神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



政界に巣喰う妖怪たちの、それぞれの役割をウォッチング
戦争法案の強行採決に向けて、妖怪がうごめいています。
主役を演じるのは、戦争大好き妖怪「アベネトウヨニホンカイギ」。
彼らは、戦争するニホンの姿と壊れゆく日本経済の様子を陶酔の目で眺めながら、
ニホンを骨の髄までアメリカの奴隷へと導いていきます。

共演は、権力にへばり付いて利権をむさぼる「ナンミョウコウメイコウモリ」
戦争に巻き込まれようがニホンが貧しくなろうが、わが団体さえ良ければ問題なし。
宗教に化けているのは仮の姿にして、実体は政策や信条を平気でコロコロ変えながら、
ただ単に現世利益のみを追求する自己中妖怪。

相手役の中心は、表情がつかめない人造妖怪「フランケンミンシュタイン」。
いくつかの妖怪が集まってできた合体妖怪なので、いつ分解するか分からない。
最悪なことに、頭の部分の妖怪を追い出してしまったため、自分で考えることもできない。
また、合体するときにアメリカ妖怪やジミン妖怪がまじ込んでしまったため、
もっと大きく合体しようとすると、常にそいつらに邪魔をされてしまう。

訳の分からない存在で、目立つのだけが大好きな妖怪「ハシモトイシハラエダマツノイシン」。
「フランケンミンシュタイン」よりつかみ所のないない騒がしい合体妖怪で、
行き当たりばったりでくっついたため、手足も頭も別々に動いています。
また、今日言っている事と明日することが違っていても、全く平気な妖怪です。

伝統的な相手役は、自分だけが正義の味方だと思っている「キョウサンドクゼンシイ」。
早い大事な段階では現れず、いつも勝負が決まってから言い訳のように現れる正義の妖怪。
飽きずに何十年も同じパターンを繰り返して、結局大勢に影響は与えられません。

古い知恵と新しい知恵が合わさった、頭だけの妖怪「イチロータローナカマ」
妖怪「アベ」を退治するのに1番期待できる妖怪なのですが、
度重なる選挙で優秀な手足をもぎ取られてしまい、
今は頭だけになってしまって動き回ることができません。

これからニホンを破壊する「戦争法案」採決に向けて山場を迎えます。
「イチロー」を知恵袋にして、「フランケン」や「キョウサン」と一緒になって、
「ハシモトイシン」も巻き込んで「アベ」と「ナンミョウ」に立ち向かっていけば、
少しは後退させることができるというもんです。

ところが、妖怪連中は今の体制の中で何とか生き永らえればよいとだけ思っているため、
また、まとまることを邪魔するトロイの妖怪木馬がそれぞれ動き出したりするため、
「戦争法案」採決反対のためにまとまる事など、残念ながら期待できません。
戦っているように見せているのは、単なる妖怪のお芝居です。

私たち「チマタノヒトビト」は、今回も妖怪の三流芝居を見せられながら、
みんなで少しずつ沈んでいくしかないのでしょう。
なにしろ、見た目で最悪の妖怪だと見分けられる「アベネトウヨニホンカイギ」を、
われわれ「チマタノヒトビト」が選んでしまったのですから。
次の、次の、そのまた次の、いつかやって来る妖怪選挙まで忍ぶしかありません。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/128-aecd401a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)