神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



まず「生きる・暮らす・学ぶ」を保障しろ。話はそれからだ。
私たち国民は国にお金を払って、政治家と公務員を雇い国の運営を任せています。
私たちが金を払って、国にやってもらおうとする基本的な要求は、簡単です。

「国民が安全に生きるられること」
「みんなが最低限のまともな暮らしができること」
「希望する者は学ぶ機会を持てること」
これだけです。

GDPが何位だろうが関係ない。
国際収支が+だろうが-だろうが、どっちでもいい。
G7のメンバーや、国連の安保理常任理事国なんてならなくていい。
TPPに入らなくとも、どこの国とも仲良く商売すればいい。
オリンピックなんて、どこの国でやろうが関係ない。
世界遺産にいくつ登録されようが、特に興味はない。
どこの国の戦争にも、あんまり関わりたくない。

そんなことより、「生きる・暮らす・学ぶ」だけを保障してくれればいい。
これができなければ、国を造った意義がないし、
これが満たされないなら、国に金を払う意味がない。

今、私たちの国を見渡してみると、
「最低限の暮らし」は保障されていません。
日本は世界で3番目の金持ち国だって。
そんな国でどうして、国民の貧困が放ったらかしにされているのでしょうか。
安倍自民党が、国民の貧困などに興味も関心もないからです。
日本が真剣に国民の貧困に向き合おうとすれば、愚かな消費税など持ち出さず、
アメリカに貸してある大金を、命を賭けて返してもらいに行くはずです。
安倍自民党は国民の生活より、アメリカ様のご機嫌が大事。
自国民より外国への従属を優先する国は、独立した国ではありません。

「平等に学ぶ機会」も、日本にはありません。
現実として、十分な教育を受ける権利は金持ちだけにしかありません。
教育は貧富の差で選別するのではなく、意欲と能力に与えられるものです。
国の未来を思い、教育は国の基本という考えを持てない国に、将来はありません。

その上、安倍自民党は「国民の生命の保障」まで投げだそうとしています。
「安保関連法」の強行採決です。
日本を守るためではなく、アメリカの戦争に国民の生命を捧げようとしています。
「生きる・暮らす・学ぶ」を国民に保障できない、安倍自民党率いる国家は、
私たちにとって、もう国と言えない代物です。

そこで、他の野党です。
国民が「生きる・暮らす・学ぶ」を保障されていないこの状況で、
いったい何をチマチマしているのでしょうか。
共産党の身を捨てての呼びかけに対して、生活・山本太郎と社民党はすぐ反応しました。
当たり前です。この3党は国民の置かれた惨状をよく理解しています。
他の党は、この国の惨状見ていながら何を迷うことがあるのでしょう。

政党の名前など何でもいい。党首がだれでもいい。
今の与党連中がマトモな政党でないので、他の政権に変わって欲しいだけです。
国民の最低の要望「生きる・暮らす・学ぶ」を保障してほしいだけです。

今が政権交代のビッグチャンスなのではないですか。
マトモデナイ党首率いる自民党と、憲法違反の宗教政党が暴政を敷いているのです。
こんな酷い状況はめったにありません。国民の怒りもふつふつと沸いています。
この機会を逃す政治家は、政治家など辞めた方がいい。
それでも動かないのなら、実は隠れ与党で野党ではなかったとばれますよ。

今は、それぞれの政党と政治家の本当の姿が暴かれる時です。
世襲や金儲けのために政治家になった人、信念のない風見鶏のような人は、
早い内にあきらめて政治家から身を引いた方が賢明です。
これからの激動の時代には、いい加減な人を養っておく余裕はありません。
これからも政治家として生き抜いていこうとする人は、しっかりと国民の側に立つのか、
国民を敵に回してでもあくまで利権を求めていくのか、決断をしなければなりません。
中途半端な存在では、生きる場所はありません。

政治家だけでなく、私たち国民にも試練が待っています。
最低限の「生きる・暮らす・学ぶ」を手にするために、闘う気概があるかどうかです。
国民の共闘なくして、政治家の活動はありえません。
まして政権交代のためなら、強力な国民の後押しがいるでしょう。
これからは、「闘わずして手にいるものは無し。」
私たちは、そう考えるしかありません。
ああ、しんど。


スポンサーサイト
橋下徹に関わるのは、時間と金と感情のムダ。 早く次の段階へ。
大阪の暴君「自己中市長」の乱暴狼藉は、留まるところを知りません。
橋下徹と大阪維新の仲間達の行状は、とっくに政治という舞台から離れ、
ハシモト新喜劇いうレベルをも通り過ぎ、今では犯罪行為へとたどり着いております。
「自分が作った党が自分の言うことを聞かないのなら、そんな党は潰してやる。」
全て自分のせいなのに、そう思って勝手に怒り狂っているのでしょう。

関西のテレビ局は、橋下徹をいじくっていれば視聴率を稼げると思っているようですが、
これ以上「橋下徹劇場」につきあわされるのは、時間とお金と感情の無駄というもんです。
我々関西人は、あの顔のアップはゲップが出るほど見飽きております。
あの口から出るその場限りのウソには、もう何の説得力も神通力も感じません。
「言う事やる事がグジャグジャで、下品過ぎて見るに堪えられん。
 また同じ事の繰り返しで、今更怒る気にも悲しむ気にもなれん。
 ムダに使い込んだ金はもうええから、早いこと我々の前から消えてくれ。」
そんな気持ちにさえなっております。

それでも、関西の一部の支持者には未だ根強い橋下人気があるようです。
その上、「幻の橋下人気」を作り上げたのは自分たちマスコミだという自負もあって、
橋下徹を担いで世間に迷惑をかけた事を、マスコミは反省する気は無さそうです。
全国的に新聞やテレビの品性の下劣さが批判されている昨今、
特に大阪のテレビ局は、「日本の○○壺」「下品の極み」と思われております。
ほんまに関西のテレビ界は、限りなく情けない状態でございます。

見渡せば、橋下徹の愚行・悪行は数限りなくあります。
まず、大阪は「都構想」などという訳の分からないもので、くちゃくちゃにされました。
財政も教育も府・市職員の士気も、今やボロボロです。
彼らを追い出した後、大阪の立て直しをするのにいったい何年かかることでしょう。
また、全国的にも「維新」という訳の分からん政治団体が生み出されたことで、
自民・公明党からの政権奪回という運動が、随分回り道をさせられました。
1人の「自己中政治家」とお友達による被害は甚大です。

その橋下徹の残した罪悪の中で私が一番問題に思っているのは、
橋下徹の下品な言葉や行動によって、政治や選挙活動を本来と違う形に歪められたことです。
橋下徹は、公務員叩きというお祭りによって、政治に無関心だった人たちを釣り上げました。
政治に対する期待や希望にではなく、人々の「ねたみ」や「ひがみ」等の劣情を刺激しながら、
支持者を集めてきました。有権者をバカにした汚い手法です。
こんな手法で橋下徹の下に集められた人たちは、橋下徹が口先だけの詐欺師だと気がついた時、
もう政治や選挙には近づいてこないでしょう。

また、橋下徹には欺されなかった他の人たちにとっても、橋下徹の言動を見聞きすることで、
「政治なんて汚いモンや。政治なんかにまともに関わるもんやない。」
「橋下徹みたいなもんが大物政治家になるなんて、世も末や。」
そんな風に思って、比較的真面目な人でさえも選挙から離れていくことになりました。
ただでさえ低い投票率のだめ押しになります。

また、橋下徹は結果的に有権者を分断することにもなったと思います。
橋下徹に煽られて「公務員叩き」に参加して騒ぎまわる人たちと、
そんな橋下徹に踊らされている人たちを、バカにして軽蔑する人たちです。
この対立も、なかなかやっかいな問題です。

私も確かに、「橋下徹を支持するようなアホな連中とは付き合えん。」と思っていました。
橋下徹や安倍晋三を支持する人たちとは、一生話すことはないと思っていました。
でも、それでは世の中変わらないのですね。今は反省しております。
確かに橋下徹や安倍晋三は、過去の言動からして一生許し難い人物です。
しかし、彼らの支持者とこれから交流できるかどうかは、また別の問題です。

橋下徹にも、私たちが認めざるを得ない政治能力や人を引きつける力があります。
私は彼を絶対許すことはありませんが、彼を支持する人がいることは理解します。
彼を支持していた人たちも、何かの機会に別の視界が開けたとき、
私たちと同じ方向の目標を持つ可能性があると思っています。

地球は人を区別して乗せている訳ではありません。
安倍晋三追放や、政権交代や、本物の民主主義を実現するためには、
せっかく同じ地球の上で、同じ時代に同じ地域に暮らしている者として、
何とか一緒になって働けることができればと思っています。

まもなく大阪では、知事と市長のダブル選挙があります。
大阪の皆さん、完膚無きまで橋下徹と大阪維新を叩きつぶすようお願いします。
対抗政党が自民党だというのが、何だかこそばゆい感じですが、
とにかく橋下徹を追い落とすのが優先課題です。
同じ関西圏として神戸からも応援したいと思っております。



「下着ドロ」が大臣やってもええやないか。そんなことより、
安倍晋三に直接文句を言えないもんで、手下を小バカにしてウップンを晴らす。
今マスコミが火を点け、ネットが盛り上がっているのは、そんなことです。
かつて下着泥棒をやった人間でも、万引きをした人間であってもええやないですか。
殺人とか強姦とかはさすがに考えますが、かつての犯罪者であっても、
いまは政治家として有能であり、国民の為にしっかり働く人間であるなら、
大臣になってもらってもちっとも構いません。私はwelcomeです。

安倍内閣の大臣を批判するには、安倍内閣の公約の内容とその公約を守っているか、
公約の実行に適正な人事を行っているか、それらを見るべきでしょう。
全ては×なので、それを厳しく非難するのは理解できます。
確かに、安倍内閣の閣僚は人間としても劣悪な人が集まっています。
あきれ果てて、文句の1つも言いたくなる気持ちは分かります。
しかし、低俗なレベルで国民の劣情を煽って批判するのは、やはり下品な方法です。
親分がアレですから、マトモナ人間が集まるはずはありません。
安倍内閣にいちいち腹を立てていくのは、無駄なことです。放っておきましょう。

また、見かけだけや分かり易い低俗なレベルで政治家を判別していると、
本当は最も警戒するべき政治家、一見誠実そうで演技の上手い「新自由主義者」、
小泉2世の進次郎坊ちゃま辺りに、コロッと欺されかねません。
そうなれば、一段と大変な状況になると思われます。

そしてそれよりも、今私たちが一番注目しなければいけないのは、
腐り果てていく「自民党」や、マトモな集団ではない「大阪維新」ではなく、
ほんの少しのマトモな人間と、アメリカの手下の準自民党の幹部達と、
あとは連合にもたれかかったデクの坊の大集団である「民主党」です。
「安倍晋三と腐った仲間たち」のことなど横に置いておいて、
民主党に巣喰う、野党連合を邪魔することをお仕事にしている人たちのことを、
もっと注目して騒ぎ立てる必要があると思われます。

ひところ静かにしていた、アメリカや自民党からの派遣党員である、
前原さんや長島さんがここに来て、元気を取り戻してきました。
彼らは今、任務遂行のまっただ中です。
まさかの共産党からの申し入れに、彼らは驚いたでしょう。
敵は小沢一郎とその流れを汲むリベラル議員だけだと思っていたら、
志位和夫やSEALsや、目覚めた女性まで相手にしなくてはいけなくなりました。
連携分断という彼らのお仕事を、私たちの力で極力邪魔してあげましょう。

維新の分裂も加わり、流動する中で野党連携がどこまで実現できるか、
これから絶望と希望との間で、日本の政治も日本自体もさまようことになるでしょう。
決めるのは動かすのは、私たち有権者です。
「下着ドロ」など放っておいて、常に大事なことに目を向けていたいものです。

それにつけても、安倍内閣といい橋下維新の議員といい、
よくこれだけ、ロクでもない人たちが集まったものですね。
ホント感心しました。


民主主義をサボリ過ぎたから、安倍晋三がやって来た
外国旅行が大好きな安倍晋三さんは、世界を飛び回っています。
国連に出かけて行って、世界の首脳と同じように演説したりしています。
そんな時はどうしても、世界の首脳と安倍晋三さんを比べてしまいます。

オバマ、プーチン、習近平、メルケル、・・・・・
国家を背負っている人たちですから、いいこともするし悪いこともするし、
単純な善・悪で測れないし、まして好きか嫌いだけで評価はできません。
とりあえず、頭のすこぶるよい切れ者であるのは間違いなさそうです。

それに比べて、我が国の総理大臣:安倍晋三さん・・・・・
どうひいき目に見ても、レベルが2段も3段も下です。
安倍晋三さんが、日本の知の代表者であり、日本人の人格の代表者であるなど、
口が裂けても言えません。情けない限りです。

しかし、ここで私たちが自覚しなければならない、大事な事実があります。
安倍晋三さんは、突然空から舞い降りて来たわけではないということです。
地殻変動で起きた地震や津波のような、不可抗力の自然災害ではなく、
原発事故のような、あくまで100%人災だと言うことです。

江戸時代末期、欧米の列強に国をこじ開けられた明治維新の後、
私たちは立憲主義や民主主義の卵のようなものを外国から授けてもらいました。
戦争や弾圧を繰り返しながら、さまざまな紆余曲折を経て、
ようやく1945年からはちゃんとした民主主義を始められた。
そして、それから70年、曲がりなりにも民主主義でやってこられた。
いままでず~っと、そう信じ込んできました。

これが実は大きな錯覚だったようです。
民主主義の一式の道具はもらったけれども、魂は入っていませんでした。
また、民主主義は常に磨いたり修理したりしなければいけなかったのに、
その方法を教えられなかったし、考えもしなかったのです。

その、見せかけだけのニセの民主主義の末期として、安倍晋三を招き入れたのです。
安倍晋三は私たちの民主主義の映し鏡です。
安倍晋三の愚かさを言うとき、私たちの民主主義の幼さを思わなければならないでしょう。
安倍晋三の傲慢さに怒るとき、私たちの怠惰を悔やまなければいけません。

戦争責任を日本人自らが断罪しなかったせいで、戦犯の岸信介は復活してしまいました。
旧来の身分制度を心の中に温存し、「人間の平等」が心に染み入っていなかったので、
血筋がいいという理由だけで、戦犯の孫であり悲しいほど能力に欠ける安倍晋三を、
日本の最高責任者である総理大臣にしてしまいました。

そしてもう1つ、根源的な日本の問題点があります。
高度な戦犯である岸信介を完全復活させ、孫の安倍晋三を総理大臣にさせたのも、
日本人が民主主義を実践しようとするのを、その都度その都度潰してきたのも、
全ては、アメリカとアメリカに仕える日本の官僚達の共同作業だということでした。
それを私たち国民は最近になるまで、ずっと気づかされずにいました。

また、国民主権とは何かを学ぶ機会がないまま、選挙をサボる人間が半数近くになりました。
その上、政教分離を徹底せずに放置したことで、宗教団体が政府権力にまとわりつき、
有権者の4分の1だけの支持で、アメリカべったりの独裁政治を完成させてしまったのです。

「国民は自分たちの民度に合った指導者しか持つことができない。」
この言葉が私たちの心に突き刺さります。
私たち国民の主権者としてのレベルは、いわゆる先進国の中では相当低いものです。
民主主義をサボリ過ぎて、安倍晋三政権を作り出してしまった民度なのですから。
私たちは反省を込めて、常にこのことを意識しておかなければならないと思います。

このところ、あんまり安倍晋三の国民無視が酷いので、
なんとか政治を変えていこうとする動きがアチコチで芽生えています。
日本の民主主義獲得運動への大きな1歩になると思っています。
ただその中には、安倍晋三さえ追い落とせばまともな政治が始まる。
今回の野党共闘が成功すれば、政権交代に向けて全てはうまく動き出す。
安易にそう思っている人もいるように思われます。
しかし、繰り返しますが、私たち国民の主権者レベルは、安倍晋三です。

今度の野党共闘もすんなり期待通りの形にまとまるか、まだまだ心配です。
私たち主権者が民度を上げて、政党や政治家のお尻をを押し上げていかないと、
これからの長期の闘いで成果を挙げるのは難しい事だと思います。

安倍晋三の勝ち誇ったような顔を見るのは、もうたくさんだと思う人たちは、
私たち自身がそれぞれの立ち位置からもう1歩ずつ前に踏み出していくことで、
私たちの映し鏡である、安倍晋三の顔を見なくて済むだろう。
そう思いながら、ちょっとずつ進みましょう。

「民主主義をサボると安倍晋三がやって来るぞ。」

この言葉を、これからの戒めに使いたいと思っています。