神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターはトドメを刺さなきゃ滅びない
日本昔話か何かでたびたび見たように思います。
人間の持つ負の感情、
劣等感、嫉妬、怨念、邪悪な欲望、復讐心、激しい怒りなど、
劣情に支配されて人間の心を失ってしまったときに、
ヒトは、物の怪、妖怪、化け物、今で言うモンスターになると言います。

モンスターになってしまったら、ヒトには戻れない。
モンスターになってしまったら、人間の言葉は通じない。
モンスターになってしまったら、悪業を止めることはできない。

気がつけば、今の日本はモンスターに支配されています。
この存在はもう、とても人間とは呼べない。

沖縄慰霊祭 安倍2 - コピー


このヒトとしては未熟な存在が、巨大なモンスターになるには、
いくつかの要素が必要でした。
本人の類い希なる無智と、呪われた一族の遺伝子。
そして、金と地位を求めて周りに群がる人間達の邪悪な心。
思考能力を失って力のある者を頼ろうとする大衆の盲信。
それらがモンスターを大きく成長させてしまいました。
それに昭恵という別のモンスターが寄り添っているのですから、
誰も手がつけられないモンスターになりました。

ここに来て、
このモンスターにすり寄る人間が少しずつ距離を置きだしました。
盲信していた大衆が、モンスターの醜悪な姿に驚いてたじろいでもいます。
しかし、これでモンスターが倒れると思うのは早計です。
モンスターは自分では変われませんし、倒れもしません。
まだこれからも、何としても自分のやりたいことをやるでしょう。
憲法改悪への執念は押さえようがありません。

モンスターのお心は、
「都議選の敗北など興味はない。自民党が壊れようが知ったことか。」
開票時に気楽な食事会など、極当たり前の話しです。
他人の当落など関心なく、都議選の結果によって、
自分のしたいことがやり難くなったかどうかの関心だけです。

また、人事についても公正さも反省も謝罪もありません。
泣きついてきたから強姦男は無罪にし、下僕の佐川くんは国税庁長官です。
稲田ちゃんがどんなに無能でも、「ボク気に入ってるから辞めささない。」
甘利さんの復帰などヘッチャラです。
モンスターにとって周りの人間の目など、鼻も引っかけません。
「ボクが使いやすい奴を使うだけ。それが何か・・?」

しかし、モンスターを滅ぼす方法は必ずあります。
人間の姿をしているので、物理的な方法で存在を消すわけにはいきません。
それでも諦めずに、
今揺れ動いている邪悪な下僕達をバラバラに切り離し、
盲従する大衆の目を覚まさせることを続けるしかありません。
いつか気づいて改心するだろうなどという淡い期待などは捨て、
あれはもはやヒトではない、モンスターだと言うことを腹に据えましょう。
油断することなく機会をつくり、トドメを刺してやりましょう。

それにしても、今の日本にはまだたくさんのモンスターが生存しています。

そもそも、愛と慈しみの心でなく、邪悪な心を持ってつくられた宗教団体があります。
そこに金と権力を求めて人が群れ、思考能力を失った盲信する大勢の信者が集ります。
するとたちまち、宗教モンスターができ上がります。
そう、すぐにみんなが想像できる、S学会やT教会、K科学などの教団です。
それに、最近大活躍のN会議もそうです。
哀れなるかな、それらの信者や関係者は、
気がつかずとも社会に敵するモンスターの下僕です。

また、権力と対立するはずのマスコミが権力と癒着し、
ジャーナリズム精神を捨て国民を洗脳する機関に成り下がったとき、
そのマスコミのY新聞はモンスター組織になりました。
Yに君臨する老害Wはモンスターそのものです。
W反抗することなく働く社員は社会に敵するモンスターの下僕です。
また、思考停止でそのY新聞を定期購読する者は、
哀れなるかな、それらの者もまた結果的にモンスターの支持者です。

勿論、日本の中央官庁もほとんどがモンスター組織です。
その中で最近際だってモンスター化しているのは、
「共謀罪」を飲み込んでより肥大化した警察です。
ああ、なんとやっかいなことか。

他にも、あれもこれも、
常に人間の周りには、人間から墜ちたモンスターがいます。
歴史の中で私たちはたくさんの化け物やモンスターに虐げられ戦ってきました。
モンスターは人間の愚かさと怠惰から生まれます。
モンスターを人間の世界から出さない。
生まれてしまったモンスターは大きくならない内に退治する。
これからも続く人間の営みです。

まず今は、安倍晋三というモンスターにトドメを刺す。
そこに集中しましょう。


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。