神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊に入った A くんへ
Aくん、元気ですか。
あなたと会えなくなってから、7年経ちました。
小学校から中学校へ上がるとき、あなたは他の市へ引っ越して行きました。
あなたの友達と同様、私もあなたと会えなくなるのがとても残念でした。
あなたはあまり勉強が好きではなく、宿題もやってこない子だったので、塾としてはそんなに役に立つことはできませんでしたが、「何事も続かない子が、塾に通い続けることができました。」と、おばあさんに喜んで頂けたことだけは、うれしく思い出されます。
あなたはみんなに好かれている子でした。下の学年の子からも慕われていました。
あなたの同級生達と「Aくんはどうしているのかな。」と、よく話したものです。

先日、あなたのおばあさんとお会いすることがありました。
その時、おばあさんにあなたの消息を尋ねましたところ、自衛隊に入ったことを知りました。
どういういきさつで自衛隊に入ったか詳しくは分かりませんでしたが、あなたが選んだ職業ですので
しっかり頑張って欲しいと願っています。

ただ正直、戸惑ったことも確かです。
私はもともと自衛隊員は憲法解釈上、なかなか難しい立場だなあと思っています。
そして、もし私達の年齢の大人がもっとしっかりした人間であり、日本国憲法の平和主義に則って
もっと本気で努力していたなら、あなたが入るのは今のような自衛隊では無いのになあと思っています。
本来ならあなたが入隊するのは、時々救助に回るけれど実体は破壊兵器を持った「戦う自衛隊」でなく、いつでも人々の命と暮らしを守る「国際災害救助隊」で働くことになっていたはずです。
あなたが自衛隊に入ったと知ったとき、今更のように国際平和のために自分たちが何の努力もして
いなかったことを、あらためて申し訳なく思いました。

今の日本国家の指導者、自衛隊を指揮する最高司令官は、戦争ごっこが大好きな人間です。
またその指導者を取り囲む集団も、過去の悲惨な歴史から何も学ぶことのできない無能な人達で、
何を思ってか、クリスマスプレゼントとして韓国軍に鉄砲の弾を10万発贈る連中です。
こと国防に関しては、私達の想像以上に危険この上ない状況です。
突然戦争好きの政治家が台頭してきたこの時代、これからきな臭い話題が多くなって、あなた方
自衛隊員の話題がこれまでよりも多くマスコミに載る気配を感じます。
これからは、自衛隊の話題が出る度に、私はあなたの顔を浮かべてしまいそうです。

あなたは子供の頃、いい意味で素直な子ではありませんでした。納得しなければ聞かない子で、
何でもかんでも「はい、はい。」と言って従う子ではありませんでした。
ですから、少しお願いがあります。
あなた方の最高司令官は、日本国民の声を聞くより領主国の言うことを聞く事を優先しています。
国民の命より、自分を中心にした偉い人達の権益を護る方を優先しています。
そして、残念なことに戦争の悲惨な実像を想像できる能力に欠けています。
なので、どうかあまり素直になりすぎないようにお願いします。
これはおかしい、これは違うと思ったら、反抗はできないでしょうから、なんとかサボりましょう。
そして、どうしてもヤバイと思ったらさっさと逃げてしまいましょう。
大げさかもしれませんが、どうか命だけは大切にして下さい。

私が自衛隊員のあなたに「命令に従うのも、ええ加減にしときや。」なんて言うと、
たぶんあなたは「おっさん、何をあほなこと言うとんねん。」と反発するでしょうね。
それでも、あなたの消息を聞いて安心しながらも、少々動揺したおじさんの戯れ言としてお許し下さい。
これからもあなたが健康で、いつもおいしくご飯を食べていられることを願っています。

あなたの故郷神戸から、祈りを込めて。



スポンサーサイト
12/24のツイートまとめ
kashimajuku1991


自衛隊が韓国軍に、1万発の弾薬をプレゼントってか。
ということは、私たちが預けた税金が弾薬に変身して、それが外国の軍隊に渡り、
ひょっとして人殺しに使われるかもしれないってことか。
ひぇ~!恐ろしい。

12-24 19:11


猪瀬さん、もっと期待していたのに、残念です。
猪瀬さん、こんな事で知事の座を捨てなくてもよかったのに。
猪瀬さん、たかが5000万円で都民430万の票を捨てなくてもよかったのに。
もっともっと居直って、任期満了まで醜態を見せて欲しかったのに。
陰ながら猪瀬さんを応援していた私としては、残念至極です。

都民の票で選ばれた知事は、検察の手で降ろされてはいけません。
「こんなちっぽけな金が、どないやちゅうねん。」
「石原のじじいなんか、俺の10倍位もらっとるぞ。」
「悪い奴は他にいっぱいおるのに、何で俺のような小物だけを狙うねん。」
とか何とか言って、粘って粘って、手こずらせて逃げ切って欲しかった。

だって、あなたはこの「徳州会事件」の主人公ではないですよ。
あなたの収賄は、この大きな闇の内のほんのちっぽけなエピソードにしか過ぎません。
可哀想に、これから始まる物語の宣伝効果を狙って軽いジャブとして利用されたか、
幕引きのためのお飾りとして使われたかの、どちらかでしょう。
そんなことのために、やっと手に入れた都知事の椅子を明け渡すことはないですよ。

ご存じでしょう。
あなたを辞めされることができるのは、東京都民だけです。
検察でもマスコミでもない。まして政府でもない。
都民の430万票で選ばれたという結果は、とても重いものです。
何があろうと、あなたは絶対任期満了まで努めるべきでした。

あなたが選ばれた理由が、多くの都民の愚かさによるものなのか、
それとも、巷間噂される不正選挙によるものか、わたしには分からない。
どちらにしろ、あなたが任期の間どんなことをするのかしないのか、その施政を鋭く見つめる事で、
都民の幸福のためではなく我欲で知事になった男の醜い正体を知り、
そんな男を選んだ自分を深く反省することができます。
または、不正がそんな結果をもたらしたのだと思っていたら、2度と不正を許すものかという、
強い怒りを共有し貯めることができます。

しかし猪瀬さん、あなたがこんなにあっけなく白旗を揚げてしまっては、
せっかく都民が反省する機会を失ってしまうではないですか。
あなたの何とも言い表せない風貌、傲慢な態度、上から目線のしゃべり方、
それらが都民の思いや考えを鍛えるはずだったのに、本当に残念です。
このままでは、深い反省のないまま、強い怒りがないまま、都知事選に突入してしまいそうです。
そうすれば、また同じような結果が待ち構えている気がします。

お願いです猪瀬さん、
どうか潔く引き下がったりしないで、みっともなくあがいて下さい。
猪瀬さんを犠牲にして逃げ隠れする輩の、足を引っ張ってやって下さい。
仲間だと思っていたのに、自分を陥れた卑劣な奴を暴露して下さい。
もうひと頑張りお願いします。
それが、都民の430万票で選ばれたあなたの唯一最後のご奉公です。

関西より、祈りを込めて。



12/12のツイートまとめ
kashimajuku1991

毎年恒例、京都の清水寺で今年の漢字は「輪」に決まったとか。
人々の輪はズタズタにされ、東京五輪は迷惑千万。
何で「輪」を選んだのか、偉い坊さんの気が知れませぬ。
坊さんが国家に迎合していたら、観音さんが嘆きまっせ。
今年の漢字はダントツで、「秘」でしょうに。
12-12 14:50


アメリカから阿倍くんへ、独裁者の認定書
先日のブログで「特定秘密保護法」成立に至るまでの国内事情として、
阿倍くんはこどもがおもちゃを欲しがるが如く、何かに取り憑かれて暴走していると書いた。
その阿倍くんの愚かさについては間違いはないようだ。
けれども、アメリカに関する事情はもっと複雑なようだった。
拙ブログでは、アメリカは今のままでも支障はないはずだと書いたが、
そうではなく、彼らはもっと多くのことを日本に望んでいた。
というより、私達の想像以上に日本を馬鹿にしているようだ。

やはり、キーワードは「集団的自衛権」である。
アメリカは、日本を戦争のパシリに使おうとしている。
例えばこんな具合に、

(以下は私の想像であり、フィクションであります。)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
O大統領「おい、お前はずっと総理大臣を続けたいのか。」
A首相「はい!よろしくお願いしまつ。ずっとやりたいでつ。」
O「お前、中国や韓国に喧嘩を仕掛けて勝手なことをやってるらしいな。
  鷲らの外交政策に本気で逆らうつもりなんか。」
A「(額に汗)い、いいえ、そんなつもりは毛頭ございませむ。」
O「ええ加減にしとかんと、小沢や鳩山のようになるで。分かったか。」
A「はい、アイム ソーリ ベリー 総理。」

O「ところでお前、戦争が好きやそうやな。」
A「はい、戦争ごっこは大好きです。」
O「遊びやない、ほんまの戦争や。連れて行ったろか。」
A「(一瞬たじろぐ)あ、はい、行きたいです。お願いしまつ。」
O「言うとくけど、これまでのように後ろに隠れてるのと違うで。前で闘うんやで。」
A「ということは、自衛隊員の命が危ないということでつか。」
O「当たり前や。それでもよかったら覚悟して、鷲らについて来い。」
A「(ちょっとぐらいの命やったら、まあええか。)はい、行きまつ。」    

A「ところで、うちにはアメリカから頂いた憲法がありまして。それが面倒くさいことに、平和憲法
  でして、ちょっと手続きに時間が・・・・」
O「平和憲法?そんなこと知るか、鷲らには関係ない。隠すなりごまかすなり適当にやって、とにかく    鷲らの言うとおりついて来たらええんや。」
A「それが、うちの国も建前は民主主義国家なもんで、あんまり無茶はできんかと・・・。」
O「そう言わんと、頑張ってみいな。民主主義なんて気にせんと、好きなようにやってええよ。
  鷲らの言う通りするんやったら、独裁政治になっても見て見んふりしたるで。」
  『(心の声):あほか、お前ら未熟な国民に民主主義なんて似合わんわ。それに、まともな
   先進国やったら、お前みたいな幼稚な奴が首相になんかなれるか。黙って言うこと聞け。』
A「そしたら、ぼくの好きにやってもかまへん、文句言わへんいうことでつか。」
O「そうや。但し、ちょっと条件がある。お前の国には平和ボケして口の軽い連中が多い。
  軍事情報とかが漏れんように法律か仕組みか、何か作っとけ。」
A「(うれしいな。)はい、分かりました。(そうや、ええのがあった!)」

A首相「ちょっと相談やねんけど。」
B補佐官、C閣僚、D事務官、E幇間「はい、何なりと。」
A「秘密保護法ってやつ、あれ作りたいやんけど、どないかして。」
BDCE「さすがにそれは非常に困難な法案でして、急には無理かと存じたてまつります。」
A「あかんねん、とにかく作らなあかんねん。どないしてもやってよ。これは命令でつ。」
BDCE「へへー、かしこまりましてございます。」

A「ボクはこんな大きな法案を通した、偉大な政治家と言われるんや。うれしいなあ。」
F行政官僚「この法案が通ったら、どんな悪事も失敗も見つかることはない。しめしめ。」
G法務官僚「この法案が通ったら、俺たちの権限が無限に広がるぞ。バンザイ!」
H~Z国会議員「よう分からんけど、上からの命令やから賛成しとこ。損はないやろ。」
A~Z「やってまえ、やってまえ。民主主義なんて面倒くさいことはもう知らん。
    われわれ選ばれし者は何をやっても許されるのだ、好きにやってやる。」
H~Z国会議員「はい、強行採決!!」

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

かくして、阿倍くんにアメリカから独裁者認定書が渡され、日本は悪人天国となるのでした。
しかし、もしこれを覆そうと思うなら方法は1つだけある。または、1つしかない。
それは、もう1度政権交代して「特定秘密保護法」を廃案にすること。
聞く耳を持たない話し合いを拒む為政者には、蹴落とす以外対抗手段はない。
3年は長くはない。知恵と力を集めるためにどうするか。
具体的な提案ができない自分の無智と力の無さに恥じ入るばかりだが、
わずかでも考え行動していきたいと、思いながらの今日の夕方の集中豪雨。


これから始まる、試練のとき
幼稚な独裁者阿倍を操る「物の怪」が、こう言っているようだ。

  ほら「特定秘密保護法案」が、なんとも美しい形で採決された。
  これが通れば、自由にお前達を縛ることができるのだ。
  もう、お前達はあきらめなさい。
  お前達が信じていた「議会制民主主義」とやらは、こんなものだ。
  せっかくお前達に「選挙権」を与えてやったのに、
  マスコミという「知る権利」さえ与えてやったのに、
  覚えておけ、これはお前達が自分自身で選んだ結果だ。

今は、言い返す言葉がない。
「俺は自民党なんて支持していない。」なんて言っても言い訳にならない。
間違いなく自分はサボっていた。長い間眠っていた。
憲法を実践する、民主主義を実践する、平和を守るなんて、
考えれば、本当はそんなに簡単な事ではなかったはずだ。
先人が苦労して手に入れた平和と民主主義は、苦労なしでは守れない。
そのことに、今頃やっと気がついた。

政権交代前の、検察による鳩山氏小沢氏追い落とし謀略。
それでも2009年に初めて政権交代を実現。
民主党内部と検察の共謀で、政権からの小沢氏外しを実行。
民主党内部でのクーデターで菅・野田が総理になり、公約違反に邁進。
東北大震災と原発事故により、日本の政治や社会の仕組みのでたらめさが露呈。
民主党野田が、自民党阿倍に大政奉還。
「特定秘密保護法案」強行採決。

これら一連の動きを見て、やっと気がつく人が増えてきた。
それでも、衆参の選挙にはまだまだ間に合わなかった。
阿倍などという、とんでもない人間に全面委任する結果になってしまった。
これから起こるであろう「特定秘密保護法案」による取り締まりや、
原発推進のために見捨てられ続ける被災者や、
消費税増税、TPP加入で苦しめられるであろう人々には、
世直しが間に合わなくて、本当に申し訳ないと思う。

こんなひどい事をこんなひどいやり方でしたんだから、
気がつく人がこれからどんどん増えていくだろう。
互いに連携し合い、少しずつでも行動するしかない。
むのたけじさんの言葉は、
「成立の日から廃止に向けて闘うだけだ。」
私達の合い言葉は、
「あ・き・ら・め・な・い」



12/04のツイートまとめ
kashimajuku1991

大阪北区の扇町公園で、「特定秘密保護法案」反対の大集会がまもなく始まる。
因果な夜の仕事で、平日の夜はいつも動けない。
参加される皆様ご苦労様です。心だけは神戸から扇町に送ります。
「特定秘密保護法案」絶対反対!
強行採決は悪魔の所業である。
12-04 18:37







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。