神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



国民民主党のことなんやけど・・・
国民民主党のことなんやけど。
まだ動き出したばっかりやのに、寄ってたかってこき下ろすのは、
ちょっと可哀想やと思いますわ。

国民民主党

民進党って、行き先を決めてない議員がいる待合室みたいなもんで、
時間と共に消えてしまう運命やったし。
希望の党って、動機がまちまちで集結したのに責任者が逃げてしもて、
「この党は一体どないなってんねん!」状態やったし、
どっちみち、両方ともあのままの姿ではおられませんでした。
なので、今回できた「国民民主党」というのはまだ最終形と違て、
これから繰り返す変身の過程のひとつの段階に違いない。
そう考えてあげた方がええのとちがいますやろか。

ワタシラなんか、逆にようやったと思たりしてます。
野田さん、細野さん、長島さん、松原さん、中山グループなど、
野党共闘の障害になるメンバーをブチッと切り離せたこと。
そして次に、「これからどないしょ?」と迷ってた人らに、
「あんたら、ほんまはどのグループに入ってどないしたいねん。」
と、それぞれに身の振り方をいっしょに考えるために、
階段の踊り場を提供したことなんか、ちょっと評価してもええかと思てます。

そら、文句つけようと思えばいっぱいありますやろ。
絶対に許せん前原某がちゃっかりと残ってるやないかとか。
いっしょになったのに、大幅に人数減らしてどないしとんねんとか。
また、両代表が地味で迫力がなさ過ぎるやないかとか。
言いたい気持ちは重々分かります。
でも、第一歩としては、こんなもんで堪忍しといてあげませんか。
頭ごなしに新党はダメダメと決めつけるのは、まだ早いと思いますよ。
マスコミ総がかりの悪口オンパレードに乗って、
野党側の支持者までいっしょに悪口言うてたら、それこそ敵の思う壺でっせ。

それと、立憲民主党との関係の話しですけど。
立憲民主党は今回の合併劇を喜んでるに違いないですね。
今回の新党騒ぎの結果、立憲民主党がまた勢力拡大になりますわ。
現状、立憲民主党が野党結集の中心になるのは間違いないので、
ワタシラも立憲民主党が大きくなるのは基本的には賛成してます。
そやけど、ちょっと心配もありますねん。
「立憲民主党が野党第一党で、我が党のみが筋の通った真の野党であ~る。」
「よって、野党共闘の形は全部我が党に任せなさ~い。」
と、強気に出てしまわないかということですわ。

このところ、
「国民が作り上げた信頼の野党:立憲民主党」
「グジュグジュに集まった理念なき:国民民主党」
みたいな評価が只今巷を駆け巡っておりまする。
でも、ワタシラ民主党から追い出された隠れ家政党・自由党から見れば、
このややこしい政治の世界、そんな単純なものではあり得ません年まん年。
この流れは、野党共闘を阻もうとする敵の分断作戦でないことはないと、
思えなくはないのではないかと考える今日この頃のワタクシです。

立憲民主党にしても国民民主党にしても、
お互いまだ出来たての未熟な党同志やございませんか。
党の評価はまだまだこれからでございますやろ。
どう共産党と結び合えるのか、
ちっちゃな自由党や社民党にどれだけ敬意を払えるのか、

その結果どんな形の野党共闘ができそうなのか。
評価はその後でいいのやないですか。

野党共闘の形が決まっていくのもまだまだこれからです。
ちょっとした離合集散やケンカや仲直りを繰り返し、
その途の中から野党結集の形が見えてくると思てます。
その時、一方を期待し過ぎたり、一方をボロクソに貶めることもなく、
互いに敬意を持って進んで行ってほしいと、心から願っている今日この頃です。

最後に、
野党共闘の象徴・小沢一郎と、共産党の改革者・志位和夫さん、
この2人を抜きにして決して野党共闘はありえません。
このことをシツコク強調しといて、
神戸の下町路地裏からのボヤキ講座を修了させていただきます。

ほな、皆さんおやすみやす。




スポンサーサイト
日本が東アジアで蚊帳の外なのは当たり前
朝鮮半島の南北融和が劇的に進む中、
ポツンと残されたみっともない国、日本。

朝鮮半島

日本が敗戦後マトモに国づくりをしていたら、
米朝会談は沖縄か北海道で行われるはずです。
朝鮮半島が米・中・ソ連によって南北分断されたきっかけには、
日本の植民地支配が大きな影響を与えています。
本当なら、日本が南北分断されていなければならないほど責任があります。
せめて、日本が積極的に南北融和の旗振りをしなければならなかった。

日本は真逆の歴史を刻んでしまいました。
まず、南北分断の最悪の悲劇である朝鮮戦争で、
日本は経済復興の第一歩をもらってしまいました。
その後も、独裁政治に苦しむ韓国と北朝鮮を尻目に、
日本は経済大国への道を脇目も振らずに歩んできました。
私がコリアンなら、こんな日本を好きにはなれません。

そして、韓国や中国が国からの重しが取れてやっと経済発展しかけだすと、
それをアジアの発展として歓迎するのではなく、嫉妬心と歪んだプライドからなのか、
日本では嫌韓・嫌中・北朝鮮叩きが激しく始まりました。
なんと醜いイヤな国になってしまったのでしょう。

極めつけは、安倍晋三を総理大臣にしてしまったことです。
韓国・北朝鮮・中国が絶対に許すことのできない戦犯、
岸信介の孫を総理大臣にしたことです。
岸信介は満州を中心して中国を蹂躙しA級戦犯になったけれど、
戦後アメリカ占領軍に協力することで処刑から逃れました。
その後アメリカの後ろ盾で首相になり、
韓国の朴正煕独裁政権と手を結び韓国利権をむさぼったことで有名です。

岸 戦犯

つまり、アジアを足蹴にしながらアメリカに全面服従することによって、
自分の地位を確保するという今の安倍晋三の原型がそこにあります。
そして、利権に執着する薄汚さも全く同じです。

私たち日本人は、あまりにも能天気ででぼんくらでした。
安倍晋三を首相に据える日本人の無神経さを、
アジア各国やアメリカがどう捉えるかが想像できなかったのです。
また、呪われた家系であっても安倍晋三が有能であればまだしも、
政治家として全くの無能であったことと、
人間として異常な性格であったこととが重なり、
さらに日本を疲弊させ孤立の道へと導きました。
日本が、安倍晋三が、蚊帳の外に置かれたのは当然の結果です。
安倍晋三自体が蚊を持ち込む人間なのですから。

この度の南北会談の両首脳の姿を見たとき、
日本は変わりゆくこの世界から、当分は見放されるだろうと、
つくづく感じてしまいました。

南北会談01

やっぱり、
日本は戦後70年余り、自立した国づくりをサボっていたのです。
アメリカの占領支配は戦後から今まで、ずっとそのままです。
アメリカとの地位協定の存在が、ようやく最近問題になってきました。
やっと、日本は独立国でないと分かり始めた段階です。
また、立憲民主主義国家と言いながら、
世界に冠たる平和憲法を持っていると言いながら、
憲法と軍隊(自衛隊)の矛盾を解決する努力をしてこなかった。
憲法に従っての武装解除なのか、現実を受け入れての九条改訂なのか、
アメリカの占領下ということがあるとしても、
根本的な矛盾をずっと先延ばしにしてしまいました。

どうせアメリカから自立するのは難しいから、
政治的な外交なんて全部アメリカ任せで放っておいて、
金儲けの貿易だけを考えていこうと突っ走ってきたこの70年。
気がついたら、金儲けさえもうまく回らなくなってきました。
そして今、日本は経済大国でもなければ、
世界で存在感のある一流国でもなければ、
それほど世界に愛される国でもないことに気がつきました。
とは言っても、
まだまだ日本は世界の中で豊かな住みやすい国です。
今からでもやり直しができる国です。

もう一度やり直しましょう。
アメリカの凋落と中国の台頭で、世界は変わります。
朝鮮半島の融和で、アジアは変わります。
かつての誇りや成功体験を捨て、
少しは日本のいいところを再発見して、
日本は二流国、三流国からの再スタートです。

まずは国のあり方を定めるため、政治から変えましょう。
自民党はもう腐り果てています。
宗教政党は何の役にも立ちません。
野党は政権を獲りにいくという腹が据わっていません。
日本の政党は再編成する必要があります。
大きく変えるつもりで行きましょう。

政治を変えて方向を定め、
次は明日のために教育を充実させましょう。
気の遠くなる永い永い道のりです。
今世では無理なので、来世に向かって進むことにします。
こんな国でも、やはり私は日本を人々を愛しているから。














「安倍政権を倒すためなら、誰とでも組む!」と言えよ。
旧民進党さん関係の人達は、何を勘違いなさっているのでしょう。
戦後最悪の安倍政権という危機的な状況の下で、
今国民はもがき苦しんでいる最中なのですよ。

旧民進党がどんな形でグループ再編されるかなど、国民はどうでもいいのです。
どのグループが一番マシかなどの競争には、全く興味がありません。
議員個々人の思想信条だって、別にどうでもいいのです。
知りたいのは、本気ですぐに安倍政権を倒す気があるのかどうかです。

憲法問題も、防衛の問題も、原発の問題も、
景気の問題も、貧困の問題も、福祉の問題も、
安倍晋三が首相をしている限り、どうにもいい方向に動くことはありません。
ズルズル、ズルズル悪い方向に流れていくだけです。
なにしろ他人の話など聞く気もないし、国会だって進んで開く気はないのですから。
安倍晋三が首相をしている限り、
民主主義は機能してないし、国はボロボロ腐っていくばかりです。

世直しの第一歩は、安倍晋三を辞めさせることです。
とんでもなく酷い総理大臣が出現したとき、
これを辞めさせる力が野党や国民になかったら、
私たちが信奉している民主主義など何の役にも立ちません。
野党の第一使命は、安倍晋三の汚い手から政治を奪い取ることです。
今はこれ以外のことなど、野党に期待していません。

民主党が政権を自民党に差し上げた後、
どんなに取り繕っても旧民進党の議員の信頼は取り戻せません。
国民との公約を破り、小沢・鳩山グループを追い出した罪は消えません。
希望の党に行った議員も、立憲民主党に行った議員も、
民進党に残った参議院の議員も、無所属の会にいる民主党破壊の戦犯も、
みんなチョボチョボ、このままでは国民の役に立てない議員ばかりです。

プライドだけは高い人達だから、心から国民や旧同士に謝ることはないでしょう。
だったら、生まれ変わるしかありません。
我を捨てて、国民の為に身を尽くすことです。
その国民の声は、「安倍晋三を辞めさせろ!」です。

旧民進党の皆さんよ、
「安倍政権を倒すためなら、誰とでも組む!」と言えよ。
「共産党には魂を売らない!」 なんて頭大丈夫か、元代表よ。
共産党と協力など当たり前、小沢一郎さんには三顧の礼で来てもらえ。
向こう側の維新だって公明党だって、自民党だって、
切り崩したり籠絡したり、なんとでも接触する方法はあるだろうに。
政治家って、自分のやりたいこと、やり易いことだけをやるのですか。
国民のためには、嫌なことでも工夫して実行するものではないのですか。
だったら、口先ばかりでなく汗をかいてくれ。

先日、自由党のビラ配りをしていたときに言われました。
「とにかく安倍晋三を辞めさせてくれ。こんなチラシなど読んでもしょうがない。」
厳しいお言葉ですが、返す言葉はありません。

安倍晋三を辞めさせなければ、何も始まらない。
安倍晋三を辞めさせた後は、激しくケンカをやってもいい。
各グループの主張も聞き比べてもあげよう。
議員個人の主張も聞かせてもらおう。

でも今は、
「安倍政権を倒すためなら、誰とでも組む!」
そう言えよ。



「国民の生活は絶対守る。今よりもっと豊かにする。」って、大きな声で宣言しようぜ。
このまま行けば、「立憲民主党」が野党共闘の中心になりそうな気配です。
その代表の枝野さんが、先日のロイターのインタヴューでこんなことを話してました。
経済政策についてです。
「単純に法人税を大幅に増税すればいい。法人所得税の税率を上げるべき。」
「私は財政規律論者だが、消費不況の原因の一つとして心理的要因が大きいので、
消費税は当分は上げるべきではない。」

枝野1

おっしゃる通り、法人税の大幅増税に大賛成です。
会社栄えて人が窮する社会など、本末転倒ですから。
でも、枝野さんって財政規律論者なんですね。
なので、消費税に関してはややパンチ不足です。
消費税を5%に戻す、いや廃止するとかは言えないのですね。

また、「立憲民主党」はこんな風にも言っていますよね。
「国民のみなさんの日常の暮らし、現場のリアルな声に根ざした、ボトムアップの政治を実現する。
それが私たちの描く、日本の未来です。右でも左でもなく、前へ。」
「前へ!」って、明治大学のラグビー部のようで、とってもいいです。

現場のリアルな声は、今更探しに行かなくても十分に聞こえています。
「衣食住を確保して、安心して暮らしていけるようにしてくれ。」
「金持ちと庶民の不公平な格差を無くしてくれ。」
「こども達にとって、未来に夢のある国にしてくれ。」
民の声は爆発寸前のように、巷で沸き上がっております。
ぜひこの声に応えていただきたいと期待いたします。

そこで思うのですが、
国民が政党や政治家に今求めているのは、いったい何なのか。
私が必要だと感じているのは、
国民を安心させ未来に希望を感じさせる、改革野党の強いメッセージです。
そして、信頼できそうな野党共闘の凜々しい立ち姿です。
リベラルの筋を通した謙虚な政党より、
そんな力強い政党群ではないでしょうか。

もちろん、立憲民主党だけに任せていてはいけません。
また、枝野さんを唯一のリーダーと考えていくのも、どうかなと思っています。
それは、これからの野党間で競争しながら克服すべき問題だと考えています。
とにかく、強い野党共闘の結びつきが必要です。
その結びつきのための、強い宣言が必要です。

私たちの国が停滞し、国民が貧しくなった原因の正体は、こんなものかな。
◆金持ち優遇で不公平な、自民公明の歪んだ経済政策。
◆成長を考えず、財政規律論を優先する欺瞞の経済政策。
◆社会福祉を国の責任と考えず、金持ちの施しと捉える福祉行政。
◆アメリカ盲従で、日本の富をアメリカに貢ぎまくる安倍・自民党政権。
◆税金を喰い者にして、シャブリ尽くす高級官僚。

これらを、政権が変わって少しずつ改善していけば、
もっと国民の収入を上げ、福祉を充実させることができます。
本来なら日本が今でも享受できるはずの、
より豊かでより公平な国民生活を、必ず実現することができます。

弁護士や官僚出身の政治家はどうしても、
自分たちの夢や目標を大きな声で宣言できません。
ある意味、政治家に不向きです。
あの田中角栄さんのように、
政治家としての全存在で堂々と訴えようじゃないですか。

1.jpg

「皆さん安心して下さい。皆さんの生活は絶対に私たちが守ります。」
「そして、今よりもっと豊かで公平な社会にすることを約束できます。」

===============================
(追補)
大きな声で宣言できそうな政治家、私的ランキング。

1.田中角栄(残念:故人)
2.小沢一郎
3.山本太郎
4.なし
・ 
(中略)

15.なし   (*ラグビーでは15人までがレギュラーです。)
16.辻元清美
17.枝野幸男

(*この件に関し、苦情や反論は受け付けません。気が弱いので・・)


野党共闘は国会論戦から始めてくれ。
ナンダカナァ・・・の選挙戦が終わってもう1ヶ月。
予定通り、安倍晋三さんはやり放題でございます。
つくづく思います。
選挙で勝ったら何でもできる。
その反対に、選挙で負けたら何にもできない。
何にもできないと言うと、怒りそうな人がいるので言い換えると、
選挙で負けたら、選挙で勝った奴らの百分の一さえ政策が実現できない。

自分を納得させるために、
「民主党が割れて確かな野党ができた。」と慰めようとしても、
やっぱり気持ちが収まりません。
選挙に勝たんとあきまへん。
政権を獲らんと何にもできまへん。
せめて、「次は選挙に勝てるぞ。」と思える体制を持てないと、
心が晴れることはありません。

ならばと、次は選挙で勝てる体制ができそうかと見渡すと、
また、ナンダカナァ・・・と思わざるをえません。
「確かな野党ができたぞ。」
「進んで投票する先ができたぞ。」
などと、喜んでらっしゃる方も多いと思います。
しかし、立派な野党ができただけでは、心から喜ぶことができません。

立憲民主党の枝野さんは今、
「唯一筋を通した政党」の代表として評価されています。
でも、振り返ってみると、
枝野さんって、筋を通して公約を守ろうとした小沢グループを追い出した、
民主党政府のエライさんではなかったっけ。
自由党支持者の私から見ると、
誇らしげにインタビューを受けている姿に、何かこそばゆい思いを禁じえませぬ。

枝野1

しかし、決して立憲民主党にケチを付けたいわけではありません。
それどころか、あの混乱の中で国民の支持を集めた立憲民主党に敬意を持っています。
そして、期待もしています。
かつての共産党ではあるまいに、
「確かな野党」で留まってほしくないのです。
野党第一党には野党をまとめる責任があるのです。
別の言葉に言い換えれば、
「政権目指さないなら、政党なんて止めればいい。」
「好き嫌いで共闘を拒否するなら、政治家なんて辞めればいい。」
そう言いたいのです。

国民の願いは、
「確かな野党」ではありません。
「美しい野党共闘」だけでもありません。
その先にある、
国民の生活を第一に考える、私たちの政権の誕生です。
国民の生命を守り生活をに豊かにする、政策の実現です。

そこで、ここからは醍醐聰名誉教授からの受け売りです。
「野党共闘」は選挙時だけではありません。
まずは、今始まっている国会論戦から「野党共闘」を始めるべきです。
国会での「野党共闘」の成果を国民に見せつけるべきです。
「モリカケ犯罪」や「レイプ犯罪隠蔽工作」など、
野党が協力して一丸となって身近な事件を追及するべきです。
立憲民主党が先頭に立って野党間の調整をしてくだされ。
そうすれば、
選挙時だけのご都合共闘という批判を跳ね返すことができます。

私たち懐の深い自由党支持者は、
立憲民主党が軸になって野党協力を推進していくなら、
かつて民主党時代に行った小ズルイ自己保身行為は忘れてあげます。
枝野さんと小沢さんが「天敵」だなどと書くマスコミがありますが、見当外れな記事です。
小沢さんは面倒くさがりなので「天敵」など作りません。
共産党とでも仲良くしてしまいます。
枝野さん次第でいつでもWELCOMEです。

立憲民主党が民進党から脱皮して、心の広い政党に生まれ変わり、
枝野さんが「NEWエダノン」に変身し、野党共闘の軸になることを期待しております。
選挙結果に失望だけしても未来を生きていけませんので、
多少の不安を抱きながらも前向きに考え始める、今日この頃です。