神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



「日本会議」の策動は、先の戦争で亡くなった人々の逆鱗に触れた
一強他弱で盤石の安倍独裁政権は、やりたい放題です。
国会・内閣・裁判所の三権分立など何のその。
日銀の独立権など完全無視。
全ては人事権を使って、安倍・菅コンビの官邸の掌の中です。
まして、野党や国民の声など、うるさい雑音としか思っていません。

そこに、この事件が起きてきました。
これはまた、私たちに別の日本の歪んだ姿を見せつけてくれました。

木村 真 豊中市議の地道な努力によって掘り出された、この疑獄事件は、
菅野 完 氏の超(変)人的な活動によって、全体像が整理されつつあります。
この「森友学園疑惑」は、
偏狭な右翼の宗教団体である【日本会議グループ】が、

森友 講演会1

籠池理事長の「森友学園」を舞台にして、
【安倍晋三・昭恵コンビ】や【大阪の維新】や【稲田ファミリー】など、
【教育再生機構】の人脈の皆さんが、仲良くお手々をつないで、

教育再生機構1

夢に見た「教育勅語」を基本にした学校をつくる。
こども達を洗脳して国家のために生きる人間を育てる。
そしていずれ、天皇中心の栄光ある大日本帝国を再興する。
そんな一大構想だったということです。
そこに読売グループも応援団として加わっていました。

これで謎が解けました。
なぜ、安倍晋三氏のような無能な人間が、総理大臣になれたのか。
なぜ、こんなに長く総理大臣でいられるのか。
なぜ、稲田朋美氏のような貧弱な人間が、安倍後継者と言われるのか。
なぜ、維新が安倍晋三氏といつも裏で手を握っていたのか。

【安倍晋三・昭恵夫婦】と自民党の金魚の糞達、
【大阪の維新】とチンピラな配下の議員達、
【稲田ファミリー】と教育再生せずに破壊する人達、
【日本会議グループ】という「神道」を利用するカルト宗教家達。
全ては、日本に寄生する偏狭な右翼マフィアだったのです。

しかし、なぜ急に、ここの来て彼らの企みが露わに曝されたのでしょうか。
盤石の安倍独裁体制を、これほど揺るがすことになったのでしょうか。
勿論、木村 真 豊中市議や菅野 完 氏の努力のたまものです。
それでも、それとは別の特別な力が働いていたのではないかと、
私はそう思えて仕方ありません。
偏狭な右翼の策動が、先の戦争で亡くなった人々の逆鱗に触れたのではないか。
「いい加減にしろ、お前達!もう許さん!」
あちらの世界から、大きな怒りの声が発せられたのではないか。
私はどうしても、そう思えて仕方ありません。

天皇の命令で、外国まで人を殺しに行かされた若者たち、
その結果、若くして無念の思いで戦場で殺された若者たち、
家族と故郷への恋慕の想いを残したまま外国の地で息絶えた人達、
突然の攻撃や被災で訳も分からず命を失った人達。
この人達は、
「天皇のために戦って死ね。そうすれば神として祀ってやる。」
「戦争遂行のためには、すべてを我慢しろ。」
そのような言葉には、もうだまされません。
「国のために死ぬのではなく、愛する人のため、自分のために生きよ。」
そうあちらの世界から呼びかけているように思えます。

いつの世も、思想や言論の自由はあります。
排他的で偏狭な右翼思想を持つ人も存在自体は許されます。
徒党を組むのもある程度は見逃してくれるでしょう。
しかし、彼らは明らかにやり過ぎました。

今回のように、排他的で偏狭な右翼思想を持つ人が大きな勢力を持ち、
その代表者を国のトップに立たたせて独裁を行い、
日本国民の知恵であり誇りである憲法をないがしろにしたり、
法律を破ることは断じて許されません。

本当は現世に生きる私たちが、
安倍政権のやりたい放題をとっくに止めていなければならなかったのです。
私たちがもっとしっかりしていれば、
あちらの世界の人々を怒らせることはなかったのです。
この怒りの声は、偏狭な右翼マフィアにだけではなく、私たちにも向けられたものです。
「お前達は何をしているのだ。何をムダに長生きしているのだ!」

私たちはこの機会を逃さず、しっかりと戦わなければいけないと思っています。
私たちは、未だに先の大戦を自ら反省せず、戦前回帰を望む輩を野放しにしてきました。
この際、私たちは日本のあるべき姿をしっかりと定めて、
偏狭な右翼マフィアの跋扈を許さない国にしなければなりません。
単に今の安倍政権の倒せばいいというだけでなく、
安倍晋三氏のような人間が二度と首相になれない、政治家にすらなれない
そんなマトモな国にしたいと思います。

とにかく、まずは安倍首相を引きずり降ろせ!


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/190-3b519740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)