神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今度ばかりは「創価学会」の皆さん、なにとぞ熟慮とご英断を
安倍晋三の「戦争法案」に対する国民の反応は、完全にはっきりしました。
よほど物わかりの悪い人か、利益関係にある人か、戦争オタクの人でない限り、
「反対!」「NO!」「アカン!」が、世代と地域を越えて圧倒的多数です。
安倍晋三が「戦争法案」を強行採決してこの方、
日本の風景が何か以前とと変わってきたような気がします。

「俺たちの戦争の手伝いをしろ。」とアメリカに命令されたマトモデナイ首相が、
自分たちも戦争ができる国になれるのがうれしくて、国民の声など無視したまま、
同じようにオツムのイカレタ取り巻き連中とはしゃぎ回っております。
そして、それを見た日本の老若男女の皆さんが初めて、
自民党の議員連中は思った以上に腐り切った政治家だと分かり、
どうやら自分達の国は独立国家でもないし、まともな民主主義国家でないと気づき出し、
「コレハ、エライコッチャ!」とばかりにデモに繰り出した。
そんな風景です。

選挙以外にも、デモという意思表示の手段もあるということが、
これから日本国中に浸透するのは、まことに喜ばしいことでございます。
私も引き続きできる限り参加しようと思っております。
ただ、今回は始末が悪いことに、安倍晋三がマトモデナイ人間であるため、
正義や理屈やデモだけでは、暴走を止めることはできません。
支持率が下がろうが、自民党が嫌われようが、次の選挙が危なかろうが、
安倍晋三におかれましては、未来のことなどお構いなしです。
あの方は、「今ボクがしたいこと」それしか頭にありません。

それでも、最近のデモの中でこれまでにない光明を発見しました。
創価学会の三色旗を堂々と掲げて、公明党に反旗を翻して参加している人達です。
これまでの「創価学会員=公明党盲従」には考えられなかったことです。
創価学会お得意の、ガス抜きのためのお芝居だと言う声もありますが、
私は創価学会の中にも、明らかに地殻変動が起き始めていると思っております。
このことは、戦争法案反対の私たちにとっても、創価学会の会員自身にとっても、
喜ばしい動きだと思っていいでしょう。

創価学会の会員の中から「戦争法案」反対の声が上がり、公明党に圧力がかかれば、
いくらロボット議員といえども少しは躊躇するってモンです。
公明党の議員数は、自民党の法案強行採決の際に大きな鍵を握っています。
もし公明党が自民党に同調しなければ、参議院でも戻ってきた衆議院でも、
簡単に強行採決することはできないはずです。
ここにまだ、かすかな可能性があると言えなくもありません。

創価学会の会員の中には、いろいろな段階の会員がいると考えられます。

まずは、純粋に日蓮上人の教えを学ぶために入信している会員。
  創価学会は教学ための最高の組織だと思っているが、公明党には深い関心はない会員。

この真摯に宗教と向き合う皆さんには、この際公明党ときっぱり縁を切って戴きましょう。
公明党は日蓮上人の教えを実践している政党ではないことが、この際はっきりしました。

次に、日蓮上人ではなく、池田名誉会長を崇拝している会員。
   池田氏の指示に従い、無条件に公明党を応援しているという会員。

何故、この教団にとって重大な局面で、絶対指導者から何の声明も出ていないのでしょう。
何とも不可思議ですが、絶対指導者からの指示がないなら自由に自分で考えろということです。
指導者から戴いた「戦争反対」という教えを、公明党にぶつけるしかありません。

その次に、創価学会の信心=公明党の応援なので、政策などほとんど分からないけれど、
     仲間と集団で信心や選挙活動をすることに、人生の生き甲斐を感じている会員。
  
確かに、生活を投げ打ってでも奉仕活動をするという事は素晴らしいことです。
しかし、いま公明党を応援するということは、安倍晋三と共に憲法をないがしろにして、
日本を戦争する国家に作り変えようとすることです。
「平和の党」の名の通り戦争に反対するか、公明党にひきずられたまま戦争を受け入れるか、
重大な試練として自分の責任で考えて決めなければいけません。頑張って下さい。

次に、創価学会を信心しているし、今回の公明党の方針も支持するという会員。

戦争法案に賛成しようが公明党を支持するという人は、それはそれで筋が通っています。
第2自民党としての地位を、「橋下維新」と競い合って下さい。
但し「平和と福祉の党」という看板は外し、「戦争と差別の党」に変えて下さい。

最後に、商売など利益関係にあるので、信心など無いが創価学会に入っている会員。
  公明党を応援するのも、商売上の方便という会員。

お金や地位を守るためには、すぐに転身するのは確かに難しい話です。
ただ、今回はこれまでと違い、創価学会に対する周りの目は一段と厳しくなっています。
そのことは覚悟して、天秤にかける必要があるかと思います。


こういう風に、勝手にいろいろ言ってはみても、
残念ながら創価学会員の皆様に届くことはなかなかありません。
しかしそれでも言いたいことは、もし創価学会が今回の戦争法案に関して間違った対応をすれば、
いい意味では寛容な、悪い意味ではあまり真剣に物事を考えることのない巷の人たちも、
創価学会員の皆さんに対して、これまで以上に厳しい態度で接してくることでしょう。
それを覚悟する必要があると思います。本気でその覚悟がおありでしょうか。

それよりも、「平和と福祉の党」という立党の精神に戻られて、
安倍晋三の戦争法案には「絶対反対!」という、国民の意志にに協力していく方が、
人々の幸福と安寧を求める宗教団体としては、よほどいい選択ではないでしょうか。

日蓮上人に導かれて、日蓮正宗の檀家であった創価学会に入会されたはずの皆様が、
幕府から弾圧を受けても仏法を護り抜いた、日蓮上人の教えの下に戻られることを、
同じ日蓮宗の流れを汲む法華宗の一信徒として、心から願うばかりです。

南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。


スポンサーサイト