神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



民進党議員は、自立するしか生きる道はなし
待ちかねた涼しい秋風と共に、永田町からは解散風が吹いて参りました。
衆議院議員選挙を控え、引き続き野党共闘を目論む私たちにとっては、
新しい蓮舫民進党とどう付き合うか、なかなか悩ましい問題であります。

しかしながら、この新体制の未来はすぐにはっきりとしました。
公約を破って自民党に政権を譲り渡した張本人、野田佳彦氏を幹事長に迎え、
新潟知事選で泉田知事の意志を受け継ぐ米山隆一候補を除名することによって、
民進党の未来は、崩壊、分解、沈没、消滅と決まりました。
蓮舫氏は本当に口先だけで、深謀遠慮のない人ですね。
まるで民進党の「しゃべる箱入りオバサン」です。
この人に頼っている訳にはいきません。まして、野田氏などもってのほかです。
仕方がありません、民進党議員は自分で生きる道を探していきましょう。

一方、野党共闘を進める人たちは、「もう民進は信用できん。」とばかりに、
面倒くさい民進党を抜いて新たな共闘作戦を考えようとしています。
それでも残念ながら、現実として数的には難しい話です。
民進党のかさ上げ勢力なしでは、野党共闘の作戦は立てにくいのが事実です。
さあ、どないしたらええやろか。

もともとリーダー不在でバラバラの民進党は、
蓮舫代表+野田幹事長で一層グジュグジュになっていくことでしょう。
自民党のように利権や名誉ポストで引きつけることはできないし、
公明党のように洗脳と脅迫で縛り付ける腕力も無いし、
選挙の際の公認権を使い、「逆らったら、公認せえへんよ。」
という言葉で縛りつけるしかありませんでした。
しかし、次からの選挙では、よほど自力で選挙区を固めている議員か、
強い組合に全面的に忠誠を誓った議員しか、当選することはできないでしょう。
蓮舫代表のポスターだけでは、とても選挙に勝てません。
よほどのお気楽な議員以外は、そのことを分かっているはずです。

そのお気楽そうな議員を先日チラット見かけました。
先日、「憲法フェス@大阪」のお手伝いをしていたとき、
民進党の若い参議院議員が熱っぽく憲法の話をしていました。
確かに立派なことを言っているようで、結構いい評価だったようです。
民進党によく居る、勉強ができて口が達者な議員でした。

私がその時思ったのは、
「あなたのご高説はごもっともだが、それはパンフレットや本でも読める。
大事なことは、あなたの言っている事と、やっている事が一致するかどうかだ。」
この議員は、野田民主党が公約を破り誠実な議員を追い出したとき、何をしていたか。
より国民に忠実なかつての仲間が、浪人をし不遇にあえいでいたことをどう思うか。
そんなことでした。

今民進党に残っているのは、確信犯として性悪な目的を持って居残る議員か、
人間としてまだ未熟な議員かのどちらかだと思っていました。
しかし、民進党の中には新潟知事選の米山隆一候補がいたし、
党の縛りを無視して自主的に新潟に応援に入る議員もいます。
また、一段高い志から、あえて新進党に戻って新天地に向かった中村哲治元議員もいます。

党総体としては信用できませんが、議員や党員の中には、
まだ信頼に足る人は残っていると信じています。
人間はみんな未熟な存在です。
私は、小沢一郎氏やその同士の人たちを追い出した人たち、
それを見えないふりで保身に走った人たちを忘れることはできません。
しかし、そのことを反省して野党共闘に参画しようとする民進党員は歓迎します。
これから私たちは、民進党に対して党組織と対応するのではなく、
議員・党員個人個人に対応することが必要となってきます。

そこで、この度の小沢一郎代表の新体制づくりの宣言です。
民進党の皆さんが自立し、野党共闘が必要だと思うならば、
これから生まれるであろう、この新しい枠組みに連携することができると思います。
議員・党員個人個人にぜひお勧めしましょう。
今の蓮舫代表+野田幹事長体制では、本気で野党共闘に参加するかどうか不明です。
国民を裏切る事などへっちゃらの幹事長ですから、
「手のひら返し」や「はしご降ろし」など、たくさんの得意技を持っています。
民進党にいるからといって、敬意を表して師と仰ぐのは、
蓮舫氏や野田氏や前原氏だけでなくともいいはずです。

広い心で誠実な政治家を受け容れる、小沢一郎という存在があります。
小沢一郎氏は山本太郎氏だって志位和夫委員長だって受け容れる人です。
体は偏狭な民進党、心は広い野党連合。
心を解き放って自立さえすれば、こんな選択も可能です。
もともと議員は、1人1人が国民の代表のはずです。

ただいま、自立議員絶賛募集中!


スポンサーサイト