神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



左の空より昇りし朝日、やがて右へと沈みゆく
朝日新聞叩きがすざまじい。常軌をを逸している。
読売と産経と週刊誌連合軍に言うことは、1つしかない。
「お前が言うな!」

朝日の幹部の謝罪会見の時、偉そうに追求していた読売と産経の若い記者達の張り切りぶりには、
怒り以上に痛い哀れみを感じた。
自分の会社が朝日の3倍も5倍も腐っていることを本当に知らないのだ。
糾弾されるべきは、朝日より先に自分たちの上司や先輩だと言うことに気づいていないのだ。
この未熟児達はマスコミに潜り込めるほど学校のお勉強ができてたはずなのに、鏡に映る自分達の醜さが全く見えていないのだろう。
そしてこのままエリート意識を丸出しにして、これからもジャーナリストを気取るのだろう。
これでは、大手新聞社の存在価値など、これっぽっちも無くなってしまう。

とにかく、この数日間の朝日叩きは、本当におぞましい光景だった。
すり寄っては来たものの、朝日に残る中途半端なリベラル感が煩わしいと思う自民党と、
このまま大手紙が複数残ることは無理だと判断し、朝日を蹴落とそうと思った読売と。
この2つが手を結び、朝日をリベラルの牙城だと無理矢理設定した上で破壊し、
「ほら皆さん、朝日などという左よりのリベラルとは、こんなにインチキなのですよ。」
と喚きつつ、一気に風を右向きに吹かせようと企んだに違いない。
私はそう解釈している。

ただ、そうは思っても朝日を擁護する気にはなれない。
どうせ金儲けと保身のために権力に擦り寄るなら、読売のように居直って、
ジャーナリストの魂どころか、人間の誇りを失ってでも勝ち残ろうとすれば良かったのにね。
中途半端にエリート新聞のプライドを持ち続けたのが、可哀想に命取りになったのだね。
そう同情してあげるだけだ。

朝日

45年ほど前まだ朝日が有楽町にあった頃、私は朝日のアルバイト学生だった。
「子供さん」と呼ばれていた学生アルバイトは、数十人いたと思う。
私は連絡部や校閲部で、社員の手伝いの雑用をしていた。
社員食堂が安く、社員も学生仲間も親切な人が多く、楽しく働いた。
その頃の私にとって、「朝日新聞社」は輝ける朝日そのものだった。
私はいろいろあって、入社試験を受けることはなかったが、友人はそのまま入社した。

子供の頃から30代まで新聞は朝日、学生時代から週刊誌は朝日ジャーナルだった。
わたしにとって、ジャーナリズム=朝日だった。
それが変わったのは、少しずつ左翼政党や市民運動に関わったりしてからだ。
憲法9条に関する活動、阪神大震災や神戸空港に関する活動などに参加すると、
大事なことが報道されなかったり、報道が間違っていたりすることに気がついた。
無条件に信用していた朝日が、だんだん信用できなくなってきた。
そして、小泉内閣の頃からだろうか、マスコミが政府の委員会に取り込まれるようになり、
朝日からも反権力の臭いは消え、信頼は完全に崩れた。

思えば、新聞が朝日が少しは輝いていたのは、悲惨な戦争が社会を破壊し尽くされた後、
みんなが1から出直そうと必死だった高度成長期だけだったのですね。
丁度、フランスのトマ・ピケティが、「社会の経済格差が少なかったのは、
世界大戦で社会が破壊された後のほんの1時期だけであった。」と言った、
それと同じ偶然の1時期だけだったのですね。

戦時中は、朝日は1番最後まで抵抗したとはいえ、戦争を煽って生き残ってきた。
戦後は、根本からの反省をせずに、リベラル紙の代表としての地位を獲得してしまった。
しかし、日本が経済大国になってきた頃、結局本性を現してきた。
ジャーナリズムの魂より、経営拡大と金儲けと地位確保を優先してきた。
本来、会社経営とジャーナリズムは両立しにくものだ。それは分かる。
しかし新聞社を経営するのなら、言論と経営のせめぎ合いにギリギリの努力をしてほしかった。

小泉首相を国民的アイドルのように持ち上げて新自由主議を礼賛し、
一方で小沢氏による政治改革を潰すために検察権力の応援をした。
原発事故の後も原発マフィアを護るために、政府の報道管制に協力した。
この3つだけでも、新聞は万死に値する。
朝日もこの時点で完全に信頼を失っていた。
私からすれば、今ここで誤報問題が起き上がろうがもう関係ないという気持ちだ。

読売は朝日叩きが自分たちに有利に働くと思っていたようだが、大きな間違いだ。
毎日にも流れることはない。まして産経など、まともな人間には相手にされない。
これは新聞離れ、活字離れに拍車がかかるだけだ。
別に、大新聞がつぶれるのはかまわない。
東京新聞を初め、地方新聞があればしばらくは事足りる。
下らない週刊誌がつぶれるのもかまわない。

ただ、ジャーナリズム全体を考えると、まだまだネットでは物足りない。
正誤が分からない情報を、ただ右から左に垂れ流すだけのものではなく、
心ある職人が広く情報を集め、職人が情報を吟味し報道する機関がやはりほしい。
個人的な好みで行くと、できれば活字の媒体が欲しい。

結局、今回の朝日叩きで感じたことは、こんなことだった。
「朝日は左翼の代表でもなければ、リベラルの代表でもありませんよ。」
「新聞社のつぶし合いを、リベラル勢力つぶしに利用するな。」
「本当に国民に寄り添う新聞を作らないといかんなあ。」



スポンサーサイト
スコットランド国民の行動に、ありがとうの賛辞
18日の住民投票の結果、今回スコットランドは独立せず、王国連合に残ることになった。
住民投票の結果が良かったのか悪かったのか、私には分からない。
自分たちで決めたことなのだから、今の時点での最善なのだろう。

スコットランド国旗

スコットランドがイギリスから独立かと、初めて聞いたときは驚いた。
もともと、イギリスは4つの国が合体してできたことは、ラグビーの国際試合で
4つの代表チームがあることから、知ってはいた。
イギリスと(北)アイルランドとは、いつも緊張の関係にあることも知ってはいた。
それでも、(北)アイルランドでなく、スコットランドがこの時点で独立を言い出すとは
想像できなかった。

今回は独立は果たせなかったけれど、この影響は大きい。
世界に対しても、日本に対しても少なくない影響を与えたと思う。

私が思ったのは、
「そうだ我々は何を望んでもいいのだ。
 面積が約30%で人口は約10%の国スコットランドが、かの大英帝国に対して、
 独立の意志を宣言し、自分たちでどうするかを決めたのだから。
 私たちの要望や、目標や、希望には、何も枠をはめなくていいのだ。」

日本に置き換えれば、
沖縄の独立の意志を宣言して、県民投票をすることができるはずだ。
そうなれば、米軍基地は本土に移転か撤廃だ。
福島県も被害特別地域として、半ば独立して国と東電にもっと怒りをぶつければいい。
国に原発被害の根本的な損害賠償を求めることもできるはずだ。
反原発行動だって、電気代がどうだの雇用問題がどうだの経済問題は関係なし、
危険なものはダメ、ダメなものはダメ、無条件に絶対反対で押し通すだけだ。
他にもいろいろ考える事ができると思う。

私たちは自分自身で、「こんな事はとてもできないだろう。」と、あきらめてしまう。
そして、不必要に対立相手のことや、周りの状況を考え過ぎてしまう。
どんな不幸でも悪政でも、抱きしめて受け入れてしまうのが日本人の特性だと思う。
やれたかやれなかったかは、結果として出てくるだけだ。
まずは要望は遠慮無く宣言する、そして実現のためにできる限り努力をする。
大変だろうけど、これを繰り返すしかないと思う。

自分たちの利益と保身しか関心のない中央官庁の役人や、独立国としての気概を持てない
無能な国会議員に、このまま日本を任せていても、ますます悪くなるばっかりだ。
もう私たちが遠慮や躊躇をせずに政治に関わらなければ、日本は本当に終わりだ。
たくさんの人が、そう思っているだろうと思う。
最低限、スコットランドのように、自分たちのことは自分たちで決める住民投票ぐらいは、
簡単にできる国にしなくてはいけないと思う。

全てのスタートは、とにかく政権交代だ。
まずは、少しぐらいは国民の声を聞ける政府を作らなければ話にならない。
そして、県や市などの地方自治体が独立国に近い自立自治を本気で求めていけば、
スコットランド並の、自分たちのことは自分たちで決めることができる、
「独立した国・普通の国」になれると思う。

遅まきながらも、いろいろ気づかせてくれたスコットランド国民に感謝です。



政権交代へ、希望を紡ぐ人々
昨日13日、大阪市北区民センターで「小沢一郎氏講演会」があった。
この講演会は、6月に関西の数人の市民が小沢氏に会うため、上京したところから始まった。
この人たちは小沢氏に会って直接懇願した。
「関西の地に「国民の生活が第一」の旗を打ち立て、市民と右や左というくくりを越えた政治家とが結集できる軸のような組織を作りたい。
ついては、ぜひ大阪に来て関西の人たちと交流して欲しい。」
小沢氏はすぐに快諾、大阪行きを約束して下さった。

ここから、9月13日開催まで大変な準備が始まった。
数人の元国会議員にも参加して協力してもらったが、中心はあくまで一般市民。
それぞれ生業を持ち家族があり、忙しい中での過酷な準備であったと想像する。
私などは、当日に椅子や机を運んだりしただけだが、ずっと準備会に参加されていた
世話人の方々のご苦労には頭が下がる思いです。

宣伝広報や会報の発行をして頂いた方、会のブログの管理をして頂いた方、
面倒な会計を引き受けて下さった方、受付や設営や裏方の準備をして頂いた方、
当日の進行係を引き受けて下さった方、顧問として指導して頂いた元議員の方、
本当にありがとうございました。
特に、忙しい生業と平行させながら、全ての準備の指揮を執り、全ての責任を引き受け、
無事に盛況に講演会を成功させた第一の功労者、山岸さんには感謝しきれない思いです。

関西では他にも、政権交代に向かって希望を紡ぐ人々はたくさんいるはずだと思う。
もうすでに活動している人、動いてはいないが潜在的能力のあるこれからの人。
私の知っている範囲でも、普通のパートのおばさんのはずが、知恵も人脈も実行力もある
スーパーが女性がいる。
関西に他にもいるだろうし、勿論東京にも他の地域にもたくさんいるだろう。
集って繋がることができれば、大きな力になるはずだ。

今回の講演会の成功がうれしいのは、これが単発の講演会ではなく、
こんな社会でいいはずがない。
こんな政治でいいはずがない。
こんな国でいいはずがない。
まして、この国をもっと悪していくなどとんでもない。
そう思い行動している、しようとしている人々が集える、
まずは、関西での軸づくりの一歩になったことです。

講演会の内容については他のもっといいブログであるので、このブログでは内容には触れず、
とにかく、お疲れ様でした。感謝、感謝です。


この夏の、愚言暴言三連発
昨日一昨日から、油断してテレビを見ていると突然新内閣の閣僚人事のニュースが現れる。
今日は神戸新聞の一面にも、閣僚や党三役の写真がずらっと並んでいる。
女性閣僚の多いのが売りらしいが、守備範囲の広い「女性好き」の私でも、この面々の写真には
まともに視線を合わせることはできない。

特に、総務大臣:高市早苗、国家公安委員長:山谷えり子、おまけに党の政調会長:稲田朋美。
まともな時代のまともな国なら、とても政治家として表には出せない恥ずかしい存在だ。
阿倍さんが愛して止まない、右向け右の三大傑女のそろい踏みがここに完成している。
感想を例えて言うなら、とんかつ定食を食べ終えた後に、豚骨ラーメンを食べさせられる感じ。
普通の人なら、いっぺんに消化不良と胸焼けで体の内から拒否反応が起きてしまう。

この人事に象徴されるように、あまりにも自民党政治はひどすぎる。
上が上だから、下っ端も下っ端で傲慢な言動も留まることを知らない。
この夏にも、あちこちで愚言暴言が炸裂した。
私たち日本人はもともと忘れやすい。日々の生活に追われて記憶は薄れていく。
でも、決して忘れてはいけない愚言暴言がある。
この夏の暴言はあまりにもひどいので、忘備録として残しておこうと思う。

忘れられない言葉①「個体側の脆弱性」

福島第1原発事故に伴う避難生活中に自殺した女性の損害賠償を求めた訴訟で、東電代理人の弁護人が、「自殺した側にも責任はあるはず。」と、反論するため口頭弁論でこう言った。
「個体側の脆弱性も影響していると考えられるから、 考慮した上で相当因果関係の有無を判断すべき。」
「個体側の脆弱性」って何。動物の遺伝子操作や植物の品種改良などの実験をして、上手くいかなったときなどに、言い訳として使う言葉じゃないの。
まさか、原発事故に伴う避難生活で心身共に疲れ果て、絶望して自死を選んでしまった人に投げかけた言葉じゃないでしょうね。
もしそうだとしたら、この発言者こそ、人間でありながら人の心を理解することのできない「個体側の知能的脆弱性」に問題があり、裁判という真剣な場に出てきてはいけない人間である。
この人は家に帰って、どんな顔をして子供や孫や犬や猫を抱っこするのだろうか。

忘れられない言葉②「美濃加茂市を焼け野原にするぞ。」

不当に長期拘留されていた美濃加茂市の最年少の藤井市長に対して、警察の取り調べ官が、
「はな垂れ小僧に投票した市民は、何を考えていたんだ。」と言った後、否認する市長に対して
「早くしゃべらないと、美濃加茂市を焼け野原にするぞ。」と言い放った。
「おまわりさん大変です。放火予告です。」そう通報しようとしても、言ったのがおまわりさんだった時、一般市民はどうすればいいのだろうか。
誰が一介の地方警察官に、独裁者として全能の権利を与えたのか。
怒りと共に、他人事ながらこんな警察官と暮らす家族の境遇を案じる。

忘れられない言葉③「パチンコの換金など、まったく存じあげません。」
 
カジノ構想で賛否分かれて騒がれている折も折、「時代に適した風営法を求める議員連盟」が、
パチンコの換金行為について警察庁の担当高官に意見を求めたところ、こう返答したそうな。
「パチンコで換金が行われているなど、まったく存じあげないことでございまして…。」
ああ、びっくりした。全国のみんなも、あまりの完全否定にびっくりこいた。
どの位びっくりしたかというと、「私は生まれてから今まで、ウ○コをしたことがありません。」
と堂々と言われたくらいびっくりした。

では、今年8月発表で2013年におけるパチンコ参加人口は970万人とあったのだが、
この約1000万人の愛好者(中毒も含む)は、金儲けにも結びつかない事で、家族の不幸やら貧困やらも吞み込みながら、単なるゲームとして日夜熱中し続けているのだろうか。
こんな白々しい嘘を平気で吐けないと出世できない警察組織とは、いったい何であろうか。
鯛は頭から腐っていく。誠に名言なり。

安倍晋三とその無邪気な仲間達によって蹂躙されたこの時代を、
私たちは、不名誉な時代として記憶を残しておかなければならない。
勿論その前に、現在進行形のこの時代をまず早く終焉させなければいけない。
もう暴政は十分だ。政権交代あるのみ。
高市早苗、山谷えり子、稲田朋美、そして親玉の安倍晋三を全部足しても追いつかない、
本物の政治家の講演を、今月大阪で実感することができる。

以下に案内を、また張っておく。
まずは、ここから始まる・・・・・

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

国民の生活が第一!何としても政権交代を! 

このフォーラムは、緩やかに連携する自立した市民の運動体です。  
9月13日に下記の講演会を行います。

 名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」

  日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
  場 所 大阪市北区民センター 大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
       JR環状線天満、地下鉄堺筋線扇町 徒歩すぐ 関西テレビの北隣
  入場料 500円
  主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
  申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、連絡先を
      メール、FAX、電話でお知らせ下さい。
       メール:info@mei-getsu.com
       FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


この夏、地方議会に局地豪雨が多発

今年の夏、各地域の地方議会に集中豪雨が降り荒れた。
いつもはまったりとしている地方議会に、こんなに注目が集まった年も少ないと思う。

まず、今年6月に起きた東京都議会のセクハラ野次事件。
東京都議会議員の自民党会派の面々が、女性議員をからかって無邪気に野次を飛ばした。
日本の首都にある都議会議員が品性下劣なおじさん達だということが、全国津々浦々に知れ渡る。
そして、大騒ぎになったあと、1人に全責任を押しつけて逃げ回る他の自民党議員の醜い姿には、
憎悪感と共に絶望感さえ感じられる風景なり。

西のチャンピオン・大阪府議会も負けてはいない。
8月に府政与党である大阪維新が、このままでは自分たちの政策が通らないと分かると、
禁断のあの手この手を使い、議会を開かせないという暴挙に出た。
議会制民主主義を正面から足蹴にするなど、さすが維新にしか出来ない必殺の荒技なり。

この混乱の少し前、同じく大阪維新の中からLINE議員が出現。
女子中学生を中心に、LINEで熱心に選挙活動(?)。
私も中学生の塾生と欠席やら遅刻の連絡で、一部LINEを活用しているが、
この議員のLINEの使い方では、少女達に「キモ~イおじさん」扱いされても仕方なし。

少し前には大阪の隣の兵庫県で、自称「西宮維新の会」実際は無所属の大号泣議員。
小遣いをちょろまかした事がばれそうになると、突如号泣して会見場を凍り付かせた。
YOU TUBEの映像が大人気になるほど、全国を爆笑と嘲りの渦に巻き込んだ。
精神鑑定が必要そうな人間が議員の中に混じっているのは、はなはだ深刻な問題なり。
また、号泣議員以外にも「小遣いちょろまかし議員」が少なからず居るらしいとのこと。
おそらくこれは、兵庫だけでなく全国的な問題であると誰でも推察できる模様。

お次は瀬戸内海を渡って、愛媛県八幡浜市の拳銃マニア議員。
改造拳銃や違法なモデルガンを所持していたとして、検察庁に書類送検された。
還暦を過ぎて62歳になっても、好きなものは我慢できない幼さが哀れなり。

もっと年上で、愛知県稲沢市のおじいさん議員の事件。
昨年10月に中国広東省広州市の白雲空港で、覚醒剤の運び屋として逮捕された。
その裁判の初公判が今月あったわけだが、下手な言い逃れは不可能な状況。
麻薬売買に絡むのは、中国では死刑もありえるほどの重大犯罪である。
どういう経緯で市会議員が麻薬の運び屋になったか、不可思議な世界なり。

ちょこっと地方議員の数を調べてみた。
(2013年12月31日現在)
都道府県議会議員定数は2,735人
市区町村議会議員定数31,741人 合計で34,476人

これだけいれば、変な奴が少しぐらい居るのは仕方なかろう。
そういう声があるかもしれないが、おそらくこれは氷山の一角。
市民が本気になって調べれば、山ほど有害議員・不要議員が見つかるのは必定。
私のこれまでのわずかな市民運動の経験でも、まともな議員はほんのわずかだった。
今回これほど不祥事が発覚したということは、もっと劣化しているものと思われる。

ついでに、投票率も調べてみた。
市町村議員選の投票率 昭和26年 91%(ピーク)→ 平成23年 50%
都道府県議選の投票率 昭和26年 83%(ピーク)→ 平成23年 48%

敗戦後の民主主義選挙に対する歓喜の熱は、すっかり薄れてしまっていた。
彼らお騒がせ議員は、議員である前に人間としても「こらあかんわ。」という御仁達である。
これらの議員を誕生させた大きな原因は、市民の無関心と無責任だとしか思えない。
せめて、まともな人を議員に選んでほしい。これは、ささやかだが切なる願いだ。

日本地図
いよいよ、来年の春には統一地方選。
私の生まれる10年も前、1938年イギリスの学者ジェームズ・ブライスはこう言った。
「地方自治は民主主義の学校である。」
しかし、国政に大きな関心を持っている人でも、地方選に関心の少ない人が結構多い。
地方分権を唱える「生活の党」など、地方選にはほとんど参加できていない。
地方選挙を戦う力なくして、全国選挙では戦えない。
今は無理かもしれないが、これからの大きな課題であると思う。
地方自治の学校で学んだ議員が、素晴らしい国会議員に成長する可能性も大いにある。
取りあえずはバラバラでも、地方の良質な議員を見つけ応援しなければならないと思う。

幸い地方の首長で、応援するべき若い政治家も現れている。
1人は、集団的自衛権の行使に異を唱えた三重県松阪市の山中光茂市長。
もう1人は、冤罪で警察・検察と戦う岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長。
他にもきっと居るに違いない。
地方自治体を改革するには、首長だけでなく議会の支持も必要だ。
これまでのような、改革首長の足を引っ張るだけの議会では存在意義はない。

夢想家と言われようが、首長・議会・市民とがそれぞれ手を取り合う自治体を頭に描いている。
そして、江戸時代の藩のように、地方分権が実現することも願っている。
生きている間には叶わないかもしれないが、願わねば実現はない。
とにかく、これまで以上に地方選挙に関心を寄せねばと思っている、夏の終わりである。