神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



与党のごまかしキャッチフレーズ「軽減税率」
いつも仕事場へ通う道で、こんなポスターを2枚発見しました。
「軽減税率を実施しますから大丈夫ですよ。消費税増税があっても皆さんの生活費には何の影響もありませんよ。」
こう言っています。

DSC04894.jpg

ひどい仕打ちをする時は、甘い言葉でごまかして「大丈夫だよ」と囁いてあげる。
いつものように、反抗させずに下々の者を支配するための、目くらまし戦術です。
今回考えついた囁きは、「軽減税率」です。

でも考えてみれば、そんなややこしい「軽減税率」を導入するくらいなら、根本の消費税増税を止める方がよっぽど簡単です。
複雑な「軽減税率」など、何の解決にもなりません。
まず、「軽減税率」を導入しても、生活必需品の物価はほとんど下がりません。
1つの商品の価格には、材料費+加工費+人件費+事務経費+流通経費+販売経費など、さまざまな費用が加算されています。この全てに軽減税率を導入することはありえませんので、ほとんど商品価格には軽減が反映されず値段は下がりません。
従って、「軽減税率」を導入すれば心配はないという与党の囁きは、単なるごまかしです。

おまけに、複雑な「軽減税率」を導入すると、お役人の権限がまたまた増えてしまいます。
何を「軽減税率」の対象にするかはお役人の裁量です。
業界団体が政治家に陳情に行き、政治家がお役人に圧力をかけに行くという、自公お得意の「政・官・財の癒着政治」の新たな利権の舞台が誕生するだけです。

そもそも、今の日本に消費税を導入する必要はありません。
まず第一に、日本は安倍さん達が言うような経済破綻しそうな国ではありません。
日本が裕福な国であることは、日本人よりも世界の人々がよく知っています。
それに、税収を増やしたいのなら、税金をまけてもらっている大企業や大金持ち、そして税金をまるで払っていない巨大宗教団体から徴収すればいいのです。
収支を安定させたいのなら、まずお役人の天下りなどによる莫大な無駄遣いを止めさせればいいのです。
その収入増と支出減で、消費税増税分は十分に賄えます。
福祉を充実させるためなどと、ばればれの嘘をついてまで消費税増税にこだわる必要は全くありません。
消費税増税は断固阻止。ついでに消費税も廃止してしまえ。これしかありません。

しかし、よくこんなポスターで説得できると思っているのが不思議です。
少しでも物事を学ぶ気持ちのある人なら、このごまかしはすぐに見抜けるはずです。
最高学府を出て政治を志し、日々勉強を重ねているはずの政治家が、「軽減税率」で庶民を説得できると思っているのなら、ずいぶんバカにされたものです。

DSC05006.jpg

最もこれは、自公信者、特に公明信者を納得させるためのポスターかも知れません。
信者の知的水準を低く見る政治家と、自分で考えるより騙されている方が楽だと思っている信者の、もたれ合った馴れ合いゲームなのでしょう。

しかし、そんな馴れ合いゲームに巻き込まれる一般市民はたまらない。
「軽減税率」で目くらましをしながら、消費税増税に持って行こうとする政治家は、
この際一斉に退場してもらいましょう。
今回の選挙を、嘘つき政治家一斉大掃除の選挙にしましょう。

さよなら、消費税増税。
さよなら、嘘つき政治家。
そして、こんにちは。
国民の生活を第一に考える、誠実な政治家の皆さん。



スポンサーサイト
悩ましき我が選挙区、それでも・・・・
来月行われる衆議院議員選挙の立候補者が次々と決まってきました。
我が神戸の下町選挙区の候補者も確定した模様です。想像通り悩ましい風景です。

宗教団体お抱えの公明党現職議員A氏、
労働組合から派遣された民主党前議員M氏、
毎度おなじみ共産党新人の女性候補者H氏、以上3人です。

今回も絶対的に支持できる候補者のいない悩ましさを味わうことになりました。
自前の候補者を抱える選挙区が、何とうらやましいことか。
気を取り直して、まずは私なりに候補者を採点してみました。
とりあえず、小沢一郎100点、阿倍晋三0点という判定基準です。

共産党H氏は70点です。
人物も信頼できそうだし、私の高校の後輩でもあり、先月亡くなった母の仏前にお参りにも来てくれたし、3人の中で最高点です。減点は実績がないことと、共産党から立候補しているということです。

民主党前議員M氏は30点です。
前々回の選挙ではこの人に投票しました。私が信頼する議員達を追い出したグループの仲間です。講演会にも行ったことがあります。その印象から言えば、国民の生活には関心がなく、右寄りの思想を持っており、私としては好きになれそうにない議員です。
得点は、とりあえず自公民ではないという所だけです。

現公明党議員A氏は10点です。
宗教政党の議員は地方議員までは何とか認めても国会議員になるべきではない、という私の考えからしても0点なのですが、ラグビーをやっていたという共通項だけで10点をつけました。

10年ほど前の私なら、迷わず最高点の議員を選びました。でも、今は違います。
10点の自公議員を当選させないために、当選する可能性の高い30点の候補者を選ぼうと考えています。理想を求めて心中することより、現実を1歩でも進めるため好きでもない人間とも手を組みます。

私の選挙区だけでなく各選挙区にも、それぞれに様々な問題があると思われます。
それでも今回の選挙では、安倍自民党にこのまま好き放題させるか、選挙を通じて少しでも押し返せるかの、剣が峰に立たされているのだと思っています。
それぞれの言いたいことは後回しにして、今は只ひたすら自公の勢力をそぎ落とすためにはどうすればいいか、それだけを考えてお互い協力し合って取り組んでいきたいと思います。

ちょっとは自公を減らせたで。
   ↓ 
思てたより仰山減らせたなあ。
   ↓ 
安倍晋三が後悔するくらい減ってもたで。
   ↓ 
減りすぎて、安倍晋三が責任とって辞めよった。
   ↓ 
えらいこっちゃ、反自公が勝ってもた。

以上のどこまで行けるか分かりませんが、お互いがんばりましょう。


闇の中の手探り選挙
日本国首相の安倍晋三氏は、ここ最近困惑の中でもがき苦しんでおりました。
ボクの自信作「アベノミクス」は国民を苦しめる詐欺だとばれてしまった。
ぼくの大好きな右翼ごっこも、アメリカに怒られたのでこれ以上できなくなった。
もっと海外旅行をしたいのに、中国・韓国はもとより、どこの国も相手にしてくれない。
ボクの無能な正体がばれてきて、評判が悪くなるばかりか、辞めさせられてしまいそう。
「ようし、目くらましだ。」とばかりに、政界の照明を突然消してしまい、みんなを真っ暗な闇の中に放り込みました。そんなワガママ解散です。

闇夜

安倍氏が自分の意志だけで照明を消したのか、本人も気がつかないままアメリカに操縦されたのか定かではないけれど、とにかく自民党も含め周りの政治家は大変な迷惑です。
こんな時期に選挙をやりたい政治家など、与党にも野党にもいないでしょう。
それに、今すぐに国民の意志を問う課題など何も示されず、消費税を上げられたすぐ後に、無意味な選挙で600億円超の税金を使われる国民にとっては、とんでもない災難です。
なるべきではない輩が権力者になったとき、こんな理不尽なことが起こるのでしょう。

さあ、われわれ準備のないまま暗闇選挙に巻き込まれた反自公勢力はどうすればいいか、
誠に悩ましい状況であります。
この暗闇の中を、速やかに明るいところへ抜け出せたものが当選となるわけで、できるだけたくさんの仲間に明るい場所に出てほしいと願うのですが、なかなか難しい試練です。
敵の自民党は財界から懐中電灯をもらっていたり、公明党は創価学会からロウソクをもらっていたりで、それぞれ野党より早く暗闇から抜け出す手段を持っているようです。

われわれ野党勢力が暗闇から出る手段は、お互いに声を掛け合い手を繋ぎ、暗闇に残される人間をできるだけ少なくするしかありません。
短時間に暗闇の中で手を繋ぐので、相手の表情や思惑を吟味している時間はありません。
「反・自公」という合い言葉だけを頼りに、寄ってきた人間と結ぶだけです。

手を繋いで明るい場所へ出てきたとき、その仲間のもう一方手の中にTPPが入っていたり、
原発が入っていたり、消費税増税が入っていたりする場合もあるかもしれません。
それでも、今は確かめることはできないし、またしなくてもいいと思っています。
できるだけ、自公の人間を暗闇の中に残し、反自公の人間がたくさん暗闇から抜け出すことが先決だと思います。
後のことは後で改めて話し合えばいい、それでいいと思います。
残念ながら、今回の選挙では多くのことを目標にはできません。
まずは、ワガママ首相と国民のことなどどうでもいいと思っている自公勢力に、
今回の解散は大失敗だったと嘆かせること、
自公政治への非難が想像以上に激しいと思い知らせること、
国民はまだまだあきらめていないと教えてあげること、
そして、優秀な浪人政治家を一人でも多く復帰させること、それらが目標です。

われわれ選挙民は、この際強いこだわりを捨て、安倍晋三や自公候補よりほんの少しでもましな立候補者がいれば、躊躇せずにその政治家に投票しようではありませんか。
自公でなければ、犬でも猫でも狸でもいい、人間ならなおさらいい。
そんな心境で迎えている、選挙前です。


もういいかげんにしろよ、原発マフィヤ。
中学3年生の理科では、今いろいろなエネルギーについて学習しています。
先日うちの塾でエネルギーの学習中、一人の女の子がポツリと言いました。
「みんなが嫌や嫌やって言うてるのに、何で原発動かすんやろ。」
この子の言う通り、この期に及んで何故何が何でも原発を動かしたがるのでしょうか。
もう1度こどもの目の位置で、原発問題を考えなければと思いました。

日中・太平洋戦争で負けた後、何とか自前のエネルギー源を手に入れたいと思い、夢のような原子力を受け入れてしまった気持ちは分からないではないです。
アメリカからの圧力、政治家の野望、経済界の欲望など様々な思惑が絡み合って、最悪のエネルギー源を選択してしまった訳ですが、この当時の決断に遡ってまで非難しようとは私も思っていません。

しかし、その時と今とではまるで状況が違う。
原発事故による悲惨な犠牲が、原発の正体を告発したのです。
原子力は最も危険であり、最もコストが高く、人間の犠牲なくしては運営できないことは知られてしまっており、これまで金をばらまいて隠し通してきた原発の闇のほとんどは、もう隠せなくなってしまいました。

日本支配に原発を利用した、アメリカのジャパンハンドラー、
経営努力もなく我が世の春を謳歌した、電力会社の経営者、
製造責任などこれっぽっちも感じていない、無国籍な原発メーカー、
原発を利用して金や地位を手に入れた、政治家、役人、地方自治体のボス、
原発マネーにひれ伏して誇りと良心を失った、学者、マスコミ、文化人、芸能人、
原発周辺の汚れた臭いを嗅ぎつけて寄って来た、裏社会の紳士達、等々。
今回の事故(事件)によって、これら原発に群がったマフィアの面々の醜悪な姿が、大人の目にもこども達の目にも晒されてしまいました。
先日は薩摩川内市の市長、鹿児島県の知事も、新たに醜悪なその姿を人目に晒しました。

この原発マフィアの面々は、先の見通しもなく今日と明日の権益を死守することを優先し、
「自分が死ぬまで逃げおおせればいい、その後はどうなろうと知ったことではない。」
そう思っているのでしょう。

確かにそうなるかもしれません。
原発マフィアの悪質さを見抜いているのは、国民の中の多数ではありません。
目の前の欲に釣られた人、自分だけ良ければ他人はどうでもいいと思う人、考えるのが面倒だと逃げている人など、様々な大人の事情に絡め取られて、大半の大人は気付いていません。
きっと、原発マフィアの思惑通り、大人達を騙したまま、生きている間は逃げ切れるかも知れません。

しかし、これからの将来を生きるこども達は騙し切れません。
大人の事情は、こども達には通じません。
まっすぐな目で、これから原発マフィアを非難することでしょう。
原発マフィヤの面々にも、家族や親族がいると思います。その中の誰かまっすぐな子がいれば、必ず後に非難を受けるでしょう。
「自分の身内にこんな卑劣な人がいたのが、恥ずかしい。」
かわいそうに、たくさんの子にそう思わせるかも知れません。

先日、原発作業員への悪質なピンハネが告発されました。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4444.html
「真実を探すブログ」

東電社員の皆さん、経産省のお役人、労働基準局の担当者の方、
東電が10万円の日当を支払ったのに、現場作業員が1万円前後しかもらえない大人の構造を、
こども達にどうぞ分かり易く説明してあげて下さい。
「公民」という中学3年生の学科の、素晴らしい教材になるはずです。

原発マフィアの皆様方、大人をバカにするのは構わない。
でも、こども達の目を怖れなさい。
この社会は、この地球はこども達のものなのです。

幸い、まもなく総選挙がありそうです。
原発を迎え入れてしまった、我々愚かな大人としては、
原発を進めようとする悪質な政治家を一人でも多く落としましょう。
絶対、棄権をしない。
絶対、自民党・公明党には入れない。
原発反対で、1番ましな政治家に票を集める。
これが合い言葉です。
こども達への償いです。


黙って放っておけば、民主主義は壊れていく

私事で取り込みがあったり、ドライアイで目が痛かったりでブログをさぼっている間にも、阿倍氏と愉快な仲間達の日本破壊は着々と進行中です。
昨日も、最も信頼する経済分析家である岩本沙弓氏が出る「NHK日曜討論会」を見ていたのですが、岩本氏以外の論客、特に熊谷亮丸氏と大田弘子氏の「アベノミクス万歳」ぶりはお見事で、笑顔で自信たっぷりに話す詐欺芸に思わず拍手を送ってしまいました。
世の中がおかしくなってしまうと、本物に変わって醜悪な偽物が闊歩するという状況があらゆるところで見えております。

ため息混じりに、この頃つくづく思うこと。
「黙って放っておけば、民主主義は壊れていく。」
「じっと待っているだけでは、悪いことしかやって来ない。」

神戸の震災後は、黙ってなかったけれど力が弱かったので、不必要な赤字空港と止まらない経済沈下がやって来ました。
東北大震災の後も黙っていれば、長い時間待たせた後に、復興とほど遠い経済衰退が続くだけでしょう。
フクシマもて黙っていれば、徐染に関わる利益だけを吸い取られ、核処理施設を押しつけられて放り出されるでしょう。
全て時間が経って関心が薄まれば、放ったらかされて忘れられてしまう。
沖縄も黙っていないで、翁長候補をなんとか勝たさなければ、米軍基地を押しつけられたままになってしまうでしょう。

黙っていれば、原発は何もなかったように、これからも大金を撒き散らしながら動き続ける。
黙っていれば、消費税は10%以上に引き上げられて、逆に社会保障は下げられる。
黙っていれば、年金の支給額は減り、その分投資の博打やアメリカの援助に使われて消える。
黙っていれば、賃金はどんどん下げられ、過労死になったり突然辞めさせらる。
黙っていれば、自衛隊が我々の税金を使って外国同士の戦争に参加してしまう。
黙っていれば、TPPで農業を初めとした日本の産業全てがアメリカ企業に浸食される。
黙っていれば、日本はアジアで嫌われ者になり、ひとりぼっちになってしまう。
黙っていれば、大学に間抜けな公安警察が勝手に入って来て、ラインでチャットをする。
黙っていれば、教育はエリート教育と、おとなしい下僕の養成所とに分けられる。
黙っていれば、マスコミは偽物と詐欺師の巣窟になり、国民を毎日洗脳する。
とにかく黙っていれば、全てのものが今より確実に悪くなっていく。

まずは例えわずかでも、NO、拒否、不服従を重ねていくしかない。
その延長で、自分達から提案ができて実行する力を備えたいと思う。

いろいろな事に興味を持ち、好奇心を保つ。
人を見る目を養い、本物と偽物を見分ける鍛錬をする。
仕事以外の世界で友人を作る。
テレビや新聞の記事を鵜呑みにしない。
家族に自分の思いをできるだけ伝え、自分も聞く。
季節の野菜を毎日食べる。( 関係ないか )
機会があれば、臆せず知人と政治経済の話をする。
職場でも地域生活でも、理不尽にはNOという。
市民運動に参加する。
ネットで自分の思いを発信する。
ネットだけに頼らず、活字にも親しむ。
支持する政治家や政党を吟味しておく。
投票には必ず行く。
できれば選挙活動に加わる。
日常の政治的な活動に参加する。
想いを実現するために、会社や組織を作る。
思い切って政治家になるため、立候補する。
革命を起こす。
  など、等、etc…..

いろいろある中で、ずぼらな自分にできることは少ないけれど、
何とかしなければいけないとだけ思う、今日この頃です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まずは、この講演会にご参加を・・・・・・
◇◇◇
生活フォーラム関西
http://seikatu-forum.blog.jp/
玉城デニーさん講演会 11月29日(土)
◇◇◇
当フォーラムでは、来る11月29日(土)に、沖縄から玉城デニー議員をむかえて、講演会を開催します。
これに先立つ16日には、沖縄県知事選挙が行われます。
辺野古の海を埋め立ててつくる新基地を止めるのかどうか、また、集団的自衛権に舵を切った日本の安保政策の暴走をくい止めることができるのか、そうした大きな未来のかかった選挙です。
玉城デニーさんも、国会と地元を往復しながら奮闘されています。
会員・会友の方はもちろん、一般の方にもぜひともたくさんお集まりいただき、知事選の闘いや、これからの沖縄のことを聞いていただきたいと思います。
前半は玉城デニーさんの講演、後半はたっぷりと質問時間も設定いたします。
どうぞ、お誘い合わせの上、お越し下さい。

11月29日(土)18時開場 18時半開演 20時半終了予定
会場 クレオ大阪中央 セミナーホール
    地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘
    大阪市天王寺区上汐5-6-25  06-6770-7200
    http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
入場料 500円(当フォーラムの会員は無料)
申込み 下記のフォームに記入下さい
      複数の場合はお一人ずつお願いします
  PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/meigetsu/kf8641cji0el
  携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/meigetsu/kf8641cji0el
お問合 ご不明の点などは info@mei-getsu.com (山岸)までご連絡下さい