神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



老犬、久しぶりに吠えるの巻
〈 再開の言葉 〉

ずいぶん前に、ほかの場所でちまちまとブログをやっておりましたが、
たいして読む人もなく、更新も面倒なので、すっかりやめてしまっておりました。
さりとて何かお役に立つことを発信したいという気持ちが止まず、
ツイターにしようか、フェイスブックにしようか、
いろいろ試してはみたものの、やっぱりブログに限ると思い至り、
神戸の路地の裏の犬小屋から、聞こえる範囲を対象に、
ぼそぼそと呟くことから始めることに致しました。


〈 参議院選挙前に吠える 〉

「こんな世の中おかしい。」
「こんな日本はイヤだ。」と、お思いの皆さん。
もうすぐ参議院議員の選挙です。
みんなで立候補しましょう。

世の中は、政治が変わらないと変われません。
デモや署名活動やネットでの発信だけでは変わりません。
まともな政治家がたくさんいないと、
利権政治屋に好き勝手にやられてしまいます。
自分は彼らよりはましな人間だと思っている人は、
ぜひとも立候補して下さい。
お願いします。

とは言っても、
立候補する能力も金もないと諦めている皆さん。
(恥ずかしながら、私もその仲間です。)
次の手段として、
自分の想いと近い政策を訴える立候補者を、党を応援しましょう。
それも、しっかりと応援しましょう。
なぜなら、彼らは彼女らは、
私たちの代わりに立ってくれた人だからです。

では誰を、どの党を応援するか。
それを考えるのは、選挙という制度が私たちに与えた
最も大事な学習の機会です。
私がこのブログを再開した理由は、
それを皆さんと一緒に考える材料を
少しでも提供できればと思ったからです。

兵庫県、あるいは神戸市という狭い範囲ですが、
これから気がついたことを少しずつ書き留めていくつもりです。
それがもし皆様の参考になれば、
幸いと思っております、今日このごろです。





















スポンサーサイト