神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプ大統領のお陰(?)でよく分かった事
去年の11月のアメリカ大統領戦についてのブログで、
「ヒラリーよりトランプの方がまし。」と書きました。
やっぱり、その通りでした。

このところ、テレビやら新聞やらネットはトランプ祭りで大はしゃぎです。
テレビ・新聞・底の浅いネット記事以外の、冷静な評論を見ていると、
アメリカの抱える苦悩が少しずつ分かってきました。
以前はグローバリズムを先導するのはアメリカ国家だと思っていたのですが、
アメリカ自身がグローバリズムの使い走りだったようです。
グローバリズムとは、こんなことでしょうか。
「金儲けに国境などはない。俺たちは国家になんぞに束縛されない。
 俺たちを受け容れない国はこじ開けてやる。
俺たちは金には興味があるが、人間になんてこれっぽっちも関心はない。」
なので、グローバル組織の本部がアメリカにあろうが、
アメリカの国民を潤すことなど考えることなどなかったのでしょう。

もしヒラリーが大統領になっていたら、女性大統領誕生の歓喜の声の下で、
粛々とグローバリズムの下僕として役目を果たしていたのでしょう。
「戦争を始めよ!」という命令があれば、躊躇なく実行したかも知れません。
勿論私は、トランプのような品性の悪い人は大嫌いです。
それでも、アメリカの保守勢力に媚びるためとは言え、
グローバリズムから国を護ると大きな声で宣言したことは評価できます。
グローバリズムの本家から反グローバリズムの狼煙が上がったわけです。

そこで、日本です。
中国・韓国に忌み嫌われ、プーチンには子供扱いされ、
トランプにすがりついてご機嫌取りしかできない安倍総理。
アメリカにへばりついて保身をすることしか考えない外務省。
とっくに政治をする党ではなくなった自民・公明の与党。
全く存在感のない野党。
自分で考えることをあきらめた国民。

アメリカや世界の激動を前に、為す術なしです。

しかたがないので、東京で「小池新党」を使って政治遊びでもしていましょうか。
石原慎太郎イジメは楽しいかも知れません。
関西では「維新」の詐欺にダマされたまま、心地よく改革ゴッコをしていましょうか。
それとも、政治は忘れて指折り数えて、楽しいオリンピックを待っていましょうか。

いや、やっぱり我慢できない。
あきらめてなんかいられない。

小池新党なんて「第2自民党」にはダマされない。
石原慎太郎や「豊洲市場」なんて東京ローカルな事件は全国に関係ない。
「維新」詐欺は大阪でジミチにつぶしていこう。
やっぱり、しんどくても時間がかかっても、
国民の生活を第一に考える政治を、私たちは持ちたい。
アメリカでは、取りあえずトランプを選んで、一か八かのバクチに出た。
犠牲を覚悟しての変革など選べない日本人からすれば、
バカにしてなんていられない。アメリカに拍手を送らなきゃ。
そして私たちも、今ある選択肢の中から勇気ある選択をしたい。
野党共闘→政権交代です。

なんとなく現政権を支持する人達に、どうすれば私たちの声を届けられるか、
みんなでじっくり考えて実行したい。


スポンサーサイト
年初に 強く思った。 オリンピックをやらせてはならない!
こんなおサボリブログを見に来ていただきまして、ありがとうございます。
今年も時々発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

年初には、皆さんが将来を期待できそうな夢など語りたいところですが、
なぜか今年強く思ったことは、
「オリンピックなどやらせてはならない!」という事でした。
オリンピック エンブレム1
下は某テレビ局が去年放送した内容です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 東京五輪の費用3兆円あれば出来ること 】

■宮城の復興住宅(全壊 約8万棟)の建設費    
12万5000戸分(1戸約2400万円として)
■熊本城改修費 
約634億円(3兆円の約50分の1 )
■保育士給与(待機児童 約2万3500人)
 約93万人分(平均年収323万円として)
■国境なき医師団
 約361年分の寄付金(寄付金:年約83億円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ大好き、オリンピック命のみなさん、
それでも日本でオリンピックをやりたいですか。
山ほど種類のある競技の世界大会を、一カ所でやる必要がありますか。
山ほど種類を増やした世界大会を、一時期に集中する必要はありますか。
オリンピックなど、理念のない終わったイベントだと気づきましょう。
今の日本では「オモテナシ」などと、つくり顔で言えません。
たくさんの人に迷惑をかけても日本でやりたいなどとダダをこねないで、
スポーツで災害復興や平和外交などと寝言を言わないで、
この際すっぱりあきらめましょう。

今の日本では、余りに酷い安倍自民党政権に対して、
ふつふつと不満と怒りの感情が湧き上がってきつつあります。
早晩、安倍降ろしや政権交代への想いとつながっていくはずです。
その国民の改革に対する熱を分散させるため、
民進党を常に不安定な状態にさせるだけでなく、
維新やら小池新党やら改革のマガイモノを作り出して、
国民のガス抜きをして一致団結しないように画策しているのです。

オリンピックはそのガス抜きの意味で、最高の素材です。
このままオリンピックを止めずにいると、
2020年まで何かにつけてオリンピックが水戸黄門の印籠になります。
オリンピックためには、これくらい金が要るから用意しろ。
オリンピックに備えて、こんな法律を決めた。
オリンピックがあるから、こんなことくらい我慢しろ。
オリンピックが私たちの生活に犠牲を強いるのは間違いありません。

日本のダメ駄目なこと。
汚れた利権がたんまりありそうだと、たくさんのハエが集ってくること。
一度決めて動き出したら、何があっても絶対に中止しないこと。
定期的にお祭りなどを与えてもらって、考えないに国民にされてしまうこと。
そして、その間に国は着々と悪だくみを進めるていること。

その意味で、オリンピックはまさに利用価値のある素材ですから、
簡単には止めさせられそうにはありません。
しかし、もし私たちがこのオリンピックを止めることができたら、
日本改革の大きな一歩になると考えられます。

自分たち国民の金の使い道は、自分たちで決める。
自分たちの金は、一時のお祭りではなく日常の生活に使う。
自分たちの金の使い道は、キチンと公開する。
地方を犠牲にした東京一局集中は、もう止める。
一度決めたことでも、間違っていれば止める。
 など、等、・・・
オリンピックを止めることは、後退ではなく大きな前進になると思います。

だって、自民党の政治家や東京都議や、国の官僚や東京の役人、
電通やマスコミ、建設関連会社や関東のホテル関連会社、などが喜ぶだけで、
地方の私たちには何もうれしい話しはありません。

何より、こんな顔や、

森喜朗1

こんな顔が喜んでいるの見せられるのは、辛抱できません。

石原1

オリンピック絶対阻止!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。