神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安倍晋三記念小学校」問題は、日本の腐敗の見本市
なんか今は、日本の内外で問題が起こりまくっています。
ニュースネタ満載で、皆さんおしゃべりの話題に事欠きません。

金正男さんらしき男暗殺事件の真相を探る、素人推理大会。
小池百合姐さんといっしょに、みんなで石原慎太郎をやっつけよう祭り。
清水富美加を巡って、芸能プロと幸福の科学のどっちがブラックか競争。
そして、その騒ぎの中でひっそりと隠れて潜んでいる悪魔の「共謀罪」。
沖縄の辺野古や高江で起きている理不尽も隠されたままです。

どれもみんな重要な問題です。
それでも、何を置いても今すぐに追求しないといけないのは、やはりこの問題です。
「安倍晋三記念小学校」にまつわる重大疑獄事件です。
この事件は、日本の劣化や腐敗が様々な形で表れた、醜悪な見本市のようなものです。

瑞穂の国小学校

(その1)あの首相夫婦に好き放題されると、国の根元がボロボロになってしまいまっせ問題。

安倍晋三・昭恵夫妻は、法律は守らなければならないという事を理解できていません。
また、権力者は地位を濫用してはならないという事も分かっていません。
順法精神と指導力のない党首は、与党・自民党の全ての党員を腐敗させます。
今回自民党は、安倍首相夫婦の不始末を守るため、「法治国家」を取り止めて、
権力者が好き放題できる「放置国家」へと国の形を変えていきました。
 まさに、順法精神と節度のない内閣総理大臣は、国をも滅ぼしてしまいます。

(その2)「維新」などという偽の改革政党は、結局自民党の弟分やないか問題。

口先だけで改革を唱える「維新」が旧態依然とした利権政党だと、この度判明しました。
この事件は、「安倍一族+維新」の仲良し兄弟が協力して築き上げた事件です。
いつもtwitterでうるさくわめいている橋下さん、この度はおとなしいですね。
 橋下・松井コンビへの責任追求は、これから始まるのでお待ち下さい。
 悪徳政党は1つでも大変なのに、2つも要りません。
 この際、大阪の恥「維新」は即刻破壊・消滅させるべし。

(その3)日本のカルト宗教は、人を救うどころか人を喰いもんにしてるやないか問題。
 
「日本会議」は本当に日本古来の「神道」なのか。
いや「日本会議」は宗教の仮面をかぶった、金と権力が好きなカルト集団です。
神社本庁にマトモな人間がいれば、真の神の道へ「神道」を戻して下され。
勢力拡大のためには、外国人差別も戦争賛美も何でもありにしていると、
心卑しき輩に全ての組織を乗っ取られ、国を滅ぼしてしまいますよ。

ところで、日本最大の新興宗教集団の事ですが、
公明党がこういった疑獄事件に関してダンマリを決め込むのはいつものことです。
 自民党のブレーキ役などとは片腹痛い。本質は自民党のエンジンそのもの。
安倍自民党をつけあがらせたのは、紛れもなく創価学会・公明党であります。
公明党は公明正大な党だというのなら、この際連立政権から離れてやりなさい。
そして「創価学会」は「日本会議」に対して「宗教は政治に口を出すな!」と、
一発かましてやりましょう。(ブーメランが怖くなければの話ですが・・)

(その4)なんや、マスコミって根性無しばっかりやんか問題

「安倍晋三記念小学校」事件が発覚してから、数日経ちました。
 マスコミが、もう2度と娑婆に戻れない地獄に墜ちるのか、
 それとも、かろうじて蜘蛛の糸を掴んでぶら下がるのか、
興味を持って見ていました。

これはマスコミにとって、最後の権力に対する抵抗の機会だと感じたからです。
 この安倍独裁政権と戦うのは、マスコミにとって命がけです。
 戦うなら全社を挙げて戦わねばなりません。
 1つの番組やら、1.2回の記事でお茶を濁すだけでは完全な敗北です。
 どうやらこれまでと同じように、ほんの1部のメディアしか覚悟できなかったようです。
 未だに様子見をしているなど、大手マスコミは腰抜けばかりです。
 やっぱり、自分たちで滅びの道を選んでしまいました。
 マスコミの立ち直りを期待するという段階はすでに過ぎました。
 今は明らかにマスコミは国民の敵であり、安倍政権と共に私たちが倒す相手です。

(その5)1番アカン人間が教育者って、どないなってんねん問題。

 「安倍晋三記念小学校」の森友学園理事長は、トンデモナイ人間です。
 教育者という言葉から最も遠く離れた人格の方です。
 そんな人間が、金もないのに学校をつくろうとし、全ての役所が様々な便宜を図り、
 挙げ句の果てに首相夫人が名誉校長になる。
 こども達を戦前教育でもてあそびながら、しっかりと金儲けをしていく学校。
 彼らはその学校で、どんな教育をし、どんな人間を育てたいのでしょうか。
考えただけでも恐ろしい。絶対につぶさなければ。

今回私たちは「安倍晋三記念小学校」事件のお陰で、
政治の腐敗、新興宗教の腐敗、マスコミの腐敗、教育の腐敗、
様々な腐敗を見せつけられました。
「魚は頭から腐る。」と言います。
腐った総理大臣を頭に頂くと、国の全てが腐っていきます。
腐った総理大臣夫婦を取り除くところから、日本の消毒が始まります。

ニセモノ野党に欺されず、
嘘と隠し事のマスコミに騙されず、
市民と野党連合が一緒になって、
自分たちで日本に蔓延する腐臭を取り除き、
こども達を守らなくてはいけません。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/187-c8bc9149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。