神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



小沢さんもお気の毒に。それでも、とにかく野党再編!
安倍晋三政権の暴政がとんでもなくひどいので、
今は何がなんでも「安倍政権打倒!」を実現させなければいけない。
それで小沢一郎代表も、何を置いても野党統一候補、野党再編と言い続けています。
取りあえず今考えられるのは、民主党+維新を小沢代表が引っ張っていく。
この形しかないでしょう

最近になって、岡田克也「民主党」代表が小沢一郎氏を評価する発言をしたり、
まともそうな松野頼久「維新」代表が民主党との連携に言及したりで、
これならほんの少しはいい方向に向かうのかと思ったりしておりました。
ところが、根性無しはいつまでも根性無し。裏切り者はいつでも裏切り者。
松野代表は労働者派遣法の採決の問題で、あっさりと民主党を裏切ってしまいました。
政治家お得意の2枚舌と腰砕けで、出鼻をくじかれた感じです。

もともと維新は、自己中心主義者の頭数があるだけで、
まともな政策も集団意志もない、およそ政党とは言えない集団であり、
その集団に約束やら強調を期待しても、所詮無理な話ではあります。
なのに小沢氏がいまだに橋下市長のことを、「能力のある立派な政治家だと思います。」
と言い続けている苦しい心中を、お察し申し上げております。

それに、民主党も背骨のない無脊椎動物のような存在で、いつも揺れ動いております。
岡田代表はリーダーシップという言葉が一番似合わない政治家です。
もともと、政権交代を成し遂げるのに働いた志の高い政治家は全員、
消費税反対の立場を貫き、民主党から追い出されてしまっています。
そして、無知で未熟な有権者によって軒並み落選させられています。
民主党に残って当選している議員のほとんどは、国民や仲間を裏切ったりした、
脛に傷を負った後ろめたい、2軍3軍の議員ばかりです。

小沢一郎氏が「もう一度野党再編、政権交代を!」と唱えたとき、
阿吽の呼吸で呼応するはずの右腕・左腕・右足・左足は、只今みんな浪人中です。
ほんの数人しか小沢さんの側には残っていません。
孤軍奮闘の小沢さんが、本当に気の毒です。
浪人中の同志も悔しいだろうと思います。
つくづく日本の民主主義の未熟さが、情けなく思います。

それでも、それにしても、安倍政権はひどすぎる。
くよくよしていても、愚痴を言っていてもしょうがない。
一過性のニセの野党再編でもいいし、もろい連帯でもいいし、
後で裏切られる不信があっても仕方がない。
とにかく、戦後史上最悪の政権を一日も早く倒せるよう、
汚い手でもつなげる手はつないでおけばいいと思う。

こうしてご老体があきらめずにがんばっているのだから、
主権者である私たち蟻の一匹も何かすることはあるはず。
安倍政権追放のために。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/122-2cec086e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)