神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



1億2700万人の国民を背負って、日本の首相が何故そこまでヘイコラするのか
2月9日、日本国の総理大臣である安倍晋三氏は夫人を伴い、
そそくさとアメリカの新大統領に挨拶に行きました。
2月10日、無事にトランプ大統領への謁見がかなえられました。

トランプと安倍3

日本の人口はおよそ1億2700万人です。
日本の大半の人は、真面目にその日の暮らしを営んでおります。
その日本国民を代表して、日本国民の意思を伝えるため、日本国民の税金で、
安倍首相はトランプ大統領に会いに行きました。
それでも、大統領就任前から安倍首相のトランプ氏に対するヘイコラぶりは、
トランプ氏に対する各国の首脳の態度と比べ、際立っています。

トランプと安倍2

なぜ一国の代表者が、そこまでへりくだらなければならないのか。
私は右翼的な考えとは全く反対の立場の人間ですが、
こんな状況を見るとふつふつと愛国心が沸き上がってきます。
日本国民にこれ以上恥をかかすな。
日本国民の誇りをこれ以上踏みつぶすな。

思うに、
安倍晋三氏は日本国民を代表しているなど、考えていないのではないか。
自分は1億2700万人を背負っているなど、気がついてないのではないか。

ただ単に、国内の政治課題に取り組むなんて興味もないし煩わしいし、
旅行好きで出しゃばりの昭恵夫人と共に、外交遊びに出かけているのでしょう。
その上、改憲を実現するためにはできるだけ長く首相でいる必要がある。
ここは何としてでもトランプ閣下に気に入ってもらわなければならない。
そして、日米の信頼関係は盤石であると国民に見せつけなければならない。
自分にとって日米関係構築が、唯一の取り組むべき課題であり全てである。
そう思って、あくまで自分自身のためだけに訪米しているのでしょう。
私たちはもっともっと深く、
こんな安倍晋三氏を首相に選んだ事を、後悔し反省をしなければなりません。

そしてどうしても、
願わくばもしこれが、田中角栄首相であったならば、
願わくばもしこれが、小沢一郎首相になっていれば、
もっと日本国民としての誇りを持って、トランプ氏に対峙してくれるはずだ。
つくづく、そう思ってしまいます。

さりとて、愚痴や夢想だけでは時代は前へ進みません。
一つだけ安倍晋三氏の功績があります。
それは、日本はアメリカの属国であるという現実が、
あからさまに見えるようになってきたという事です。
これまでの日本の統治者は、恥ずかしくてこの事実を隠そうとしてきました。
しかし、幸か不幸か、安倍晋三氏は恥という言葉を知りません。
平気で属国日本の姿を見せつけてくれています。

日本の「自主独立」が国民のスローガンになりやすい状況です。
まずは、野党共闘を成し遂げる!
そして、安倍政権を倒す!
その先で必ず、日本の「自主独立」を勝ち取る!
決意する、今日この頃です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/185-79e0ac96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)