神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



東京だけの問題ではない、知事選挙。
鳥越さんが都知事選に出馬すると発表されたとき、
「ああ、これで勝てる。」と確信しました。

これまで、石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏、舛添要一氏と続いた東京都知事。
差別、暴言、職場放棄、「新銀行東京」詐欺、賄賂、浪費、オリンピック利権疑惑など、
知事として以前に、人間として到底信頼できない人たちでした。
それに比べ、鳥越さんは著名な真のジャーナリストです。
やっとまともな人が知事になってくれると安心しました。

ところが、そこからの展開は私の予想外でした。
反自民で野党共闘支持の人たちがすぐさま鳥越さんに集結するかと思ったのですが、
それほど簡単に事は運びませんでした。
この問題は今回の都知事選だけの問題ではなく、
これから引き続き展開される、全国の野党共闘にも必ず影響があるはずです。
もう選挙戦の最終盤ですが、この問題を少しははっきりさせてなんとか知事選に勝利し、
これからの選挙にも生かしたいと考えています。

まず驚いたのは、小池百合子氏を反自民の旗手だと多くの人が錯覚させられた事です。
「自民党をぶっ壊す。」と言いながら、自民党をより大きくより悪質にした、
かの「小泉マジック」の2番煎じの手法に、まんまと多くの人が騙されています。

自分たちの暮らしを委ねる都知事選びに際して、少しぐらいは調べてほしいものです。
小池氏は、極右翼の人と親交が厚く、大きなカルト宗教とも仲良しで、
核武装論者であり、原発推進派であり、お金にまつわる疑惑は山ほどあり、など・・・
ほんの少しの手間でいくらでも正体を垣間見ることができます。
それでも支持したいう人は、勿論そうするのは自由です。
ただ、主権者としての努力をしないで、「小池フィーバー」に参加している人達について、
こんな言い方はしたくないけれど、あえて言います。
ここまで鈍感で、こんなに単純に取り込まれてしまうのは、
哀れと言うより無知という罪悪です。

もう一つ、大きな予想外がありました。
それは、野党共闘を支持して後ろから応援するはずの人達から、
鳥越さんに対するブーイングが起こったことです。
多少あるとは想像していましたが、予想を遙かに超えました。

まずは、今でも宇都宮さんにこだわり続ける人たちからのブーイングです。
何故宇都宮さんは鳥越さんに、統一候補の座を譲ったのでしょうか。
鳥越さんの方が勝つ可能性が高いと、そう判断したからではないでしょうか。
また、能力も政策面も鳥越さんになら譲ってもいいと判断したからではないでしょうか。
今更、能力が問題だとか、降ろし方が気に入らないとかグズグズ考えるのは止めて、
お互いきっぱりと、勝つことだけを唯一の目的にしましょうよ。

次に周りからの野次馬的・理想論的なブーイングについてです。
■鳥越さんは政治手腕に疑問がある。
■ジャーナリストは政治家に向いていない。
■もっといい候補者がいるはずだ。

などなど、いろいろありますが、私の言いたいことは1つです。
だったら、立候補の届出の前にあなた方の理想とする候補者を連れてきて下さい。
それも、自民・公明の連合軍を相手に勝てる候補をです。
できなかったではないですか。それが今の現実です。
だったら、届け出を締め切った後からいろいろ言うのは見苦しいというものです。

また、こんな批判もあります。
■こんな選挙は理想の選挙ではない。参加する気になれない。

戦後のアメリカ軍の占領下、自民党と官僚はアメリカ様の意向を汲んで、
自分の頭で考えない、お上に黙って従う、便利な国民を教育・生産してきました。
日本国民は先進国の中で、もっとも自立レベルの低い主権者です。
そのせいで、石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏、舛添要一氏が選ばれてきたのです。
口先ではいくらでも、「こうあるべし。」という理想論を唱えることができます。
しかし、日本国民が賢い主権者になり、選挙をまともな行事にするためには、
これから来るいくつかの選挙で自民党を打ち破り続け、
アメリカの意向を汲んで仕事をする官僚を、国民に従わさなければなりません。
無責任に今の選挙を批判していればいいという、そんな簡単な問題ではありません。

都知事選のことに話は戻ります。
私が考えるベストの候補者は、小沢一郎氏です。
誰でも知っているほど有名で、政治手腕は日本一。
こんな最適な知事は他にいないと思っています。
しかし、小沢さんは引き受けてはくれませんし、頼めません。
東京だけでなく、日本全体が必要としている人だからです。

小沢さんがダメなら、次に考えられるベターな人、
それが、今回の鳥越俊太郎さんです。
今私たちの頭で考えられる中の、一番素晴らしい人が立ってくれているのです。
何をガタガタ言っているのですか。自信を持って都民に勧めましょう。

正直でまっすぐな鳥越さんが当選しないと、
ウソで塗り固めた自民党お抱え候補が知事になってしまいます。
単に東京だけの問題ではありません。
必ず私たちが住む地域にも、大きな影響をもたらすでしょう。

東京のみなさん、迷いを吹っ切って、
まともな人を知事にして下さい。

スポンサーサイト
マスコミは戻れない所へと、ドンドン遠くへ行ってしまった。
オヤ? ええー! まじー! 何じゃ、これは?
思わず驚きの声が出てしまう、都知事選での小池百合子フィーバー。
マスコミの宣伝ですから、どこまで信用できるか分かりませんが、
これまで仲間だと思っていた人まで、あちらの輪に入っていたりして、
何か理解不可能なる現象が東京で起きている模様。

この不可思議な「小池百合子マジック」は、マスコミの全面協力なくしては語れません。
と言うより、マスコミからの安倍自民党への献上物です。
手法は簡単で、小池氏に有利な事は大げさに宣伝し、不利な事はひたすら隠し通す。
これを恥ずかしがることなく躊躇することなく、忠実に実行しているのです。
今日も今日とて、「小池氏は自民党本部ではなく、自民党都連に対して抵抗しているのだ。」
なんていう、どうでもいい茶番劇を大げさに演出してあげています。
お役目ご苦労様です。

もし、仮に、
都民の側に立ってジャーナリズムの使命を果たそうとするマスコミがあれば、
都知事選で本当に果たすべき役割は、
小池氏のウソとごまかしの厚化粧を、ベリッと剥がしてあげればいいだけのことです。
例えば、
小池氏の憲法に関する見解はこちら ー→ 小池百合子氏のツイッター
小池氏と日本会議との間柄については、ここち ー→ リテラ
小池氏がお金に関してきれいか汚いかは、こちら ー→ Everyone says I love you .
新聞社ならこんな情報、腐るほど持っているでしょうから、
これらの真実を、普通に都民に提供すればいいだけの話です。
なのに、マスコミは本来の仕事をしようとしません。
健闘しているのは、日刊ゲンダイを初めとする一部の新聞や雑誌、
そして、良心的なネットの発信者ぐらいのものです。
大手マスコミは都民にとって大事な情報を、何故に出さないのか、何故、なぜ、WHY?

にもかかわらず、
どうして鳥越さんのネガティブ・キャンペーンには、喜々として参戦するのでしょうか。
鳥越さんはあなた方マスコミの、輝ける先輩ではないのですか。
あなた方がどんどん腐敗していくその間も、歯を食いしばってジャーナリズムを守ろうとした、
貴重なジャーナリストの一人ではなかったのですか。
その人が高齢にもかかわらず、数年前に大病をしたにもかかわらず、
都民のためにと迷い考え、立候補を決断したのです。
自分たちの先輩に敬意を表し、陰ながら応援するのならまだしも、
その人の足を引っ張って引きずり降ろそうとするのは、
とうてい許しがたい仕打ちです。

マスコミを見ている一部の人には、まだこう思っている人がいます。
「腐っているのは上の方だけで、現場はまだ頑張っている。」
私はそうは思いません。
今の大手マスコミは想いも誇りも責任もかなぐり捨て、
十分なほど長い間、確信的に汚い仕事をやり続けてきました。
今現在の沖縄における安倍政権の蛮行に対しても、
腰が引けてしまって、キチンと報道する勇気を持っていません。
残念ながら、現場もすっかり腐り果てています。

もう、あなた方大手マスコミは、まともなジャーナリストには戻れません。
政府や電通ごひいきにして頂いている、ただの広報宣伝会社です。
もし幸運にも、これから日本に本物のジャーナリズムが生まれて来るとしても、
今の大手マスコミに棲む人たちは、誰一人その中に入っていないでしょう。
あなた方の手は汚れすぎです。

マスコミは読み手や聞き手から離れ、ずいぶんと遠くへ行っててしまったものです。
そしてとうとう、
これから私たちが世直しのために倒さなければならない相手の、
ど真ん中へと入り込んでしまいました。


沖縄でのえげつないやり方と、東京でのいやらしいやり方
参院選は終わりました。次の国政選挙は自民党の都合で決められます。
しばらくは選挙民の目を気にする必要はなくなりました。
自民が負けた沖縄には、情け容赦なしです。
都知事選挙への影響は? 
大丈夫、都民は遠い沖縄に関心などありません。
さあ、安倍自民党は磨いていた牙をむいて、GOサインを出しました。
「沖縄なんぞ力ずくで押さえ込んでしまえ。刃向かう者は容赦するな。」

下は山本太郎さんが、7月25日現場の沖縄見高江で抗議をしている映像です。
高江の状況は田中龍作ジャーナルでも詳しく報告されています。



安倍政権は何でもやります。平気です。
沖縄県の人達は永い苦節に耐え、今は賢く強くなっています。
自民党政権お得意の、ごまかし作戦や札束作戦はここでは通じなくなっています。
自民・公明の欲にかられたロクデモナイ議員は、全員蹴落とされました。
彼らに残る方法は、最後の「なりふり構わずやってしまえ作戦」です。
おそらく禁止事項は「発砲するな。爆弾は使うな。」ぐらいで、他は何でもありです。
私たち同じ国に同じ時代に生きる人は、彼ら同胞の命を守らなければなりません。
沖縄はそこまで切羽詰まっています。

一方、東京都は沖縄県と違って、一見お花畑の世界です。
代々の知事が不正を働いたり、お金に汚かったりで辞めさせられた後にも関わらず、
同じ種族かもっと醜い部族の候補者を持ち上げてしまっています。
小池氏が反自民の候補? 冗談にも程がある!
増田氏以外の候補者を、本人や親族が応援した場合除名するというのに、
自民党籍を残したまま立候補した小池氏を除名しないのは、何故、なぜ?
この規則でいけば、自民党員の小池氏は自分で自分を応援できない事になります。
この理屈を、中学生に説明できる自民党員がいるのでしょうか。

小池氏が鳥越さんよりも能力がある? おいおい、ちっとは調べてみておくれ。
与党でいろんな役職に就いていたたあの人が、いつどこで国民を大事にする政治をした?
想いも能力もなく、出世欲だけがある、最も政治家になってはいけない典型的な人、
それが小池氏の実体です。少しは人を見る目を養って下さいますように。

それに加えて下品なりスキャンダル作戦をぶちかましてきました。
本当に卑劣なやり方です。こんな見え見えのいやらしい作戦に乗ってはいけません。
これで離れる都民は、病的な潔癖症か、他人のもめ事大好き人間です。
それでも、この見え透いたやり方で女性票を減らしたと聞きます。

安倍政権は、こんな子供ダマシに引っかかって小池氏を持ち上げてしまう都民を、
沖縄県民と比べてなんと騙しやすい国民だろうと思っていることでしょう。
そして、宇都宮氏から小池氏に振れてしまう、頭でっかちで世間知らずの都民を、
なんと扇動しやすい、分断しやすい単純な国民だろうと思っています。

ほとんどの東京都民は、自分たちは特別区に住む特別な国民だと思っているようです。
沖縄のこと、福島のこと、東北のこと、熊本のことを、そこに生きる人を、
いっしょに社会を国を作り上げている仲間とは思っていないようです。
豊かで物があふれていて、大きな困りごとに巡り遭えないせいで、
自分たちは民主主義を体現する主権者だという自覚がないようです。

ただそれは、大阪市や私の住む神戸市も同じです。
都会の人間は民主主義に鈍感です。
沖縄のこと、福島のこと、東北のことに実感がないので、
何も実体のない「おおさか維新」などに騙されてしまうのです。
関西の結果を差し置いて、東京に口をはさむ資格はありません。

それでも、それでも、お願いです。
今回の都知事選で鳥越さんが知事になれなかったら、
選挙による民主主義の確立が大きく後退します。
もう、一首都の問題ではありません。

自民党が勝って安倍政権がますますつけあがれば、
沖縄での「力ずく」は余計にひどくなります。
福島は救済どころか、利用されて捨てられます。
東北はほったらかしです。
東京はオリンピック一色になり、都市は栄え地方はすたれ、
日本は足腰の弱った老国家となり、やがて静かに枯れていきます。

この選挙は大きな分岐点です。
東京のみなさん、
全国が見渡せる高いところに立って、どうか賢明なご判断を。



お願いだ、鳥越さんを後ろから撃つのは止めてくれ。
東京では知事選の戦いの真っ最中です。
巨大首都のことですので、他府県の人間も無関心ではいられません。
また、SNSの世界でも空中戦が戦われています。

ここんところ、そのSNS上でどうしても気になることがあります。
反安倍首相、反自公政権のはずの皆さんで、
鳥越さんに対するボヤキが多すぎやしませんか。

もう選挙戦は始まっています。
勝つのは、事実上3人のうちの1人。
もっと絞って言えば、鳥越さんか小池氏です。
そのことを考えて発信してもらえませんか。

■「宇都宮さんの方がよかったような。」
  それは選挙前に言うことで、今は決着がついてます。
  いまさらグジグジ言うのはみっともない。

■「病み上がりで、健康は大丈夫か。」
  選挙戦の間体がもてば、十分健康です。
  頑張りすぎて体を壊さないよう気をつけてあげるべきです。
  何より、健康過ぎる悪意の人より、少々不健康でも善意の人がいい。

■「痴呆の心配がある。」
  あの状態が痴呆症なら、日本の老人はみんな痴呆症です。
  被選挙権を70歳以下と選挙法を変えなければいけません。
  少なくとも、欲ぼけ石原元知事や森元首相より遙かにましです。

■「演説が短か過ぎる。」
  政治家は言葉でしっかりと思いを伝えろという気持ちは分かります。
  じっくり長い演説を聴きたいでしょうが、いいじゃないですか。
  ウソやはったりだらけの長い演説を聞くよりましでしょう。
  いろんな事情もあるだろうし、思いを伝える場面は他にもあります。  

■「政党(特に民進党)に振り回されて、ロボットになっている。」
野党共闘の候補者として立っているので、自分の思い通りにはなりません。
ある程度は仕方がないと思ってあげましょう。
何しろ中心があの民進党なのですから。
また、小池氏も増田氏も明らかに自民党の利権を守るロボットです。
同じロボットでも、都民の方を向いているロボットの方が十分ましです。

■「これまでのジャーナリストとしての鳥越さんとイメージが違う。」
鳥越さんが上杉隆さんのように単独で立候補していたら、
自由な立ち振る舞いができたかも分かりません。
でも、鳥越さんは勝つために、不自由な野党共闘推薦の道を選びました。
じゃあ皆さん、鳥越さんらしくないといって誰を選ぶのですか。
上杉さんを選んで自己満足するのですか。
それとも、小池氏を選んで敵側に回るのですか。

■「女性問題が浮上している。」
どう考えても、週刊文春は卑劣で、選挙妨害です。
また、明らかに自民党の意向を汲んでいます。
この問題は選挙期間中は無視するに限ります。
週刊文春は、鳥越さんが知事になった後で社運を賭けて戦えばいい。

みなさんにぜひお願いしたい。
今は選挙という戦争中です。
鳥越さんが負ければ、小池氏が知事になります。
選挙前に言っていたことを平気で覆し、
自民党と手を取り合って利権あさりをし始めます。
自分の気持ちが押さえられないからといって、
都民ではないので投票できないからといって、
知らず知らずに鳥越さんを後ろから撃っていれば、
結果的に安倍政権のお手伝いをすることになってしまいます。
みなさんはその覚悟をして批判しているのですか。

選挙は理想を選ぶものではありません。
少しでもましな方、少しでもダメさ加減が少ない方、それを選ぶ行事です。
そして、選挙の結果が出た後は、主権者として言いたいことを発信しましょう。
それまでは、しばらく我慢をして見張ってやっていて下さい。


オチがなかった、三宅洋平の安倍昭恵見学会
私は三宅洋平さんが好きです。
ヒゲを伸ばしていようが、だらしない格好をしていようが、そんなの関係ない。
考えていることに共感するし、話が上手いしおもしろい。
信念の赴くままに、周りを気にせずに行動しているのもいい。
根っこさえ変わらなければ、1つや2つの言動の揺れ動きで、
嫌いになったり離れていったりすることはありません。

一方、安倍晋三様は嫌いです。大嫌いです。
身内や同級生や同僚にあんな人がいたら、私は決して近寄りません。
「首相だから嫌われるのであって、個人としてはいい人かもしれない。」
てなことを言う人がいますが、そんなことはありません。
他人の迷惑を考えずに自己中心の行動をする人は、どこでも嫌われ者です。
そして、今回の主人公である首相夫人ですが、
自分の旦那が、国民を犠牲にしながらワガママ放題し放題なのに、
何も気にかけずにハシャギまわる奥さんが、いい人である可能性はありません。
よって、安倍昭恵様という人も大嫌いです。

好きな三宅洋平さんが、嫌いな安倍昭恵様に会いに行きました。
お二人は仲良く談笑し、最後に三宅さんは明恵様の夫を評価して帰ってきました。
政治を志す若者が、政敵であり最高権力者の夫人に会って仲良く話す。
このことは目くじら立てて批判するほどの問題ではありません。
ただ、私のような「生活の党と山本太郎」を支持する人間にとって、
三宅洋平さんと山本太郎さんに強く期待している私たちにとっては、
その行動から何が発信されたかは、結構シビアな問題であります。

私たちが「生活の党と山本太郎」の比例区での選挙戦に参戦しているとき、
山本太郎代表は比例区選挙には余り関わらず、三宅洋平候補に付きっきりでした。
結果として東京の票を掘り起こし、それでよかったと思っています。
ただ、三宅洋平さんがこれからも政治に深く関わる続けるのだとしたら、
山本太郎さんと小沢一郎さんに対しての仁義や、応援してくれた野党への感謝、
そして選挙フェスで集めた人とお金に対する責任があると思います。

三宅さんは面会後のツイッターで、
「俺は俺だから、何も減らない。I am what I am. 」
とツイートしていましたが、
三宅さんはもう、「俺は俺」ではなく、
「俺は俺たち、I am what we are . 」でなければならないと思います。

三宅さんは自由で才能あるパフォーマーです。
今回安倍昭恵様からのご招待があったとき、
「きっと会いに行くやろな、行ったらおもろいやろなあ。」と思っていました。
選挙期間中あれだけ楽しく感動的なパフォーマンスを提供してくれた三宅さんです。
選挙後の最初のビッグイベント、安倍昭恵首相夫人とのお見合いで、
きっと何か楽しい事故を起こしてくれるだろうと期待していました。

結果、何事もなく楽しく歓談をした後、
「あんたの旦那もなかなかええ奴やないか。」とエールを交換して終わりました。
見ていた観客はずっこけました。
「なんや、この終わり方は?期待してたのに何のオチもないんかいな。」
吉本新喜劇で言えば、椅子からずり落ちた状態です。
三宅さん、椅子からずり落ちたあなたのファンを立ち上がらせて下さい。

何も、安倍昭恵様を罵倒してこいとも、殴ってこいとも言いません。
礼儀正しくお話し合いをするのは当然です。
でも、せっかくの舞台で向こう正面をうならせるようなパフォーマンスを披露するか、
せめて何か三宅洋平らしさを残していくのが、選ばれし者の役割です。

このまま終わってしまえば、政界を揺るがすはずの風雲児が、
無自覚な悪意でいっぱいの無邪気な妖怪オバサンに、
柔道の押さえ込みで1本勝ちされたままです。
特に「安倍晋三首相は、国を思い世界を憂う国士!」とのご発言。
これからも揺るぎなく三宅洋平さんを信頼し期待していこうとする私でも、
この言葉はなかなか受け容れることはできません。

三宅洋平さん、
すぐにとは申しませんが、できるだけ早いうちに、
ずっこけてしまった私たちを起こして頂けるよう、
切に切にお願いする次第でございます。

選挙ビラ配りの、こちら側とあちら側
もう参議院選挙の結果が出て1週間になりました。
生活の党が比例区で1議席獲れるように、
できる範囲で選挙ボランティアに参加しました。
結果、うれしい事に比例区で生活の党が1議席を獲得しました。

その選挙ボランティアに参加していたときに思ったことです。
タイトルのこちら側とは、私たちビラ配りをしている人たち、
あちら側とは、突然選挙ビラを差し出された人たちのことです。

選挙結果によっては、日本国憲法が変えられるかもしれない重要な参議院選挙。
普通の民主主義国なら高い関心があって当然のイベントです。
選択の参考にしてもらおうと、私たちは政党ビラを差し出します。
すると、目の前にいる選挙ビラを持った人間に対して、
邪魔者扱いでよける、冷ややかに無視する、そもそも前が見えていない、
ほとんどの人は見事に関心がありません。
怒ったり討論を仕掛けられる方がよほどましです。

私は冷たい反応には慣れているので平気です。
10人に1人、数10人に1人受け取ってもらえればうれしいものです。
ありがたいことに、100人に1人ぐらいは激励の言葉をかけてくれます。
それでもやはり思います。
ビラ配りのこちら側とあちら側の温度差は大きすぎる。
この温度差がなくならない限り、民主主義の国にはなれない。
ロクデモナイ政治家に国を任せたまま、この国はゆっくりと滅びていくだろう。

ビラ配りのこちら側とあちら側の温度差は、双方に半分づつ責任があると思います。
正直、選挙に関心のない人たちを見ていると腹が立つこともあります。
余りにも鈍感、余りにも無責任、余りにも自己中心。
ちっとは他人のことや社会のことを考えろと言いたくなります。
それでも、そんな人間を作り出したのは私たちの社会です。
主権者として社会人としての責任などの教育を受けたことがありません。
マスコミも政府も大事なことは隠したままで、平気でウソまでつきます。
そもそも国の方針は「国が考えるから、お前達は考えるな。」です。
それを理解して、私たちは怒らず・あせらず・あきらめずで、ビラ配りをする必要があります。

ビラ配りのこちら側にも責任があります。
目的地に向かって道を通っていると、突然「これを読め」と目の前にビラが来る。
人間は予定行動を遮られると不愉快になるもので、嫌がられても仕方がありません。
また、毎日汲々として暮らしている人には、選挙活動などのボランティアをしている人を、
うらやましく、疎ましく思うこともあると思います。
確かに、半分は選挙活動は自己満足です。自分のためにやっています。
自分のために他人に押しつけているという自覚は、ある程度必要だと思います。
上から目線にならないよう気をつけなければいけません。
それでも、半分は明らかに他人の幸福のため、社会のためです。
謙虚さと共に自信と勇気を併せ持つことが必要です。

ビラ配りのこちら側とあちら側の温度差をなくすには、まだまだ長い時間がかかりそうです。
阿倍政権で今より遙かに劣悪な環境になって、すがるようにビラを受け取る。
そんなひどいことになる前に、少しでも早く温度差をなくして、
こちら側とあちら側で手を組みたいと思っています。

今の「お前らは考えるな、俺たちエリートに従え。」という国の方針を変えていくために、
国民が政治に関心を持って本当の主権者になるためにも、
結局は、政権交代が必要だという話になってしまいます。