神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの「政権交代」の歓喜は、はるか遠くになりにけり
2009年の「政権交代」から6年・・・・
ほんのわずかな年月のはずが、ずいぶん昔のように思われます。
反自民の勢力が集まって受け皿さえできれば、もう一度「政権交代」はできるはずだ。
なんて、楽天的な望みを抱えてちょびっと応援活動してきたけれど、
とてもとてもそんな状況ではないと、このごろ痛感しております。

安倍首相はISILに2人の人質が捕縛されていると知って、2人を助けずに殺させてしまい、
その犠牲を利用して中東戦争の仲間入りをしようと画策しました。
それどころか、2人の犠牲者の戦地派遣に最初から絡んでいた疑いさえあります。
しかし、安倍首相の責任を追及する動きは、国会にもマスコミにも見受けられません。
ああ、「とうとう来るものがやって来た。」と、強く感じました。

また、国で最高の知性と冷静さと決断力をお持ちのはずの内閣総理大臣が、
「ニッキョウソ!ニッキョウソ!」と、支離滅裂の言葉を国会で喚き散らしていました。
そして誰もそんな人間を叱りません。首をすくめたまま放し飼いをしています。
このおぞましい光景を見せられたとき、背筋が寒くなる思いをしました。
ネットでいくらボロクソに言ってみたところで、安倍政権には何の打撃も与えられません。
これからこの最悪の首相が、私たちを戦後最悪の状況へと引き連れていく事でしょう。

今の時代は、私たちが思っているよりはるかに危険な時代になってしまいました。
反自民で結集すれば、安倍首相を降ろし再び「政権交代」はできる。
そんな甘い期待を持って活動していても、すぐに失望してしまうだろうと思います。
安倍晋三は確かにアホですが、安倍政権を支える土台は悪い意味で有能です。
この際、悲観的に後ろ向きになるということではなく、根拠のない楽観主義を捨てて、
現状をありのままにもっともっと深刻に捉える必要があると感じています。
ある人はそれを「もっと絶望しろ。」と表現したりしています。

考えると、あの「政権交代」の歓喜はいったい何だったのでしょう。
これから日本は変わっていくという、あの甘い期待は何だったのでしょう。
あれは、あまりにも戦後日本の歴史を知らなさすぎた私たち愚かな日本人の、
儚くも哀れな幻想だったのかと思われます。

最近の選挙戦での惨敗を反省し、次の「政権交代」を目指すために集まったとき、
何故「政権交代」ができたのかを振り返ろうと、よく言われたりしますが、
私自身の考えでは、あれはそんなに大きなうねりではなかったと思っています。
世の中を変えようという国民の意思はそんなに大きくはなかったと思います。

2009年の前、マスコミは自民党叩きで世論を煽っていました。
麻生首相の知性をバカにし、世襲議員叩きを展開していました。
大衆の感情に迎合する報道として、自民党叩きをやっていたのだと思います。
そしてその時タイミングよく、代わりに政権を担えそうな民主党が現れました。
自己中心の自民党に対して、国民の生活を考える民主党という構図です。
マスコミが吹かす風に乗って、昨日まで誰も知らなかった民主党議員が大勢当選し、
勢いで「政権交代」が起きてしまいました。

掲げた政策もよかったし、国民の為に真摯に努力しようとした政治家もいましたが、
結果として、政策の中身や政治家への信頼で票が集まったのではなく、
マスコミと国民感情と政党状況がうまく重なり合った幸運の産物だったと思います。
これから意識的に同じ状況を作り上げるのは、どうも無理だと思っています。

国民の感情(または劣情)はいい加減なもので、
1度目は、自分たち応援した「政権交代」が成功して、喜びの + の方向で満足し、
2度目は、内部の裏切りによる崩壊劇を見ながら、怒りの - の方向で満足し、
3度目は、もう関わりたくないと、冷ややかになっている自分に満足しています。
こういうふわふわした国民感情を頼りにし、今では完全に自民党の前衛部隊になっている
マスコミをもう1度味方につけることなど至難の業に思われます。
どうしても、受け皿さえできれば「政権交代」はできると簡単には思えません。

それでも、先の「政権交代」は隠れていた多くの日本を覆う闇を知らせてくれました。
これほどアメリカがソフトに完璧に日本を支配しているとは気がつかなかった。
日本の中枢にいるこんなにたくさんの人間達が、日本の為に働いているのではなく、
アメリカの意向を忖度しアメリカの国益のために働いているとは知らなかった。
「政権交代」とネットのお陰で、それが目の前に現れました。

考えてみれば、戦後65年目にやっとこさ1度「政権交代」を起こしただけで、
すぐにでも世の中が変わり始めていくことなどあり得ません。
今回は、私たちの前に日本の実在の姿を露わにすること位しかできなかったのでしょう。
日本をもっとまともな国にするためには、まだまだ時間が必要なのでしょう。
すぐに「政権交代」ができて、すぐに改革ができるはずだと軽く考えていたら、
結果がなかなか出ない失望の方が大きくのしかかってしまうでしょう。

本当に長い厳しい闘いになりそうです。
大変だ、難しいと、後ろ向きのことばかり言って前向きの提言がないのが残念ですが、
思ったより情勢は厳しいと痛感したもので、ぼやいてしまいました。
絶対あきらめないという思いは、いつも同じです。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/111-f9999728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。