神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王アッキーと魔法のランプ
アラビアの「千夜一夜物語」の中に、「アラジンと魔法のランプ」というお話があります。

アラジン

アラジンが魔法のランプをなでると、中から”ランプの魔神”が現れて願いを叶えてくれます。
アラジンは”ランプの魔神”のお陰で大金持ちとなって皇帝の娘と結婚することになり、
魔法使いとの戦いなどの様々な冒険を経て、人民に慕われる皇帝となります。
めでたしめでたしのお話です。

現代の日本にも”魔法のランプ”がありました。
しかし、こちらの話しは、めでたしめでたしとはいきませんでした。
”魔法のランプ”のありかは、日本国総理官邸。

総理官邸

”魔法のランプ”を使ったのは、総理官邸の女王・アッキーです。

安倍昭恵 1

女王・アッキーは”魔法のランプ”をなでながら、こう言いました。
「私、ファーストレディーになったの。何か私を満足させる相応しい仕事をさせて。」
”ランプの魔神”はご主人様の願いを叶えるため、
5人の召使いをお役所から連れてきて侍らせました。
「ご主人様、何かお望みがありましたら、この者達にお申し付け下さい。」
”ランプの魔神”は、そう言って消えていきました。

ここからが、女王アッキーの冒険の始まりです。
「どこかに私を必要としている人がいないかしら?」
アッキーは空飛ぶ絨毯に乗って全国を飛び回りました。
います、います。
何でも望みの叶う”魔法のランプ”を持っているアッキーは、全国で引っ張りだこです。
召使いにたくさんの命令をして、たくさんの役人を連れてきてもらい、
たくさんの要望に応えたと想像できます。
”教育勅語”仲間の「森友ファミリー」や、夫のゴルフ仲間である「加計グループ」は、
恐らくほんの一例にしか過ぎないのではないか、そう思われます。
全体像が見えるのは、まだまだこれからです。

森友学園疑惑の追求で、多方面の問題点が浮かび上がりました。
政治家の不正な関与、役所の不正処理、大阪府のいびつな対応、
そして、日本会議などの不可思議な森友学園へのバックアップ体制。
それぞれを、時間をかけて1つずつ明らかにする必要があります。

その1つとして、女王アッキーの動きを止める必要もあります。
早急に証人喚問に引きずり出すべきです。
安倍昭恵氏を利用しようとする人達にとっては、彼女は女神です。
しかし、その事で振り回される関係者や、被害を被る市民達にとっては、魔女です。
安倍昭恵氏はどんな役割を果たしたのか、追求しなければなりません。

また、籠池理事長の潔さに比べて、安倍昭恵氏はみっともない。
生来の無責任な無邪気さからいけば、
「100万円は上げたし、相談にも乗ってあげたけど、何が悪いの?」
そう言ってアッケラカンとしていれば、アッキー・ファンも納得したでしょう。
でも、今回は「記憶にない。」といって逃げ回りました。
何が家庭内野党だ。亭主の卑怯な逃げ方とソックリではないか。
アッキー・ファンも結構目が覚めたのではないでしょうか。

多分彼女は、自分が忌み嫌われることなど想像できないのでしょう。
「お前はみんなにとって迷惑だから、動くな、じっとしていろ。」
その国民の怒りの気持ちを、この際しっかりと伝えるべきです。
おそらく、安倍昭恵氏が罪に問われることはないでしょう。
職務権限は立証されにくいし、賄賂を受けているという事もないでしょう。

私たちにできることは、
安倍昭恵氏が自由に動けない空気づくりをすることと、
”魔法のランプ”つまり、首相夫人という地位から引きずり降ろす事です。

安倍政権、自公維政権打倒!

親や社会から甘やかされすぎた2人が夫婦になり、
そんな夫婦を王様と女王様にしてしまったことを、
私たちは心から反省し、2度とこの過ちを繰り返さないという誓いを、
深く心に刻みます。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/191-d0d96f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。