神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸の片隅から大阪へエール「都構想反対!」
大阪市を解体する「都構想」に反対します。
明日行われる住民投票で、否決されることを祈ります。

〈理由その1〉 なぜ大阪市を解体する必要があるのか分からない。

自分の市で起きたらと考えてみました。
「兵庫県と神戸市の二重行政の無駄を改正するため、神戸市を解体します。」と、
今の神戸市長から私たち神戸市民に言われたとします。
よほど今の神戸市の行政形態が悪いかを具体的に説明してもらい、
神戸市解体後にはこんなに市政が良くなると未来図の説明を受け、
「ああそれならば結構です。」と納得すれば、賛成することもありえます。

他の市のことなのでそれ程詳しく調べた訳ではありませんが、
今回の大阪市の場合、何が悪くてこれからどうよくなるのか、見えてきていません。
神戸より大きな都市を解体するのに、こんな曖昧とした説得力では賛成できません。

〈理由その2〉橋下市長の下での改革は胡散臭い。

100歩譲って、「都構想」が今の市政の形より優れたものとします。
それでも、橋下市長の下では理想と違う歪んだ形になってしまいます。
橋下徹氏は府知事時代も市長時代も、府民や市民のための政治をしていません。
常に自分の自尊心のためと、自分と取り巻きの利益とために政治を行ってきました。
「都構想」がいいか悪いかの問題とは別に、「都構想」は橋下徹氏のためのものです。
そんな「橋下構想」につきあう必要はありません。

〈理由その3〉橋下徹氏には政界から引退してもらうべき。

今から十数年前、橋下徹氏が政界に入る前のテレビタレント弁護士だった頃、
世間で注目を浴びていた「光市母子殺人事件」の、弁護士への攻撃を煽動しました。
残虐な事件への民衆の怒りを利用して、法に定められた正当な弁護活動を否定したのです。
私はこのとき以来、大衆の劣情につけ込んで味方に付け、法を無視しようとする弁護士は、
絶対にテレビには出すべきではないと思いました。
ところが、そのタレントがテレビどころか政界に現れたのです。
そして、マスコミを使いながら、相変わらず大衆の劣情をあおりり続けて人気を作り上げ、
とうとう政党の党首や首長にまで上り詰めました。

彼のような他人を説得するためではなく、他人をあおったり脅かすために言葉を使う人は、
政治家になるべきでは無いと思っています。
「都構想」が否決されれば政治家を辞めると彼は言いました。
彼が発する言葉は信用できないので、どうなるか分かりませんが、
少なくとも、大阪市民が「都構想」を葬り去れば、
「都構想」実現の暁に大阪都の初代都知事(関西の王様)になったり、
意気揚々と中央政治に乗り込んで行ったりすることはできません。

以上の理由から、大阪市民の皆様、
大阪のためにも、関西のためにも、いや全国の人々のためにも、
橋下徹氏の単なる個人的野望に過ぎない「都構想」に、
反対の意思表示をよろしくお願い致します。


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。