神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



凄いな!籠池理事長封じ込め作戦
国民をなめきってる奴らのやり方は、凄いな!
正義だとか恥だとか体裁だとか、そんなものを屁とも思わない奴らのやり方は、
やっぱり凄いな!
3/10籠池理事長がテレビに向かって極右独演会の真っ最中、

11籠池 3 

突然「南スーダンPKO撤収」の速報が入って、安倍首相のぶら下がり会見。

安倍 3 11 2

ニュースの焦点散らし寿司大作戦です。
自衛隊は安倍様の都合で派兵と撤退が決まるのです。
おまけに、東北大震災の追悼行事も「アッキード事件」を薄める役割としか思っていない。
追悼などという漢字など、おそらく読むこともできないのでしょう。
また、少し前に森友学園に関わる産廃業者の謎の死がありました。
その前には、北の国の性格が同じ独裁者から、ミサイルのプレゼントをもらっています。
自己中心のやりたい放題、マスコミや国民の目など気にしていません。

そして、ここに来て籠池理事長の「安倍晋三小学校」認可申請取り下げです。
本当は私たちは、籠池理事長を仲間に引き入れたかった。
安倍首相や松井知事らに全ての責任をかぶせられて、怒り心頭の籠池理事長に
復讐の機会を与えることで疑惑追及の連携を図りたかったのです。
ただ、敵の敵が味方となるのは、彼らがもめているときだけです。
私たちには、籠池理事長を引き込むための利益を何も持っていませんでした。

それに引き替え、敵は籠池理事長を取り込むためのいくつもの言葉を持っていました。
1.「言うこと聞いたら、借金がなくなるようにしてあげるで。」
2.「言うこと聞いたら、逮捕されん方法をうまいこと考えたるで。」
3.「その代わり、言うこと聞かなかったら産廃業者と同じ運命になるぞ!」
これだけ並べれば、転ばすのは簡単です。
もともと正義だの良心だのと全く無縁のお方ですから、イチコロです。

想定内とは言え、正直腹立たしい思いです。
彼らはこれで幕引きができればと願っているでしょう。
しかし、一度騒ぎ出したマスコミも、この高視聴率をすぐには捨てません。
どっこい、私たちもそんな簡単にこの事件を忘れてやるわけにはいきません。
これだけ国民をなめきってやりたい放題する安倍政権に対し、
これからも私たちは、強く永く怒りを持ち続ける必要があります。
そして、怒りの感情は俗情に任せ下品であっても構いません。
怒りなんて、ことさら紳士的で冷静である必要などありません。

この事件の発端は、
子供の頃からわがまま放題に育ったこのバカ夫婦が、

安倍夫妻 2017 3 13

教育勅語が何故駄目なのかも分からない程頭の悪い、
名誉欲と金銭欲だけが突出しているこの男にすり寄ってこられ、

籠池 2017 3 13

口先だけで大阪改革を唱えながら、
私立学校などの教育を利権に変えようと画策するこの男らと、

橋下 松井2017 3 13

よってたかって法律をねじ曲げ、税金を食い散らかした事件です。
私たちが感情的になるのは当たり前です。
ふざけるなバカ夫婦、
ふざけるなキ*ガ*教育者、
ふざけるなウソツキ維新。
と、まずは感情に任せて怒り続けましょう。

ただし、真相究明と安倍政権追い落としは感情むき出しではできません。
まず戦う相手は、氷のような心を持つ頭のいいこんな人達です。

迫田 理財局

冷静に論理的に追い詰めなければなりません。
国民・野党・法律家・数少ない心ある役人とジャーナリスト、等々、
心を一つにして長丁場の戦いを続けなければいけないでしょう。
まずは、8億円の値引きを、絶対明らかにすることが必要です。
無神経に国民の税金をくれてやるエライ役人を、逃がす訳にはいきません。
戦いはこれからです。

3/10の籠池理事長の会見を聞いて、
私立小学校の設置認可申請取り下げや、何の意味も無い引退表明などで、
このまま幕引きをさせてたまるか。
つくづくそう思った週末でした。

(追加:届かない独り言)

籠池理事長様
マトモナ人間に少しは還れる機会があったのに、自分から機会を逃しましたね。
やはり、あなたはお天道様の下で生きてはいけない人なのですね。
奥様、息子様、娘様も引き連れて行き着く所まで行ってやろうというその決断。
激しく後悔することになるのは、きっと早いことでしょう。

ただ、一つだけお願いがあります。
これ以上あなたの狂った教育に、一般の子供達を引きずり込まないでください。
あなた方家族は、教育者として完全に失格です。
今回の事件で、その事だけはすぐに国民に確認されました。
あとは、日本会議信者だけの特殊学校を設立して、
教祖兼校長として余生をお過ごしください。


スポンサーサイト