神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



そこのけ、そこのけ、不公平が通る
■単なるガス抜きの怒りではなく、私たちの希望を阻む者への本物の怒りを■
日本は今、品性下劣な人たちのパラダイスです。
家柄、学歴、隠し金のどれかがタップリあって、
人間としての英智、正義、羞恥心が極端に欠如していれば、
貴族や王様としてこの国で君臨することができます。

まずはこの方。
甘利

司法とマスコミさえ壊しておけば、怖いものはありません。
小沢一郎氏と甘利明氏、政治家としての器は月とスッポンほど差があっても、
アメリカに物申す小沢氏は罪をでっち上げられて座敷牢に。
アメリカ様に迎合する甘利氏は刑法を飛び超えて無罪放免。
なんとも、恥ずかしく分かりやすい国になりました。

次にこの方。
桝添

歴代、性格の悪い人間を選ぶコンテストである都知事選挙といえども、
ここまで醜さが暴露されてしまうと、とっくに撃沈されているはずが、
自民党内のお家の事情で当面放し飼いにされることに決定です。
都内には、貧困で修学旅行に行けない子もいるであろうに、
都民の金で外国観光と家族揃っての大名旅行です。
都民の怨嗟の声は蚊の鳴き声ほどにしか聞こえていません。
都知事とは、江戸幕府の雇われ将軍です。

最後は勿論この方です。
もし会社員なら、窓際でのんびり座っている縁故採用の補助社員。
もし学生なら、放課後に特別補習を受けさせられる裏口入学生。
因縁の家柄と天性の無知・無感性を日本の宗主国に見込まれて、
この王座まで上り詰めてきました。
今の日本には、国民への公約をを守ろうとして浪人生活を強いられている政治家や、
お金がないばかりに立候補できない政治家など、たくさんの能力と情熱のある政治家がいます。
そんな本物の政治家に比べ、この方は日本で一番不公平が激しい見本のような政治家です。

安倍

私も好き好んでこの顔を並べているわけではありません。
勿論、文句を言ってガス抜きをしたい訳でもありません。
これらの顔を嫌でも目に焼き付けておきたいと思うからです。
自分たちが対峙している相手はこんな類いの人間である。
そして、これから私たちが働きかけようとする相手の人たちは、
こんな人間を選んでいる人たちであったり、黙って許しているひとたちである。
またはもしかすると、いじめられることに快感を感じている人たちである。
かれらは説明すれば分かるという、単純な相手では決してない。
それを肝に銘じたいからです。

単純な好き嫌いの怒りは、中ジョッキのビールと共に飲み込んで排泄すれば終わりです。
しかし、私たちに具体的な夢や希望があれば、話は別です。
私たちが希望を持って自分たちの未来を描くことができれば、
それを阻むものが、彼らと彼らが護ってきた不公平な制度だと自覚できれば、
私たちの怒りは本物になり、消えることはないと思います。
不公平を嘆くと同時に、彼らに怒りをぶつけると同時に、
私たちは、できる限り公平な未来の社会の姿を描く必要があります。

写真の彼らが大きな顔をする社会でなく、公平な社会を目指しましょう。
100%公平は無理でも、できるだけ不公平のない社会を創りましょう。
政策は信頼できる政治家と私たちとで考えましょう。
そして、目指す社会の姿を創り上げましょう。
嫌な顔を見ながら、「やめろ!反対!」というだけの闘いより、
楽しい未来を見据えながら、「阻む者を除いて、未来を創り上げよう!」という闘いをしたい。
そう思う、今日この頃です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/162-95a1db0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日銀のマイナス金利政策のためメガバンクが国債調達を放棄すれば、国家財政破綻と国民生活破綻が同時に発生

 日銀のマイナス金利政策でメガバンクが日本国債調達を放棄するようだ、政府の財政は国債に依存しているから財政破綻と国民生活破綻が同時発生する可能性が現実に? 参照お願いいたします(日銀のマイナス金利導入はアベノミクスの正体を暴露、資産の運用も困難、一般国民生活を直撃」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201602/article_6.html) ...
[2016/06/09 10:49] 国民の生活が第一は人づくりにあり

375×281のMonkees

Monkeesの「 Daydream Believer 」 A FUTURE TO BELIEVE IN「 信じられる未来を 」というんでしょうか、まだ諦めてはいないようです頑張って欲しいサンダースさんトランプかキラリーか、どうやらこの二人で争うことになりそうですが、キラリーはもともとTPP推進派で中途から鞍替えしたんでしたよね。ほんならトランプ そこのけ、そこのけ、不公平が...
[2016/06/11 00:24] 知られざる洋楽