神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は、軍隊を持たないリスクより、軍隊を持っているリスク
今や日本中の大半の人が、安倍晋三の「戦争法案」に反対しています。
これまでにないくらい、戦争反対の気持ちが日本で高まってきました。
それでも、「中国があ~。」「北朝鮮があ~。」と言いながら、
根強く安倍晋三を応援している人が、まだまだいます。
それに、今回の強行採決や、憲法無視のやり方には反対するけれども、
軍備拡充には反対しない人という人はもっといるはずです。

その人達は、外国が攻めてきたらという「軍隊を持たないリスク」を心配しています。
一方、私のような非武装中立を目指す人達は、「軍隊を持っているリスク」を心配しています。
本来なら、「軍隊を持たないリスク」と「軍隊を持っているリスク」との論争で、
お互いの意見を交わし合い、日本のあるべき姿を探っていくべきだと思います。
しかし、今の日本はまだまだそんなレベルに達していません。
今回安倍晋三が起こした騒ぎは、もっと未熟な「軍隊を持っているリスク」の問題です。

1つは、自衛隊は「国民の軍隊」かということです。
残念ですが、私たちの国は本当の民主主義国家ではありません。
頭のオカシイ総理大臣が、憲法や国民の意思を無視して好き勝手なことをやり、
国民がそれを止められない国を、ふつう独裁国家と言います。
そして、独裁国家の軍隊は、独裁者のための軍隊です。
その軍隊が国民を守ってくれると思うのは、悲しく大きな誤解です。
独裁者の軍隊が国民に向かう可能性が多いことは、歴史が証明しています。
これが、一つ目の「軍隊を持っているリスク」です。

次に、自衛隊は「日本の軍隊」かということです。
これも残念なことですが、日本は本当の独立国家ではありません。
この事実を疑う方は、下の本をお読みいただければ明白です。
 ◇矢部宏治著「日本は何故基地と原発を止められないのか」◇ 

日本が独立国でなければ、自衛隊はどこの国の軍隊なのでしょうか。
勿論、宗主国であるアメリカの軍隊です。
日本に憲法で非武装を誓わせ、すぐ後に矛盾する自衛隊を作らせたのはアメリカです。
全てアメリカの都合でできた自衛隊を、日本の都合で動かせるはずはありません。
さすがに、どこかの国が間違って日本の端っこを攻めてきたとしたら、
正当防衛の範囲内で、反撃くらいは自由にできるでしょう。
しかし、それ以上は日本の指揮で自衛隊を動かすことはできません。
安倍晋三やネトウヨがやりたくて仕方がない、中国とのミニ局地戦争も、
アメリカの許可無くしてはできるはずなどありません。

「個別的自衛権」だけを認めている今でさえ、アメリカの支配下にあるのに、
「集団的自衛権」を認めてアメリカと共同行動を取るようになれば、
自衛隊は完璧にアメリカの一部隊になってしまいます。
安倍晋三さんの言う「我が軍隊」ではなくなってしまうのです。
自国のためにではなく、アメリカのために命をかけて戦わされる日本の軍隊。
これが、二つめの「軍隊を持っているリスク」です。

日本が本当の民主主義国家になり、
日本がアメリカから独立できれば、
初めて日本の軍隊について、みんなで語り合って決めましょう。
それまでは、軍隊を持たずに平和外交に徹しよう。
本来なら、それが敗戦時から日本が進むべき道でした。

でも既に、今現在自衛隊という軍隊があります。
非武装の無防備では安心できないという国民が、多いのも事実です。
だったらせめて、「個別的自衛権」だけに留まっておき、
平和外交の努力を重ねながら少しずつ軍備を縮小していきたい。
そう考えています。

そのためには、何としてもまず安倍晋三を倒さなければなりません。
そして、自民党と公明党の金魚の糞議員を、脅かしておかなければなりません。
永い闘いに飽きることなく、あきらめることなく続けたいと思っています。





スポンサーサイト
安倍晋三以外の常人なら、ここまではやれなかったはず
さすが、頭がイカレテル人はやることが違う。
15日午前「残念ながら、まだ国民の理解は進んでいる状況ではない。」と答弁したすぐ後、
迷うことなく特別委員会で「戦争法案」を強行採決しました。

こんな事はなっかなか普通の人にはできません。
頭がおかしくなっているか、知的異常者か、深い恨みの底に沈んでいるか、
何か特別な事情を抱えている人間しか、迷わず悩まず怯まず真っ直ぐに、
国民を戦争へと導く法案を強行採決することはできません。
いくらアメリカからの命令とは言え、外務省の策謀があったとは言え、
この暴挙は安倍晋三の個性を抜きにしては考えられません。それも最悪の個性を。

これからの国民や野党の怒りと反発は、安倍晋三の周りの政治家達が予想した以上に、
強く激しいものになっていくでしょう。我々がそうしなければいけません。
これに絶えられる鈍感さと無神経さも、安倍晋三しか持っていません。
並の政治屋風情なら、おそらく今回の国民の怒りを受け止めることは難しいでしょう。
そうならば、国民や野党の間だけでなく、自民党内や公明党内にも、
安倍晋三に対する反発がジワジワと出てくると考えられます。

「アメリカに命令されたとはいえ、ここまで急ぐ必要があったのか。」
「戦争法案強行採決は、次の自分の選挙で命取りになるかもしれない。」
「安倍晋三はマトモな人間ではないので、言い出した限り従っていくしかなかったが・・・。」
「これでは、創価学会の会員にまともに説明することが不可能だ。」

周りの目も常に気にしながら生きていく並の政治屋は、安倍晋三のように無邪気にはなれない。
心のどこかで安倍晋三のやり方に反発を感じていたはずです。
「何が何でも国民を戦争に巻き込め。」と本気で思っている政治家はほんの少しでしょう。
これからはある意味、彼らとも行動を共にすることがあるやもしれません。

今回法案が強行採決されても、自衛隊の派遣に至るまで数々の手続きがあります。
その作業を粛々と運べなくするためには、取りあえず安倍晋三を排除する必要があります。
頭がイカレテル人間が中心にいなくなれば、ここまで無神経に悪事を進められません。
これから世の中に非戦の想いが広がり、反戦の活動が高まっていけば、
並の政治屋も少しは世論を気にして躊躇したり、選挙を考えて断念する可能性もあるはずです。
外務省もアメリカも、びびり始めた政治屋を、安倍晋三ほど簡単に操れなくなるでしょう。
これからやって来るさまざまな局面で、戦争への進軍を停滞させたり後退させたりするために、
私たちはまだまだあきらめず、抵抗を続ける必要があると思います。

このところ、世の中の流れが少し変わってきた感じがします。
できれば政権交代が望ましいですが、それほどすぐには実現できないでしょう。
しばらくは自民党・公明政権であきらめるとしても、先ずは安倍晋三さえ下ろしてしまえば、
今ほど超特急に戦争国家への道を暴走させないでしょう。
その間に私たちは、考え行動し民主主義の力を付けていきましょう。

とにかくこの機会に私たちは、安倍晋三をこてんぱんにやっつけておきましょう。
2度と安倍晋三のような頭のイカレタ人間を、国の宰相にさせないために。
2度と安倍晋三のように独裁政治をさせないために。
真の独立国になって、民主主義国家を目指すために。



政界に巣喰う妖怪たちの、それぞれの役割をウォッチング
戦争法案の強行採決に向けて、妖怪がうごめいています。
主役を演じるのは、戦争大好き妖怪「アベネトウヨニホンカイギ」。
彼らは、戦争するニホンの姿と壊れゆく日本経済の様子を陶酔の目で眺めながら、
ニホンを骨の髄までアメリカの奴隷へと導いていきます。

共演は、権力にへばり付いて利権をむさぼる「ナンミョウコウメイコウモリ」
戦争に巻き込まれようがニホンが貧しくなろうが、わが団体さえ良ければ問題なし。
宗教に化けているのは仮の姿にして、実体は政策や信条を平気でコロコロ変えながら、
ただ単に現世利益のみを追求する自己中妖怪。

相手役の中心は、表情がつかめない人造妖怪「フランケンミンシュタイン」。
いくつかの妖怪が集まってできた合体妖怪なので、いつ分解するか分からない。
最悪なことに、頭の部分の妖怪を追い出してしまったため、自分で考えることもできない。
また、合体するときにアメリカ妖怪やジミン妖怪がまじ込んでしまったため、
もっと大きく合体しようとすると、常にそいつらに邪魔をされてしまう。

訳の分からない存在で、目立つのだけが大好きな妖怪「ハシモトイシハラエダマツノイシン」。
「フランケンミンシュタイン」よりつかみ所のないない騒がしい合体妖怪で、
行き当たりばったりでくっついたため、手足も頭も別々に動いています。
また、今日言っている事と明日することが違っていても、全く平気な妖怪です。

伝統的な相手役は、自分だけが正義の味方だと思っている「キョウサンドクゼンシイ」。
早い大事な段階では現れず、いつも勝負が決まってから言い訳のように現れる正義の妖怪。
飽きずに何十年も同じパターンを繰り返して、結局大勢に影響は与えられません。

古い知恵と新しい知恵が合わさった、頭だけの妖怪「イチロータローナカマ」
妖怪「アベ」を退治するのに1番期待できる妖怪なのですが、
度重なる選挙で優秀な手足をもぎ取られてしまい、
今は頭だけになってしまって動き回ることができません。

これからニホンを破壊する「戦争法案」採決に向けて山場を迎えます。
「イチロー」を知恵袋にして、「フランケン」や「キョウサン」と一緒になって、
「ハシモトイシン」も巻き込んで「アベ」と「ナンミョウ」に立ち向かっていけば、
少しは後退させることができるというもんです。

ところが、妖怪連中は今の体制の中で何とか生き永らえればよいとだけ思っているため、
また、まとまることを邪魔するトロイの妖怪木馬がそれぞれ動き出したりするため、
「戦争法案」採決反対のためにまとまる事など、残念ながら期待できません。
戦っているように見せているのは、単なる妖怪のお芝居です。

私たち「チマタノヒトビト」は、今回も妖怪の三流芝居を見せられながら、
みんなで少しずつ沈んでいくしかないのでしょう。
なにしろ、見た目で最悪の妖怪だと見分けられる「アベネトウヨニホンカイギ」を、
われわれ「チマタノヒトビト」が選んでしまったのですから。
次の、次の、そのまた次の、いつかやって来る妖怪選挙まで忍ぶしかありません。


魂が入っていない日本の選挙、このままでは国が滅びる
先の神戸市議選の際に応援していた候補者から、先日連絡を戴きました。
当選に届かなかった後、どう生計を立てておられるのか気にしておりましたが、
他県で新しい仕事に付かれたそうで、まずは安心しました。
願わくば、次の挑戦の機会にも応援に駆けつけたいと思っておりますが、
周りの状況がそれを許してくれるかどうか、こちらはただただ祈るばかりです。

日本国では、地方議員も国会議員も落選した後は大変です。
私の知っている有能な候補者は、誠実であるために皆さん落選してしまいましたが、
「次はどうするか。」揺れ動く心の中で、皆さん様々な決断をされています。
何人かの方はしっかりと次への準備をしていますが、
明日の日本を立て直すホンモノの政治家の控え室は、今のところガラガラです。

本来の選挙は、国民・市民のために働いてくれる有能な政治家を選ぶ儀式のはずですが、
日本の選挙は、誠実で有能で嘘をつかない人は落としてしまい、
平気で嘘をつける不誠実な人ばかりを選ぶ行事になり果てています。
現在の当選議員と落選議員を総入れ替えすると、理想的な議員の顔ぶれになる。
そんな冗談みたいな状況にあるようです。

わが愛する神戸の街でも神戸新聞誌上で、
1400万円の政務活動費をちょろまかしたお粗末な市会議員が、
アホみたいな言い訳で連日巷をを賑わしております。
不始末が見つかったなら、急いで謝って議員を辞めれば済むことなのに、
グダグダ言い訳をして居座ろうとするのは、選挙人をなめている証拠です。
日本の選挙人は騙されやすいし忘れやすい。完全にそう思われています。

実際、地方も国もその通りなのでしょう。
日本を戦争する国にしたい狂った総理大臣を選挙で選んでしまったわけですから、
日本の選挙は根本的に何かがおかしい。
こんなものは本当の意味の選挙ではない。そう感じざるを得ません。
と言うより、私たちは選挙というのは何なのかを分かっているのでしょうか。

先の戦争で内外で大きな罪を犯し大きな犠牲を払った後、
民主主義やら男女平等の普通選挙制度を、アメリカからタナボタのようにもらいました。
でも、未だに私たちは選挙って何なのかを、まったく分かっていないままです。
何年かに1回近くの投票場で出かけていって、誰かさんの名前を紙に書いて入れてくる。
それだけで十分に有権者のつとめを果たしたと思い込んでいます。
あとは政治への不満を愚痴って、うっぷんを晴らせばそれでおしまいです。

でも本当は、選挙に参加するということは、
自分が立候補するかどうかを考えるところから、まずは始まるのではないかと思います。
自分は無理なら、誰か信頼できる人に代わりに出てくれと頼みに行く。
それがダメなら、立候補者の中で一番信頼できる人を選んで協力する。
信頼できる人が見つからなかったら、ダメさ加減の一番低い人を応援する。
または、一番選びたくない人を見つけて落選活動をする。
そんな風に、積極的に関わり合う覚悟が必要だと考えています。

先の敗戦から70年の間、みんなが遊び呆けてサボっていたため、
日本の自主独立、民主主義の確立、真の自主憲法の制定、ホンモノの選挙の実施など、
やり直さなければならない課題が山積みで残っています。
どうやら、最低もう70年はかかりそうです。
生まれ変わったときに多くの課題が残っていないようにするため、
今生で例え少しでも進めておかないと。

行きたい所や食べたい物もたくさんあるし、
まだまだのんびりできない団塊世代の余生です。




で、官僚退治は結局あれから、どないなってんの
アベ総理と危険な仲間達の、暴走・暴言で振り回されている今日この頃、
ふとした時間の隙間で、何だかなつかしく思い出したことがあります。
あの、たった数年前ほんのひととき、
私たちは「官僚中心」の政治から「国民中心」の政治を目指していました。

今から15年ほど前に、民主党の故石井紘基議員が、
「このまま官僚支配が続いて行けば、日本は破滅してしまう。」
そう言って、孤軍奮闘で警鐘を鳴らし続けました。
その結果、誰かさんの命令で官僚の希望通り、石井紘基議員は暗殺されました。

小沢一郎氏は、「諸悪の根源は国民を無視した官僚の専制にあり。」と看過して、
国の全てを支配している官僚の手から、国民に主権を取り戻そうと唱えました。
そのためには、官僚の持っているさまざまな権限を政治家に戻して、
政治家を通した「国民のための政治」を実現しようとしたのです。
児童手当支給や高速道路無料化などで、福祉の充実や経済の活性化を図りました。
そしてその目標に共感して、国民が初めて政権交代を起こしました。

その時、官僚達は一瞬恐怖を感じて慌てふためきました。
もしかすると、明治維新以来自分たちが握りしめていた特権を剥奪されるかもしれない。
危機を感じた官僚群は、天下の一大事とばかりに総結集して、
無知な政治家を利用しながら小沢潰しに躍起となりました。
結果、小沢一郎氏の今は、小さな小さな政党の共同代表です。

石井紘基氏の命をかけた告発にたじろぎ、小沢一郎氏のしかけた政権交代で慌てふためいた、
かつての官僚マフィアと跡継ぎの連中は、今はどうしていらっしゃるのでしょう。
きっと今は、何の憂いもなく安心して優雅にお過ごしのこととお察します。
石井紘基氏や小沢一郎氏の命がけの活動など、無かったかのようです。

考える力が無く国民の事など眼中にない、安倍晋三氏に対しては、
アメリカと話を付けて、アメリカの配下として戦争に行けるようにしてあげれば全てOK!
後は、自分たち官僚の思うがままにやらせてくれる。
「菅直人、野田佳彦、安倍晋三と、頭の軽い扱いやすい政治家で大助かりだ。
 ここしばらくは我が世の春が続くであろう。」今官僚はそう思っているでしょう。

集団的自衛権や戦争法案の問題にしても、
アメリカの戦争好きグループとしかお付き合いのない外務省が、
アメリカ絶対服従の証としてアメリカに押しつけられたものでしょう。
安倍晋三氏1人の執念だけで進められるものではありません。

脚本:アメリカ合衆国戦争推進本部
演出:日本国外務省アメリカンスクール・グループ
主演:安倍晋三と「日本会議」の仲間達
共演:自民党腰抜け組、公明党コウモリ族
友情出演:民主党・維新内隠れ自民派
エキストラ:ダマされやすい一部国民
宣伝:東京新聞・日刊ゲンダイ以外の全マスコミ
こんなところでしょうか。

安倍さんのアホキャラとワガママキャラが目立ちすぎて、1人に攻撃が集中していますが、
本当の敵は、アメリカに従属することしか考えない、自分の優雅な生活のことしか考えない、
日本の国に巣を張る官僚達だと思います。

彼らのガードは堅く、崩せるどころか前より強固になっています。
今にところ、彼らに対して我々には抗う術はありません。
ただ、彼らは目先の自分の利益のことしか考えていないものですから、
彼らの行動によって彼ら自身が日本を破壊しつつある事に余り気付いていません。
寄生虫が本体を食べ尽くす感です。
早晩、哀しいことに日本は何らかの形で傾いていくことでしょう。
そして、時間をかけて日本を立て直していかなければならなくなるのですが、
その時には、何が問題なのか、敵は誰なのかを間違えないことです。
「官僚支配が諸悪の根源」という言葉を忘れないでいたいと思います。

○○○○のようにしぶとい高級官僚達ですが、
○○○○は人間を恐れて隠れた場所でしか暮らしません。
また、決して人間のエサを取ったりはしません。
しかし、高級官僚という生き物は日本の中央の広い家に安いお金で住んでいます。
そして、エサはまず自分が十分に食い、食べ残したものしか人間に与えようとしません。
とても人間とは共存できません。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。