神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



魂が入っていない日本の選挙、このままでは国が滅びる
先の神戸市議選の際に応援していた候補者から、先日連絡を戴きました。
当選に届かなかった後、どう生計を立てておられるのか気にしておりましたが、
他県で新しい仕事に付かれたそうで、まずは安心しました。
願わくば、次の挑戦の機会にも応援に駆けつけたいと思っておりますが、
周りの状況がそれを許してくれるかどうか、こちらはただただ祈るばかりです。

日本国では、地方議員も国会議員も落選した後は大変です。
私の知っている有能な候補者は、誠実であるために皆さん落選してしまいましたが、
「次はどうするか。」揺れ動く心の中で、皆さん様々な決断をされています。
何人かの方はしっかりと次への準備をしていますが、
明日の日本を立て直すホンモノの政治家の控え室は、今のところガラガラです。

本来の選挙は、国民・市民のために働いてくれる有能な政治家を選ぶ儀式のはずですが、
日本の選挙は、誠実で有能で嘘をつかない人は落としてしまい、
平気で嘘をつける不誠実な人ばかりを選ぶ行事になり果てています。
現在の当選議員と落選議員を総入れ替えすると、理想的な議員の顔ぶれになる。
そんな冗談みたいな状況にあるようです。

わが愛する神戸の街でも神戸新聞誌上で、
1400万円の政務活動費をちょろまかしたお粗末な市会議員が、
アホみたいな言い訳で連日巷をを賑わしております。
不始末が見つかったなら、急いで謝って議員を辞めれば済むことなのに、
グダグダ言い訳をして居座ろうとするのは、選挙人をなめている証拠です。
日本の選挙人は騙されやすいし忘れやすい。完全にそう思われています。

実際、地方も国もその通りなのでしょう。
日本を戦争する国にしたい狂った総理大臣を選挙で選んでしまったわけですから、
日本の選挙は根本的に何かがおかしい。
こんなものは本当の意味の選挙ではない。そう感じざるを得ません。
と言うより、私たちは選挙というのは何なのかを分かっているのでしょうか。

先の戦争で内外で大きな罪を犯し大きな犠牲を払った後、
民主主義やら男女平等の普通選挙制度を、アメリカからタナボタのようにもらいました。
でも、未だに私たちは選挙って何なのかを、まったく分かっていないままです。
何年かに1回近くの投票場で出かけていって、誰かさんの名前を紙に書いて入れてくる。
それだけで十分に有権者のつとめを果たしたと思い込んでいます。
あとは政治への不満を愚痴って、うっぷんを晴らせばそれでおしまいです。

でも本当は、選挙に参加するということは、
自分が立候補するかどうかを考えるところから、まずは始まるのではないかと思います。
自分は無理なら、誰か信頼できる人に代わりに出てくれと頼みに行く。
それがダメなら、立候補者の中で一番信頼できる人を選んで協力する。
信頼できる人が見つからなかったら、ダメさ加減の一番低い人を応援する。
または、一番選びたくない人を見つけて落選活動をする。
そんな風に、積極的に関わり合う覚悟が必要だと考えています。

先の敗戦から70年の間、みんなが遊び呆けてサボっていたため、
日本の自主独立、民主主義の確立、真の自主憲法の制定、ホンモノの選挙の実施など、
やり直さなければならない課題が山積みで残っています。
どうやら、最低もう70年はかかりそうです。
生まれ変わったときに多くの課題が残っていないようにするため、
今生で例え少しでも進めておかないと。

行きたい所や食べたい物もたくさんあるし、
まだまだのんびりできない団塊世代の余生です。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/127-01b28557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グローバル投資家が中国市場で手仕舞いを始めると中国株式が急落、9日に下げ止まったが日本への影響が大

 グローバル投資家が中国市場で手仕舞いを始めると中国株式が急落、9日に下げ止まったが日本への影響が大、一連の株安の主な要因となった中国の上海株式市場は、日本時間午後4時に取引が終了。9日は一転して、一時、6%以上値を上げた。 上海証券取引所では、総合指数が8日の終値に比べて値を下げて始まったが、その後、上昇に転じた。9日午後3時50分現在、前日に比べ5.7%の上昇となっている。中国当局は8日...
[2015/07/09 18:51] 国民の生活が第一は人づくりにあり