神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



引き続き「日本自立運動」を継続中
訳の分からん選挙がやっと終わりました。
「国民の生活が第一」を考える候補者の応援に参加した皆さん、お疲れ様でした。
結果は、プラス・マイナスいろいろあって、トントンというところでしょうか。
勝手に適当に評価してみました。

マイナスは、
この寒くてクソ忙しい時期に、時間と労力を使わされたこと。
国民の無気力・無関心さを、また思い知らされたこと。
折角の機会に、「国民の生活が第一」を考える候補者を増やせなかったこと。
特に「生活の党」の当選者が減り、政党要件を満たせなくなったこと。
共産党が自信満々になり、独自路線から脱却しそうにないこと。
テレビで安倍晋三総統のはしゃぎまくった顔を、さんざん見せられたこと。
これから安倍晋三総統の暴走に、少し拍車がかかりそうなこと。

プラスは、
安倍晋三総統の思惑が外れて、自民党の当選者が減ったこと。
石原・田母神極右政党が壊滅したこと。
小選挙区では、野党が協力し合わないと太刀打ちできないとまた実感したこと。
自覚した市民が増えていく途上で、選挙活動の実地練習ができたこと。
選挙活動に参加することの、やりがいと喜びを見つけた人が増えてきたこと。
この選挙の後でもひるまず、これからも立とうとする本物の政治家を見つけたこと。
これからどうすればいいかを考えることで、自立した市民として成長できること。

私は勝手に「日本自立運動」と名付けて、ぼちぼちと歩み続けたいと思っています。
他人や周囲への同調を気にせずに、自分の信念に従って生きる自律と自立。
マスコミの洗脳から逃れ、自分で情報を得て自分で考える自立。
会社や宗教など集団の束縛から逃れた、立ち位置の自立。
お任せ民主主義ではなく、自分こそが主権者だと思う政治的自立。
国の官僚からの支配に抗して、地域の特性を生かす地方の自治と自立。
アメリカとそれに追随する者からの支配をはね除け、独立国の尊厳を守る自立。
ついでに、貧しいといろいろ不自由なので、個人的には経済的自立も目指したいです。

今回の選挙も、長い長い道のりの1つの一里塚だと思っています。
愚かな日本国総統による莫大な無駄遣いでしたが、世の中に無駄なものは無いと思います。
今回の選挙も教訓にしてしまって、一歩進めばいいかなと思います。
とは言っても歩みののろい私は、同じ方向を早足で歩く先達の皆さんの最後尾を、
遅れないように歩いているだけですが。

まあ、今回の選挙結果には、とりあえず前回ほどのやるせなさは感じませんでした。
精神が強くなったのか鈍くなったのかは分かりませんが、言えることはこうです。
「日本が本当に自立できるまで、今もこれからも決してあきらめませんよ。」

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/tb.php/100-b0318c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)