神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お願いだ、鳥越さんを後ろから撃つのは止めてくれ。
東京では知事選の戦いの真っ最中です。
巨大首都のことですので、他府県の人間も無関心ではいられません。
また、SNSの世界でも空中戦が戦われています。

ここんところ、そのSNS上でどうしても気になることがあります。
反安倍首相、反自公政権のはずの皆さんで、
鳥越さんに対するボヤキが多すぎやしませんか。

もう選挙戦は始まっています。
勝つのは、事実上3人のうちの1人。
もっと絞って言えば、鳥越さんか小池氏です。
そのことを考えて発信してもらえませんか。

■「宇都宮さんの方がよかったような。」
  それは選挙前に言うことで、今は決着がついてます。
  いまさらグジグジ言うのはみっともない。

■「病み上がりで、健康は大丈夫か。」
  選挙戦の間体がもてば、十分健康です。
  頑張りすぎて体を壊さないよう気をつけてあげるべきです。
  何より、健康過ぎる悪意の人より、少々不健康でも善意の人がいい。

■「痴呆の心配がある。」
  あの状態が痴呆症なら、日本の老人はみんな痴呆症です。
  被選挙権を70歳以下と選挙法を変えなければいけません。
  少なくとも、欲ぼけ石原元知事や森元首相より遙かにましです。

■「演説が短か過ぎる。」
  政治家は言葉でしっかりと思いを伝えろという気持ちは分かります。
  じっくり長い演説を聴きたいでしょうが、いいじゃないですか。
  ウソやはったりだらけの長い演説を聞くよりましでしょう。
  いろんな事情もあるだろうし、思いを伝える場面は他にもあります。  

■「政党(特に民進党)に振り回されて、ロボットになっている。」
野党共闘の候補者として立っているので、自分の思い通りにはなりません。
ある程度は仕方がないと思ってあげましょう。
何しろ中心があの民進党なのですから。
また、小池氏も増田氏も明らかに自民党の利権を守るロボットです。
同じロボットでも、都民の方を向いているロボットの方が十分ましです。

■「これまでのジャーナリストとしての鳥越さんとイメージが違う。」
鳥越さんが上杉隆さんのように単独で立候補していたら、
自由な立ち振る舞いができたかも分かりません。
でも、鳥越さんは勝つために、不自由な野党共闘推薦の道を選びました。
じゃあ皆さん、鳥越さんらしくないといって誰を選ぶのですか。
上杉さんを選んで自己満足するのですか。
それとも、小池氏を選んで敵側に回るのですか。

■「女性問題が浮上している。」
どう考えても、週刊文春は卑劣で、選挙妨害です。
また、明らかに自民党の意向を汲んでいます。
この問題は選挙期間中は無視するに限ります。
週刊文春は、鳥越さんが知事になった後で社運を賭けて戦えばいい。

みなさんにぜひお願いしたい。
今は選挙という戦争中です。
鳥越さんが負ければ、小池氏が知事になります。
選挙前に言っていたことを平気で覆し、
自民党と手を取り合って利権あさりをし始めます。
自分の気持ちが押さえられないからといって、
都民ではないので投票できないからといって、
知らず知らずに鳥越さんを後ろから撃っていれば、
結果的に安倍政権のお手伝いをすることになってしまいます。
みなさんはその覚悟をして批判しているのですか。

選挙は理想を選ぶものではありません。
少しでもましな方、少しでもダメさ加減が少ない方、それを選ぶ行事です。
そして、選挙の結果が出た後は、主権者として言いたいことを発信しましょう。
それまでは、しばらく我慢をして見張ってやっていて下さい。


スポンサーサイト