神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でそんなに鳥越俊太郎氏を叩き続け、三宅洋平氏を嫌うのか
鳥越さんへの個人攻撃を、そんなに続けんでもええのやないですか。
そこまでに三宅洋平さんを嫌わんでも、ええのやないですか。
皆さん、何をそんなにイラだっておられるのですか。

この頃、ツィッターやFB上では激しくてしつこい非難がよく見かけられます。
ネットの世界だけならいいのですが、なんだか世の中全体、
ちょっとヒステリックに怒ってばっかりのような気がします。
どうも、敵さんの作戦にのせられているのではないか、そんな感じがします。

小泉純一郎氏が「仮想敵をぶっ壊そう作戦」を敢行して首相になって以来、
選挙におけるこの対決作戦が、あちこちで展開されるようになりました。
日頃押さえられている人々の怒りの心を、目覚めさせかき立て、怒りの矛先を与え、
自分はそれと戦うヒーローやヒロインになって、人々の心を捉える。
これが選挙における、一つの勝利の方程式になっております。
浪速の対決男、橋下徹氏がこの手法を駆使して大阪府民を煙に巻いて取り込みました。
東京の都知事選挙でも、同じ手法で小池百合子氏が勝利しました。

まず、舛添元知事というお金に卑しい人間を、イケニエに差し出す。
都知事選挙というお祭りを作り上げて、東京が抱える本当の問題を隠してしまう。
都議会という伏魔殿を仮想敵として提供する。
小池百合子氏が「一人で敵と戦う勇気あるオバサン」として、選挙民の心を捉える。
そして、野党連合の自滅もあってまんまと当選する。

その後の都政は、新旧の利権争いか、またはどこで折り合いをつけるかの調整中。
都政に関しては、目立つところだけパフォーマンスでごまかしながら、
都民の生活などこれっぽっちも考えるつもりはありません。
だって、
「アタシ、都民の生活のために知事になったんじゃありませんもの。オホホ・・。」

一方で敵方は、やっかいな野党連合を完膚なきまでつぶしてしまう作戦を、
これを機会にを実行しているのではないかという気がします。
まず民進党に対しては、統率力の無さを見せつけ、他のグループからの信用をなくす。
それでも、この使いやすい存在を野党連合の中心に据えつけておく。
次に、他の野党連合や市民運動グループに対しては、調整役の不足につけ込み、
それぞれの「不寛容さ」を利用して、連携にひび割れを起こしておく。
その次は、かつての候補者やこれからの候補者への個人攻撃を執拗に行い、
野党連合が担ぐ人材を空っぽにしてしまうこと。
最近の状況からみると、敵からのこのような攻撃で揺さぶられ、
野党連合側は腰が据わらずに、フラフラになっている状態かと思います。

なぜ多くの人は、悪意の勝利者を攻撃せずほったらかしたまま、
政治家としては無能かもしれないけれど、善意の敗者をボロクソにけなすのでしょう。
これはやはりひどい話です。おまけに敵の思うツボです。
次も知事候補に立つと言ってる訳でもあるまいし、
もうこの辺で、鳥越さんへの個人攻撃は止めにするべきだと思います。

本当に反省するべき事は、
それほどみんながボロクソに言う鳥越さんを、なぜ対抗馬として担ぎ上げたのか、
今文句を言っている人間にその責任は無いのか、
なぜあのような下手な選挙活動になってしまったのか、
そもそも、本気で勝とうとしていたのか、何か裏は無いのか、
本当に非難されるべきは、個人の資質ではなく他にあるのではないか。
その辺りをきっちりと調査し、天下に公表してみんなで反省すること、
そして、次はどうすればいいかの展望を語り合うこと。
その方が個人イジメよりよほど重要なのではないでしょうか。

さて、話は遠く沖縄に飛んでしまいますが、
三宅洋平さんに対する激しい憎悪にも、なにか違和感を感じます。
なぜそこまで、彼を拒否し嫌う人が多くなったのでしょう。
鳥越さんバッシングに通じる、何か仕組まれたような気配も感じます。
それとも、私たち日本人特有の目立つ者に対する本能的な嫉妬や警戒なのでしょうか。

三宅洋平さんが安倍昭恵さんとが合ったことに関する感想は、
前のブログで著しました。
http://kobebackstreet.blog.fc2.com/blog-date-20160722.html
「このままでは終わらんといてや。」という、
願いを込めた記事のつもりでした。
なので、三宅洋平&安倍昭恵の前回の面会の決着として、
沖縄の高江に行ったことには賛成です。
ただ、この行動に関しては、当事者のいろいろな気持ちがあるでしょうから、
正しい正しくないの判定など部外者にはできないと思っています。

そして、私の三宅洋平さんに対する気持ちとしては、
彼の思いや行動に悪意を感じることはありませんので、嫌うことはありません。
それより、行動力、発想力、表現力には敬意を感じていますので、
山本太郎さんと同じように、仲間でいれたらうれしいと思っております。

何故ひとは、ちょっとのことで嫌いになったり他人を憎んだりするのでしょうか。
三宅さんが安倍昭恵さんと高江へ行ったことで被害を被った人や、
直接不愉快な処遇にあった人など数少ないのではないでしょうか。
ほとんどの皆さんは、自分と考えが違うから、自分の思う行動を取らなかったから、
それで嫌ったり憎んだりしているのではないでしょうか。
また、彼の容貌やパフォーマンスは自分の好みではない、
思想や思いを表現する者は、こうでなければならないなど、
自分の嗜好に合わない者は除外してしまい、新しい形は受け付けない。

そんなにあちこちで、気に入らない事や気に入らない人を見つけては、
怒ったりイライラしていては疲れてしまうと思います。
どうしても許せない特定の人物は別として、
たいていの人間は同意できる所とできない所を持っています。
同意できる点ではいっしょに行動し、同意できない点では協力しない。
それでいいのではないでしょうか。
皆さん、ほんの少し許容量を広げてみてはいかがでしょう。

私はこの秋から、できれば三宅洋平さんと行動を共にしたいと願っています。
三宅さんが微妙な立場に立たされていますので、どう実現できるか分かりませんが、
彼のような想いと才能を持った人は他にはいません。
三宅洋平さんをこれからも大切にしたいと思っています。
そして、許容範囲の広い仲間も増やしたいと思っています。

それにつけても、
暑さのせいもあるでしょうが、日本の皆さんが常にイライラし、
何かあればヒステリックに逆上しそうな現象は困ったものです。
閉塞感のある時代にこそ、あきらめず絶望せず、今の暮らしを楽しむ、
NHK「ととねえちゃん」の「暮しの手帖」の戦後精神で、生きたいものです。
それが、鈍感で楽天的で痴呆予備軍な、私の信条です。


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。