神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



選挙カーの中から見る風景
6月22日の公示日から、大阪・兵庫・京都など関西を走り回る1台の車があります。
小沢一郎代表の大きな顔と、「生活が第一」の黄色い看板を掲げて走る、
関西でただ1台の「生活の党」選挙カーです。
関西には選挙区候補はいません。
比例候補にも関西人の名前はありません。
それでも、「生活第一号」は関西の地を走り回ります。

2016 6 尼崎1

「生活の党」の小沢一郎代表は、野党共闘・オリーブの木構想に力を尽くしましたが、
結果として比例は1党単独で闘わなくてはなりませんでした。
小沢一郎氏はやはり、自分達の事より野党全体、国民全体の事を考える政治家です。
安倍晋三氏と真逆の、これこそ本物の政治家です。
しかし、「生活の党」単独選挙の事を考えると、とても苦しい闘いです。

大阪にも、自分の選挙でもないのに必死で動き回る元衆議院議員がいます。
我らがなべさん、「生活フォーラム関西」の代表渡辺義彦氏です。
衆参同日選挙はなくなったし、本来ならそんなに忙しく動き回る必要が無いのに、
関西で「生活の党」の根をしっかり植え付けるために頑張っています。
そして、自分の党の為だけでなく野党共闘の為にも日々奮闘しています。

私たちは「生活の党」を関西で勝手に応援し、
選挙活動に勝手に参加するボランティアグループです。
その一環として、関西の3人の前元衆議院議員を団長に3つのグループに分け、
持ち回りで「生活第一号」に乗って関西一円を走り回ります。
私も時間を見つけては、少しばかり運転席に座ります。
後部座席では、渡辺さんがメッセージのON・OFFや音量を調節したり、
多くの人が集まるスポットでは下りて即興演説をしたりと、毎日お疲れ様です。

2016 6 十三3

選挙カーの中から見る日本の関西の風景は、候補者が乗っていないせいもありますが、
選挙期間中という緊張感もなく、いつものようにのんびりしたものです。
「日々の暮らしを考えるのが精一杯。自分のことしか考えられない。」
「政治なんて関係ないし興味もない。選挙なんて誰に入れても何も変わらない。」
私たちが差し出すチラシを、受け取らずに過ぎ去る人たちは、
無表情の中にそんな言葉をため込んでいるかのようです。

この「鈍感さ」と「あきらめ」でドンヨリと雲が垂れ下がった街中を、
それでも「生活第一号」は私たちを乗せて走り回ります。
「政治は自分に関係ないと思っても、政治はイヤでも私たちを巻き込みますよ。」
「あなたが棄権をすると、安倍自民党の憲法破壊を支持したことになりますよ。」
「日本をこれ以上壊さないために、選挙区は野党共闘の候補を選びましょう。」
「国民の生命と生活を第一に考えるなら、比例は【生活の党】を選びましょう。」

自分の党のことより野党共闘に全力を傾ける、小沢一郎代表。
代表の意を汲んで、自分の選挙でもないのに全力で動き回る浪人中の元衆議院議員。
その元議員をリスペクトしながら、手弁当で駆けつけるボランティア達。
こんな誠実で穏健な保守政党が日本の政治の中心に鎮座したときにこそ、
日本は初めて自立と共生を実現できる、民主主義国になれるのではないか、
私はそう思っています。

選挙カーの中から見える政治に無関心そうな人たちや、
街に漂うドンヨリとした空気を放っておくわけにはいきません。
その人達が入れた一票や入れなかった一票が、その人達自身や私たちに関わってきます。
私たちが動き回ることによって、少しでも街に空気を動かす風を送ります。
そして、他人のためではなく自分のためにも、あきらめることなく彼らに訴えかけます。

日本の現役政治家の中で実力・実績NO1は、間違いなく小沢一郎氏です。
その小沢さんはこの「生活の党」にいるのですよ。
若手政治家NO1の山本太郎氏も、この「生活の党」にいるのですよ。
「生活の党」をこれから政治の中心に据えましょう。
まず、比例選挙で「生活の党」の議席を確保させましょう。

比例は「生活の党」です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/163-de042b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんなはずじゃなかった英EU離脱派、世界経済が株暴落で不安増大・責任を取る気もないからこれからも騒動

 こんなはずじゃなかった英EU離脱派、世界経済が株暴落で不安増大・責任を取る気もないからこれからも騒動を起こすだけ、【AFP=時事】英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利するという衝撃的な結果を受け、24日は各国で株価が大きく値下がりし、合計2兆1000億ドル(約215兆円)が市場から失われる形になった。世界経済に打撃を与える新たなリスクに直面した投資家の間に動揺が広がった。【写真特集...
[2016/06/27 09:48] 国民の生活が第一は人づくりにあり