこと。
小池百合子氏1人に振り回され、ボロボロになるほどウロタエタこと。
「希望」憎し「立憲民主」歓迎の感情で、内ゲバをしてしまったこと。
市民組織と政党の交流が浅かったこと。
嫌いな政治家や嫌いな党にも票を入れる勇気を持てなかったこと。
国民の生活を豊かにする具体的な提案ができていなかったこと。
それで、野党共闘に多くの国民を巻き込めなかったこと。

これからの展開で懸念すること。
現時点では立憲民主党が野党共闘の中心になりそうです。
しかし、枝野氏が野党共闘のリーダーになって政権交代を目指すとは思えません。
元民進党の議員が目指しているのは、常に野党第1党です。
勿論、枝野氏がこれからどう自己変革を遂げるかは分かりませんが、
過度に立憲民主党のみに期待するのは避けた方がいいと思っています。

ではどうすればいいか。
今あるもので無理に間に合わせるだけでなく、幅広い世代や社会の層がまとまるために、
新しい組み合わせや新たなリーダーも必要になってきます。
活動しながら常に考えていれば、答えはきっと出て来ます。
衰えたりと言えども、まだ日本は破滅していません。
選挙はこれからもまだまだ続きます。
次へ行きましょう、次へ、



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/208-dc7dc9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)