神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自由な発言やめますか、それとも共産党やめますか?
今日本のマスコミは、ISISによる人質事件で大騒ぎです。
人命に関わることですから、人々の関心を独占することは当然でしょう。

1.人質が無事生還できるよう、国に粘り強く交渉するよう要請すること。
2.人質になった人とその背景を調査し、責任の範囲を確認すること。
3.安倍首相と政府の対応を注視し、評価や批判をすること。

私たちはこの3つを同時に行いながら、見守りたいと思っています。

ところが、先日思いがけない事がありました。
共産党の池内さおり衆院議員がツイッターで政府の対応を批判しました。
「『ゴンゴドウダン』」などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、
   国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ、言語道断。
   本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」

すると、このツイッターにたくさんの非難が殺到したそうです。
 「どうしてまず最初にテロリストを非難しないのでしょうか。」
 「貴殿が今やるべきことは、政権批判ではなく、日本共産党として解決のために
  何ができるかを考えることではないですか。」etc .....

今度はそれに反応してか、志位和夫委員長からきついお叱りを受けたそうです。
 「政府が全力で取り組んでいるさなかだ。今、あのような形で発信するのは不適切だ。」
結果、池内さおり衆院議員が謝罪し、ツイッターは削除と相成りました。

このままでは、共産党は本当にダメみたいです。
池内議員の言葉は、私も同感できる心からの怒りの言葉です。
言葉足らずで「テロリストへの非難が無い」とイチャモンつけられたのなら、
後から「当然私も怒りを共有してます。」と再ツイートすればいいだけの話です。
政府お抱えのネットウオッチャーからの攻撃に、簡単に負けてどうする。

「ショックドクトリン」という言葉で明らかになったように、
権力者は混乱に乗じてとんでもない方向に事を運ぼうとします。
今がその時であるかもしれない、いやきっとそうでしょう。
混乱時に政府に対して冷静な批判ができないならば、野党としての使命は果たせません。
共産党が「確かな野党」を標榜してずっと野党でいたいと思っているなら、
こういう時こそ暴政を批判し、体をはって抵抗することが党の使命だと思います。
議席が増えたと喜び、「今は混乱時だから批判は控えていようね。」などと言っていると、
それこそ、巷で言われる自民党の補完勢力と思われて仕方ありません。

全国の真面目な一般党員の皆様には、
「国民に選ばれた議員やから、自分の意見は自由に言わせたれや!」
「言うことすること、何でもかんでも党の本部が縛るな!」
「安倍政権の批判をするのに、何で遠慮せなあかんねん!」
こういう声を、ぜひ党の本部に送っていただければと願っております。

先日、一郎・太郎共同記者会見で小沢一郎氏は、
 「米国を中心とした有志連合に参加し、集団的自衛権の行使に踏み切っていいのかどうか、
  国会の場でしっかりと主張していきたい。人命救助最優先を理由に声を上げない今の野党は
  おかしいのではないか。」
こうはっきりと政府を批判している。

堂々と政府を批判できる野党が、小さくなってしまった「生活の党と山本太郎となかまたち」
だけだとは非常に残念です。
この唯一のまともな野党を支え、何とか大きなうねりを起こしたい。
そう思う毎日です。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/108-a52a214f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)