神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



【551 政党版】 民進党があるとき・・民進党がないとき・・
関西名物のCMではないけれど、この際考えてみました。

【民進党があるとき・・】

民進党大会

自民党は安心です。
民進党が最大野党なら恐れることなどありません。
おまけに今の執行部とは太いパイプでつながれている野田。

連合とって、民進党は政治への窓口として必要な下請け機関です。
連合には、1人で選挙を戦えないひ弱で信念のない政治家達が必要です。
独立心があって骨太の政治家は、連合ではコントロールできないからです。

野党共闘にとってはいろいろ複雑です。
一応最大野党ですので、常に意識しなければなりません。
そして、民進党の政治家は優柔不断が多く、連合は自己中心なので、
結果的に最後まで野党共闘を振り回します。
できれば相手にしたくないけど無視できない、複雑でやっかいな存在です。

国民にはほぼ無視されています。
民進党だから投票するという選挙民は激減しています。
小選挙区で2位には入っても、1位で当選する人はほとんどわずかでしょう。

【民進党がないとき・・】=【民進党を解体させたとき】

民進党 ロゴ

自民党は戦々恐々です。
代替勢力がまとまって大きくなり、自民党の替わりの受け皿になれるのか。
核を失って野党がバラバラに分散し、自民一強がより強まるのか。
ハラハラしながら、ちょっかいを出してくるでしょう。

連合は、労働組合という仮装の役割を終えます。
自民党補完勢力という正体を現し、政権側に付いていきます。
しかし逆に、新たな小規模のホンモノの組合の結集ができるかもしれません。

野党共闘にとっては、活動が自由になりますが不安でもあります。
民進党がどんな形で分解するのかによって、次のステップが変わります。
野党共闘が再編されてしっかりした勢力が確立できるか。
民進党がなくなった分やせ細ってしまうのか。
試練の時を迎えることでしょう。

国民はほぼ歓迎してくれるでしょう。
国民は「自民党」という名前も「民進党」という名前も毛嫌いしています。
「民進党」という忌名がなくなった新しい野党共闘に対しては、
きっと今よりも好感を持ってくれることでしょう。

「551のぶたまん」なら選ぶのは簡単で、「あるとき」がいいに決まっています。
しかし、551 政党版「民進党があるとき・・、ないとき・・」は、
それぞれにいろいろな想いがあって難しいかも知れません。
それでも、盤石と思われていた安倍政権が揺らぎだしたこの時点で、
民進党が「あるとき」を選ぶのか、「ないとき」を選ぶのか、
私たちの側ではっきりする必要があるのではないでしょうか。

私の気持ちは決まってます。
今の時点で民進党が野党共闘に積極的に参加しないならば、
参加してもあれこれうるさい条件をつけてきたならば、
迷わず「民進党がないとき」を選ぶべしです。

未熟な民主主議国家の日本は、短期的に不都合なときを迎えても、
長期的に考えて、マトモな政党政治を打ち立てなければならないと思っています。
既成の政党にこだわらず、全ての野党が新しい方向を目指すべしです。
まして民進党は、国民への謝罪なくして存在してはいけない党です。
過去の責任をはっきりさせて自ら党を割り、
自ら頭を下げて、新しい道へと踏み出すべきだと思っています。

それができない民進党員は、売れ残った豚まんのように、
暖かい蒸し器の中でずっと蒸されていればいいでしょう。
そう言えば、蒸されすぎた豚まんのような人も上の方にいましたね。

私たちは、そんなふやけた豚まんは放っておいて、
早いとこ安倍晋三というモンスターにトドメを刺しに行きましょう。


スポンサーサイト
モンスターはトドメを刺さなきゃ滅びない
日本昔話か何かでたびたび見たように思います。
人間の持つ負の感情、
劣等感、嫉妬、怨念、邪悪な欲望、復讐心、激しい怒りなど、
劣情に支配されて人間の心を失ってしまったときに、
ヒトは、物の怪、妖怪、化け物、今で言うモンスターになると言います。

モンスターになってしまったら、ヒトには戻れない。
モンスターになってしまったら、人間の言葉は通じない。
モンスターになってしまったら、悪業を止めることはできない。

気がつけば、今の日本はモンスターに支配されています。
この存在はもう、とても人間とは呼べない。

沖縄慰霊祭 安倍2 - コピー


このヒトとしては未熟な存在が、巨大なモンスターになるには、
いくつかの要素が必要でした。
本人の類い希なる無智と、呪われた一族の遺伝子。
そして、金と地位を求めて周りに群がる人間達の邪悪な心。
思考能力を失って力のある者を頼ろうとする大衆の盲信。
それらがモンスターを大きく成長させてしまいました。
それに昭恵という別のモンスターが寄り添っているのですから、
誰も手がつけられないモンスターになりました。

ここに来て、
このモンスターにすり寄る人間が少しずつ距離を置きだしました。
盲信していた大衆が、モンスターの醜悪な姿に驚いてたじろいでもいます。
しかし、これでモンスターが倒れると思うのは早計です。
モンスターは自分では変われませんし、倒れもしません。
まだこれからも、何としても自分のやりたいことをやるでしょう。
憲法改悪への執念は押さえようがありません。

モンスターのお心は、
「都議選の敗北など興味はない。自民党が壊れようが知ったことか。」
開票時に気楽な食事会など、極当たり前の話しです。
他人の当落など関心なく、都議選の結果によって、
自分のしたいことがやり難くなったかどうかの関心だけです。

また、人事についても公正さも反省も謝罪もありません。
泣きついてきたから強姦男は無罪にし、下僕の佐川くんは国税庁長官です。
稲田ちゃんがどんなに無能でも、「ボク気に入ってるから辞めささない。」
甘利さんの復帰などヘッチャラです。
モンスターにとって周りの人間の目など、鼻も引っかけません。
「ボクが使いやすい奴を使うだけ。それが何か・・?」

しかし、モンスターを滅ぼす方法は必ずあります。
人間の姿をしているので、物理的な方法で存在を消すわけにはいきません。
それでも諦めずに、
今揺れ動いている邪悪な下僕達をバラバラに切り離し、
盲従する大衆の目を覚まさせることを続けるしかありません。
いつか気づいて改心するだろうなどという淡い期待などは捨て、
あれはもはやヒトではない、モンスターだと言うことを腹に据えましょう。
油断することなく機会をつくり、トドメを刺してやりましょう。

それにしても、今の日本にはまだたくさんのモンスターが生存しています。

そもそも、愛と慈しみの心でなく、邪悪な心を持ってつくられた宗教団体があります。
そこに金と権力を求めて人が群れ、思考能力を失った盲信する大勢の信者が集ります。
するとたちまち、宗教モンスターができ上がります。
そう、すぐにみんなが想像できる、S学会やT教会、K科学などの教団です。
それに、最近大活躍のN会議もそうです。
哀れなるかな、それらの信者や関係者は、
気がつかずとも社会に敵するモンスターの下僕です。

また、権力と対立するはずのマスコミが権力と癒着し、
ジャーナリズム精神を捨て国民を洗脳する機関に成り下がったとき、
そのマスコミのY新聞はモンスター組織になりました。
Yに君臨する老害Wはモンスターそのものです。
W反抗することなく働く社員は社会に敵するモンスターの下僕です。
また、思考停止でそのY新聞を定期購読する者は、
哀れなるかな、それらの者もまた結果的にモンスターの支持者です。

勿論、日本の中央官庁もほとんどがモンスター組織です。
その中で最近際だってモンスター化しているのは、
「共謀罪」を飲み込んでより肥大化した警察です。
ああ、なんとやっかいなことか。

他にも、あれもこれも、
常に人間の周りには、人間から墜ちたモンスターがいます。
歴史の中で私たちはたくさんの化け物やモンスターに虐げられ戦ってきました。
モンスターは人間の愚かさと怠惰から生まれます。
モンスターを人間の世界から出さない。
生まれてしまったモンスターは大きくならない内に退治する。
これからも続く人間の営みです。

まず今は、安倍晋三というモンスターにトドメを刺す。
そこに集中しましょう。


この男極めて卑劣につき、即刻捕らえて大衆の前にさらすべし。
見苦しい画像を出しますが、ご容赦ください。

山口

毎日のように出てきては、意味不明の安倍様擁護をしていたこの方、
このところ全くお目にかかれなくなりました。
まあ、この人を見たいと思う人はいないので、それはそれでいいのですが、
何か変だと思いませんか、皆さん。

人間は愚かなものです。
特に一部の(多くの?)男性は性的本能に振り回される、哀れな生き物です。
魅力的な女性を見ると、男性はあらぬ妄想を持つものです。
男の性(さが)と言いますか、なかなかこれは止めようがないものでもあります。
通常は、まず第1に相手との同意の下で、そのことで誰かを裏切らないかを配慮した上で、
男性は妄想を実現することが可能になります。

もし、この条件が整わない場合、普通の人間は諦めます。
しかし、この男の執念と行動は普通ではありませんでした。
妄想と実行の間には、高い高い壁があります。
相手の同意なくして、この高い壁を乗り越えて実行してしまった者を、
私たちは犯罪者と呼びます。

罪を犯した者は、その時点で大きな覚悟をしなければなりません。
罰を受け、償いをする覚悟です。
罰は、警察や裁判所を通じて国民が与えます。
償いは、被害者との関係で決まります。
性犯罪被害者から、「償いなんて無い。お前なんか死んでしまえ。」と言われたら、
加害者は償いとして、本気で死ぬことを考えなければなりません。
それだけ悪質な重大犯罪です。

なのに、それなのに、この犯罪者はどこに隠れているのでしょう。
全く姿を見せません。
犯罪も卑劣なら、その後の行動も極めて卑劣です。
こんな卑劣な人間を逃がしてはならない。
即刻捕獲して檻に入れ、罰を与えねばなりません。

警察はいったい何をしているのか。
週刊誌では、中村元刑事部長が犯罪をもみ消したと出ています。
警察が人によって法律の適用を自由に変えるなど、言語道断です。
普通の国ならこんなことが明るみに出れば、大騒ぎです。
また、こんな不公正な警察に「共謀罪」を与えるなど、恐ろしいことです。
このごろ警察の怖さを想像できない人達が、気楽に「共謀罪」擁護発言をしています。
しかし、私たちは「山口敬之放免事件」を決して忘れずに、
卑劣な警察を信用せず、絶えず監視をしなければいけません。

山口2

もう一つ卑劣なのは、マスコミです。
腰を引いてしまって「山口敬之強姦事件」を全く報道しません。
海外のメディアの方がよく取り上げている位です。
被害者の勇気と比べて、なんとも不甲斐ない姿です。
まず私たちは、TV局に抗議をし続けましょう。
私がこの男をよく見かけたのは「羽鳥慎一 モーニングショー」です。
ここに抗議をします。
.この「犯罪者:山口敬之」が急にTVから消えた問題を、
何の説明もなく何もなかったようにして番組を続けたなら、
玉川徹氏の「そもそも総研」だって信用できなくなります。
ちっとはしっかりしろ、テレビ朝日。

最初に卑劣なのは、罪を犯して逃げ回る山口敬之。
次に卑劣なのは、法律を無視して暴走する警察。
次に卑劣なのは、腰が引けて役に立たないマスコミ。
そして、この3つに大きな影響力を与える独裁安倍官邸。
日本は今、卑怯者国家です。

いろいろな新しい悪事が出てきて、次々に前の悪事が忘れ去られますが、
忘れてはいけないことがたくさんあります。
安倍降ろしは、こんな様々な事件を一つ一つ掘り返すことの積み重ねで、
達成できるかもしれません。
そう思って、しつこく騒ぎ続ける今日この頃です。









ウソつきはアカンやろ!平気でウソをつく奴らを許すな!
いっつもウソばっかりつく子は、親が厳しく叱って教育し直すやろ。
いっつもウソをついて子供をごまかす親は、子供に見捨てられてしまうやろ。
いつも友達にウソつく奴は、最後に1人ぼっちになってしまうやろ。
ウソの報告をする部下に、大事な仕事は任されへんやろ。
商品にウソの表示をする店では、誰も買い物をせんやろ。
ウソをついて他人からお金をせしめた者は、犯罪者として捕まるやろ。

これらは極々当たり前のことです。
普通私たちはウソつきが嫌いです。
世間ではウソつきは信用されません。
世の中にはいろいろな事情がありますので、
みんながみんないつも清廉潔白に生きられる訳ではありません。
しかし、自分はできるだけウソをつかないと心掛け、
よほどの理由がない限り他人のウソは許さないというのは、
健全な社会を営む上で大切なことだと思います。

それなのに、あぁそれなのに、
この人が総理大臣になってからというもの、
ウソつき度合いが余りにも酷すぎます。

2017 6 安倍

これまでも日本政府は、
「消費税を上げないと国の経済が破綻しそう。」とか、
「消費税は福祉に使う。」とか、たくさんウソをついてきました。
安倍首相はその上に、
「安保法制は自衛のため。」とか、
「共謀罪はテロ防止のため。」とか、
「共謀罪がなければオリンピックを開けない。」とか言い放ってきました。
そして、自分に降りかかった不正疑獄に関しては超強気で突っぱね、
関係役所・機関に完全隠蔽を指示しています。

安倍首相は、
いわゆる「息をするようにウソをつく」人間です。
今の日本の悲劇はウソつき人間達が国を支配していることです。

ウソつきを総裁にしているため、自民党全体が国民にウソをつくのが平気です。
連立与党の公明党は恥ずかしげもなく、
「福祉と平和の党」というウソの看板を立てたままで国民を裏切ります。
維新は橋下徹氏の「2万パーセント政界には出ない。」という大ウソから始まった党ですから、
ウソをつくのが党是のような集団です。
民進党は国民への公約を守ろうとした誠実な党員を追い出し、
保身のために国民にウソついたまま居残った人達の党です。

ウソつきは人間として失格です。
人間は弱い者ですから、時々ウソをついたりごまかしたりしますが、
彼らは私たちのような巷の人間のレベルではありません。
彼らはウソを駆使して保身や利権あさりをしている人間です。
政治家はウソつきでないとなれないと言う人がいますが、それウソです。
ウソつきは政治家になってはいけません。
政治家は誠実な人間だけしかなれないし、常に誠実でいなければなりません。
政治活動の中で、今は隠さなければいけないことや、ゴマカシておくこともあります。
しかし、重要なことは国民に必ず誠実に知らせなければなりません。
まず、私たちの政治家像を変える必要があります。

選挙の時、誰に入れていいか分からないという人がたくさんいますが、簡単です。
まずはウソつきを省き、ウソをつかない人から選べばいいのです。
他人がウソつきかどうかを察知できる能力は、生きていくのに最も大切な能力です。
私たちは人を見る目を磨き「ウソつき人間」かどうかを見極めましょう。
そして、社会の敵「ウソつき人間」を軽蔑し決して許さず、
社会の表舞台から永久に追放しましょう。

ウソつきが少なくなり、誠実な政治家が多くなって、初めて世の中が変わります。
やはり、長い年月が必要です。
とりあえず、戦後最悪の「ウソつき人間」安倍晋三様を追放しましょう。
そこからです。


今の日本ならどんな酷い(ヒドイ)国にでもなれる。それでも、前を・・。
共謀罪が通った。
いや、
凶暴に天下の悪法・共謀罪が通された。
先の戦争からおよそ70年、
こんなに短い間に、元の酷い国に辿り着いてしまいました。

民主主義という漢字が読めない総理大臣。
自分たちを縛る憲法を、勝手に変えてしまえる政府。
立法・国会をないがしろにできる行政・内閣。
三権分立を理解できず、内閣に追従するだけの裁判所。
企業の存続しか頭にない、魂の抜けたマスコミ。
国民を思う心と闘争心とが欠けた最大野党。
寄生している、脳内をお題目で洗脳された巨大宗教団体。
戦略とまとまりを持たない市民運動。
国民主権という言葉の意味を習っていない国民。
そして何より、
アメリカの支配を振りほどいて独立しようという、気概を持つ気のない国。

こうして見ると、
国がほころびていく条件を全て持っている国であり、
誠実な国を営む条件を全て持ち合わせていない国であります。
このままだと、日本はどんな酷い国にでもなっていくことができるでしょう。

国連と国際ルール無視の国。
秘密警察国家。言論弾圧の国。
過去の経済の栄光にしがみつく老醜国家。
アメリカべったりの戦争大好きの軍事国家。
アジアで1人ぼっちの嫌われもの国家。
アジア危機から世界動乱への、引き金だって引きそうな勢い。
国民が一見おとなしそうで、まだ少しは金持ち国家なので、
きっと、世界1不気味で信用ならない国になりそうです。

たかだかあんな1人の人間のせいで、ここまで国が壊れるとは。
思えば、日本ってそんなにもろい土台の上に乗っかっていたのか。
戦後から今までの営みは、いったい何だったのか。
いっぱい金儲けしてそれを使い果たしたら、もうこれでお終いか。
ああ、ため息が出る。
これはちょっとやそっとで立ち直れない。
・・・・・・

と、短期的にはボヤキつつ、
少し元気を振り絞って長期的にも考えていきましょう。
考え得る最悪の国家像から振り向いてみると、まだまだ入り口かも。
まだまだ大丈夫。(-10から-2を見ると+方向に見えます。)
希望だって遠くに見えます。(-10に-2をかけると+20になります。)

共謀罪が通されても、明日逮捕されるわけではない。
ほんとに怖くなるのはもうちょっと先。
反撃の機会が全くないではありません。まだ打つ手はあります。
取りあえず、革命か選挙。
すみませんが、革命は他の方にお譲りして選挙を考えます。

年月がかかろうとも、選挙でマトモな政治を取り戻すしかありません。
ただし、敵が想像以上にしぶとく強力で、味方が想定以上にだらしないので、
戦略は考えなおさなければいけません。
民進党を柱にした野党共闘ではもう無理です。
1度や2度や3度の選挙など犠牲にしてでも、
一度全てをバラして新しい体勢を作り直さなければなりません。

その間、日本はもっと悲惨な状況を迎えるでしょう。
自・公・維がつるんでいる限り、民進党がこのままでいる限り、
残念ながらその不幸を避けようがありません。
選挙で勝つまでは地道な努力を重ねながら、
苦難に耐えるしか術はありません。

安倍政権が中国に攻め込んで、返り討ちに遭って国が滅ぼされるか。
リベラル勢力が、安倍秘密警察によって全員弾圧を受けるか。
核爆発で地球そのものが消滅するか。
天照大神とお釈迦様とキリストとムハンマドとシバ神が、
「もういいよ。抵抗はそこまででいいよ。」と人々を諭すまで。

それまで、真っ当な政治を求めて地道な努力を続けていきます。
なんとか穏やかな今に執着せず、少し先にある不幸を怖れず、
もっと先にあるものを見据えながら、大胆な変革を目指したと思っています。
少なくとも、あと30年は生きなければ。(100歳?)

まずは壊せ!そして、その上に築け!

これで、共謀罪成立で落ち込んだ自分の気持ちが少し治まりました。