神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三の狂気に恐怖を感じた人達と、何も感じられない人達
民主主義国家だと言われていた日本において、
ほとんどの国民が反対する「安保法案」が参議院で強行採決されました。
平和国家日本が、戦争できる国に大きく転換されました。

そして、これに抵抗して老いも若きも外へ出て、何十年ぶりに怒りと抗議の声を上げています。
私もほんの少し関西で参加してきましたが、皆さんの連日の活動に頭が下がります。
この運動の規模と広がり、そして途切れる事のない持続時間の長さは、
私たちや、自民・公明の想定を遙かに超えていると思われます。
政府の下僕である公安警察が蠢き出したところをみると、
段々とこの動きに恐れを感じ出しているようです。

今、大きく悪い方向に転換する日本と、
民主主義に目覚めていい方向に動きかけた日本と、
同時に日本が2つの方向に動き出した気がします。

これまでの日本の有権者は、
「自分1人が動いたところで、世の中がそない変わるはずもないし。」というあきらめと、
「なんぼなんでも、そんな無茶苦茶なことにはならんやろ。」という安心感で、
政治には深く関わってきませんでした。
しかし、安倍晋三の再登場で空気は一変しました。

「オイオイ、コノ男ハマトモナ人間デハナイゾ。」
「コイツハ、何ヲシデカスカワカラン。」
「コノママデハ、国ハ壊サレ、命マデ奪ワレル。」
安倍晋三の狂気に、マトモな人間は恐怖を感じ出したのです。
そして、考えました。
「自民党の連中は腰抜けで、誰も安倍晋三には逆らえない。」
「公明党は平和の党だというのはウソで、権力にしがみつく利権政党だった。」
「民主党は政党の体をなしていないし、他の野党も何の役にも立たない。」
「マスコミは腐り果てて、安倍晋三の協力部隊になっている。」
「世間の大人は守りに入って、表に出て来ない。」

「もう自分たちで動き出すしか、自分たちを守れない。」
止むにやまれず、若者や子供を持った母親が立ち上がり、
これまでとは違うデモの高まりができ上がったのだと思われます。

ここで、この運動は次の段階へ進もうとしています。
安倍晋三のような狂気の人間と対峙するには、抗議とかデモだけではまだ無理だ。
選挙という場にも参加して勝っていくことでしか、止めようがないと考え出しています。
そして意外にも幸運にも、共産党から「連合政府」の提案がありました。
素直に共産党に「ありがとう。」と言いたい気持ちです。
一部では、早速次の参議院選挙では自民・公明を追い落とせると言っていますが、
事はそんなに簡単ではないと思っています。

安倍晋三の狂気に恐怖を感じたマトモな人はたくさんいましたが、
恐怖など感じていない人の方が、もっとたくさんいます。
安倍晋三の独裁政治のお陰で利益を得ている、一部の勝ち組の人。
自分はそんなに困ってないし、たいした影響もないので、無関心なたくさんの人。
貧困や過労で感覚神経も運動神経も鈍ってしまい、感じられないし動けない人。

一部勝ち組の人は、どうでもいいので放っておくとして、
無関心な人や神経の鈍った人には、働きかけなければいけません。
彼らには安倍晋三の狂気や、「安保法案」の恐ろしさを詳しく説明しても、
おそらくたいして心を動かさないでしょう。
彼らが新しい政権に期待して心を動かしてもらうには、
安倍晋三を追放し新しい政権ができることによって、「こんなにいいことができるんですよ。」
そう言って、生活の向上を目指した具体的な政策を提示することです。
そして、民主党のような裏切りは絶対しませんと心から伝えることです。

今回の「民主連合政府案」では、そこまで手当てできません。
今は「これ以上悪くなるのは、絶対止めます。」としか言えません。
野党連合が上手く動き出したとしても、一気に「政権交代」を狙うまでの、
巨大なうねりになるとは、残念ながら思えません。

それでも、今回の「民主連合政府案」は安倍晋三の狂気の政治を止めるための、
大きな契機になることは間違いないと思います。
なんとか、民主党に棲みつく寄生虫のような「安保法案」賛成勢力をねじ伏せ、
ぜひとも実現させたいものです。
そうして、何度か野党連合の選挙を積み重ねて信頼を得た上で、
「国民の生活が第一」の政策を打ち出し、もう一度政権交代を実現したいと思います。

目標は、「日本の真の独立」と「国民が主催する真の民主主義」の実現です。



スポンサーサイト
究極の判断をして安保法案に反対する芸能人と、気楽に賛成する芸能人
兵庫県明石市にある有名な市場「魚の棚」の帰り、
自民党議員の連絡事務所のような所にポスターがありました。
自民党西村衆院議員に挟まれているポスターは、津川雅彦さんです。

津川1

この芸能界の重鎮の事がどうも好きになれず、どんなにいい脚本のドラマでも、
この人が穏やかで話の分かる老人役なんかに出ていたりすると、
いっぺんに感情移入ができなくなってしまいます。
芸能人というのは、私生活の見せ方が難しい職業のようです。

このところ「安保法案」についてどう思うかで、
自分の立ち位置や考えをはっきりさせる著名人が増えてきました。
わたしはいい傾向だと思っています。
ただ、マスコミが腐敗している日本の芸能界においては、
政府に反対する意見を述べる芸能人と、政府に迎合する芸能人では、
覚悟に天と地ほどの開きがあります。

津川2

このポスターの津川雅彦さんのような方は、
世襲で受け継いだ確固たる地位があり、おそらく相当の資産もあるのでしょう。
その上で、盤石の勢力を持っている自民党政府を持ち上げるものですから、
究極の上から目線で私たちを見渡している表情です。
もう芸能界では最長老で、気遣うことなく君臨できる存在だし、
これからは読売系列の偏向番組に出向いて自分の言いたいことを言って、
無智でタルんでいる若者を教育してやろうとでも思っているのでしょう。

それに引き替え、政府やテレビや電通や無知な視聴者に反して、
「安保法案」反対の意志を表す人は大変だろうと思います。
特にまだ芸能界で盤石でない立場に居ながらも、
止むに止まれぬ気持ちで意思表示する人は本当に大変でしょう。
そういう人を応援し連帯したいと思っています。

通りがかりに見えたポスターの、偉そうな顔がどうも我慢できなくて、
つい記事にしてしまいました。



2015.8.30 日本国民は生きていた、起きていた
8月30日午後4:00、大阪の扇町公園にいました。
前回に同じ公園に集まった6月7日と比べても、人の集まり具合が全然違う、熱気も違う。
主催者発表で2万5000人、当然それくらいはいたでしょう。
多すぎてデモの出発に1時間以上かかった位ですから。

014.jpg

国会前では、全国から12万人が集結したとか。
流れて動く群衆の数は、延べ35万人とも言われています。
警察や自民党やNHKが数字を低く低く発表しても、この群衆は厳然と存在します
橋下徹ごときがイチャモンをつけても、この事実は大きな意味を持っています。
おまけにこの動きは、東京・大阪だけでなく全国に飛び火しています。

私はついこの間まで、ちょびっと選挙活動や集会やデモに参加していても、
梅雨空のどんよりとした雲の下にいる感じで、ナンダカナアという気分が拭えませんでした。
日本国民はドナイナッテンネン、まだ眠っているのか、もう死んでしまったのか、
揺り起こして動いてもらうにはどれだけの時間がかかるのか、そんな思いでいました。

しかし、今回の全国集会のほんの一部に参加してみて、
どんよりとした雲の合間から、少しだけ青い空が見えた気がしました。
日本国民は生きているし、起きているという事を、確かめることができました。
おまけにこれまでと違って、たくさんの若者の声が聞けました。著名人の声も聞けました。
思いがけず、勇気を振り絞った創価学会員の声さえ聞こえました。
これまでとは何かが違うものが動き出した。そんな気がしてなりません。

勿論、国に物申す私たちの自立活動は、まだまだこれからです。
この動きを継続して育てるのには、これからたくさんの時間と経験が必要でしょう。
また、国家にとってこの動きが手強いものだと、彼らが感じ出した時には、
どんな強引な卑劣な手を使ってでも、分裂させようと襲いかかってくるでしょう。
前途には、これから当然いろいろな困難が待ち受けているでしょうが、
まずは、国民は死んでいなかったし、眠ってもいなかったことが分かったし、
今から何かが始まるかもしれないと、そう感じられたことが大きな喜びです。

オールド左翼と呼ばれても、老犬にはまだやらなければいけない事がありそうです。
若者の盾になるもよし、荒れた道の敷石になるもよし、
私たちがこれまでサボってきたツケを、そのまま若者に受け渡すわけにはいかない。
そんなことを思った一日でした。

8月30日に、または29日や他の日にも、全国で思いを同じにして集まり、
共に歩いた人たちに、感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとう。

021.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。