神戸の路地から
神戸の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

日だまりの老犬           (加島一正)

Author:日だまりの老犬           (加島一正)
神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、団塊じいさん。
どんな子でも自立して社会に出れば、そこそこ幸せな生活ができるような世の中にしたくて、がさごそと動く今日この頃。
心がける合い言葉は、「あきらめず、しなやかにしたたかに。」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



もう北朝鮮のことは、放っておいてもらえませんか
私は北朝鮮のミサイルです。
そう、世界で最も嫌われているミサイルです。
私は自分がどこにいて、どっちを向いて立っているか、
先っぽに何がくっついているか、何も知りません。
私はただ、将軍様の命令で誰かがボタンを押すと、
知らないどこかの国に向かって飛ばされる運命です。

ミサイル 1

私は自分がどんな能力を持っているのか知りません。
ポンコツの張りぼてなのか、最新で優秀なのか知りません。
でも、私がどこかへ飛ばされると、人の命を奪ってしまうのかも知れません。
もし、韓国のソウルや日本の東京や福井の原発に飛ばされようものなら、
どれだけたくさんの人を犠牲にするか、考えただけでも気が狂いそうです。

私だってミサイルなんかになりたくはありませんでした。
できれば、人々のお腹を持たし子供達を育てる、米や麦になりたかったのです。
でも、お国の内や外にいろんな事情があるのでしょう。
私はミサイルとして、ここにいます。

私のお国のことはいろいろ言われています。
私たちの耳にも入ってきます。
悪の枢軸国、やっかいなお荷物国、出来損ないの国、・・・・・
韓国人にとっては、最も怖い近親憎悪の敵国。
日本人にとっては、最も嫌われている国。
世界中でまともな国扱いをしてもらえません。

自分たちでもおかしな国だと思っています。
社会主義共和国なのに世襲の王制?
後継者争いや権力争いは常に殺し合い!
国民の生活よりも軍備第一?
言論や報道の自由は最下位常連国!
世界最悪の国であることは気がついています。

しかし、好きでこうなったわけではありません。
朝鮮半島はおよそ2000年以上前から中国の干渉を受け、
ずっと中国の属国のような扱いでした。
近代になり中国の干渉から解放されると、
次は日本の支配下に置かれ、完全な植民地になりました。
そして、先の世界大戦で日本の支配から解放された瞬間、
北と南に分断されてしまったのです。
北はソ連(ソビエト)の支配下、南はアメリカの支配下です。

なぜ、加害国である日本がドイツのように分断されず、
被害国である朝鮮が分断されなければならないのでしょう。
日本が北朝鮮や韓国が嫌いだという前に、
このことに対する反省と謝罪をするべきではないでしょうか。
「嫌うのはこっちの方だ。」と、言いたい気持ちを抑えきれません。

朝鮮半島分断の後、ソ連とアメリカは酷いことをしました。
まずソ連は、北朝鮮の支配者として、
自分たちの使い勝手のいい人間を送り込んできました。
第一代目の金日成将軍様です。
こうしていびつな国、北朝鮮を完成させました。
これに対抗してアメリカは、韓国を米軍の統治下に置き、
朴正煕に軍独裁の国家を成立させました。
東西冷戦のアジアの接点を朝鮮半島に作り出した訳です。

歴史に蹂躙される哀れな朝鮮半島、
自分の国ながらそう感じずにはいられません。
そして、米ソ冷戦のアジア局地戦として、とうとう朝鮮内戦が起こされました。
最初に手を出したのは北朝鮮だと言われていますが、真実は何か分かりません。
どっちにしろ、北も南も自分の意志だけで動けるはずはないのですから。
その朝鮮内戦の間朝鮮民族は多くの血を流しました。
一方朝鮮半島を植民地にしてアジアを蹂躙し、敗戦の憂き目に遭った日本は、
この朝鮮内戦による特需を経済の復興のきっかけにすることができたのです。
なんたる歴史の皮肉、
朝鮮民族が少しは日本を恨んでも、文句を言われないでしょう。

そして、私たちの国の不幸は、また朝鮮戦争後から始まりました。
アメリカが内線の終結を許さなかったのです。
今でも北と南は戦争中です。
65年に渡る、永い永い休戦状態です。

私たちも、自分たちの国がまともな国でないことは、分かっています。
国民の生活を豊かにせずに軍備を拡張する愚かさも、分かっています。
3代目の将軍様が、一国の指導者の能力がないことも、分かっています。
将軍様の髪型の不細工さも感じています。
マスゲームや喜び組も、よそから見れば笑いものだと感じています。
しかし、そんな不格好でありハリネズミのようにギスギスした格好でしか、
私たちは今の世界をを生きていけないのです。

朝鮮内戦が終戦できない理由は何。
そもそも、朝鮮が未だに2つの国に分かれている理由は何。
私たちの武力で韓国や日本を侵略できるとでも思っているのでしょうか。
いったい何の目的で、私たちが他国を侵略するのか。
誰か教えて下さい。
私たちほとんどの朝鮮民族の心の中には、
平和的な民族統一を夢見る想いが、必ず宿っています。

私たちの北朝鮮は、アメリカにとって日本にとって、
また中国やロシアにとってとても重宝な国です。
常に軍事的な緊張を作り出したい軍事国家にとってありがたい国です。
外に敵を保っておくことは、その国の政権にとって便利な道具です。
私たちのようなちっぽけな国は、そんな存在としてしか認められていません。

しかし、もう冷戦終結からおよそ40年経っています。
日本もアメリカも、私たちの国を放っておいて下さい。
中国もロシアも保護してもらわなくて結構です。
私たちは、同胞の韓国の人達と時間を掛けて話合い、
ゆっくりと統一の形を決めていきます。

アメリカのトランプ大統領や日本の安倍首相にもてあそばれるのは、
もうごめんです。
いい加減にしろと言いたい。
自分の国のことは国内で解決しろ。
他国を利用して政権を運営するのは止めろ。
本当に、トランプも安倍も金正恩も要らない。
どこかに行ってもらいたい。
そんな気持ちです。

私は北朝鮮のミサイルです。
今さら他のものに生まれ変わることはできません。
私はミサイルとして、使われることなくここで朽ち果てたいと願っています。

麦畑1

そしていつか、
さびて大地に埋もれて故国の土になり、
米や麦を育てる手伝いができたらと願っています。
どうか、私たちの国をそっとしておいてください。
どうか、私をここにこのまま置いてください。


スポンサーサイト
フランスのル・ペン氏を極右と言うなら、安倍自民党も極右政党と呼べ。
フランスでは大統領選挙の第一弾が終わりました。
第2弾の決選投票に向け争っているのは、この二人です。

フランス 選挙1

写真は朝のNHKニュースの解説です。
■1位 マクロン前経財相(中道:無所属)
■2位 ル・ペン(極右:国民戦線)
どこのマスコミもこんな肩書きでの紹介です。
こんな風に並べて解説されてしまうと、
外国のことなどよく知らない日本の人達は、こう思うでしょう。
「台頭する差別主義者の極右ル・ペンと、
 それに待ったをかける、新進の中道マクロンとの戦い。」
しかし、状況はそんな単純な事ではなさそうです。
先日、フランス政治に詳しい先生から講義を受けることができました。

フランス 予備選1
(左から、フィヨン、マクロン、メランション、ル・ペン、アモン)

上に並んだ5人の候補者が予備選を戦いました。
結果はこうです。
1位 マクロン(前経財相「社会党」→「前進」) 24.0%
2位 ル・ペン(「国民戦線」)            21.3%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3位 フィヨン(元首相「共和党」)          20.0%
4位 メランション氏(「左翼党」)           19.6%
5位 アモン (「社会党」)                6.4%

これまでになく、フランスの政界も混乱しております。
かつて政権を担った党の代表であるフィヨンとアモンは、決戦には残れませんでした。
今回決選投票に残った2人は、新たな政党の代表です。
謂わば、日本にとってはうらやましい「政界のガラガラポン」です。
しかし、日本では決選投票に残ったこの2人をキチンと把握できていません。

1位のマクロン氏は、
既成政党の代表ではありませんが前閣僚で、
フランスの上層階級の代表である、超エリートです。
口では「フランスに変革をもたらす」と言っていますが、
親米でグローバリズムの支持者であり、EU残存派です。
口は達者だが話の中身はないという、
日本人で言えば、小泉純一郎を若くて賢くした政治家と言えそうです。

一方の2位ル・ペン氏は、
極右というレッテルで日本では誤解されがちな人です。
確かに所属する「国民戦線」はトンデモ極右政党でした。
しかし、党首である父親を追い出し、党の方針を大きく変えました。
なにより、グローバリズムに反対し経済格差をなくそうと訴えました。
また、アメリカへの追随主義をやめ、EU離脱を唱えています。
差別主義と言われますが、人種差別ではなく自国優先主義者です。
フランス国民であろうとするなら、人種が違おうと護るという主義です。
それでも私はその政策に反対ですが、
ただ、日本会議=安倍自民党の方がより民族差別の右翼であり、
経済格差に関心のない安倍政権より、ル・ペン氏がよっぽどどマシです。

また、4位になったメランション氏はアメリカで言えばサンダース氏のような候補です。
予備選後半では、決選投票に残るかというくらい追い上げてきていました。
もし、ル・ペン氏 vs メランション氏となっていれば、
右派からと左派からの、反グローバル主義、反アメリカ追随主義の、
金持ち優遇ではない、低所得階級に依拠するポピュリスト同士の対決でした。
アメリカで言えば、トランプ氏 vs サンダース氏、
とても日本では実現できない、ある意味うらやましい対決です。

また、ル・ペン氏は安倍首相と全く違う事があります。
それは言葉に責任を持っているということです。
安倍首相のように息をするように平気でウソをついたり、
ウソがばれても言った覚えがないと、ごまかしたりはしません。
ル・ペン氏は自分や党に不人気なりそうな政策でも、ハッキリと訴えます。
これだけでも、日本と比べてフランスの政治の方がうらやましい。

今回のフランスの大統領選挙の決戦について、私はこう思います。
本当は ル・ペン氏 vs メランション氏の対決になってほしかった。
しかし、マクロン氏 vs ル・ペン氏なら、多分マクロン氏が勝つであろう。
そして、フランスはほっとしながら、マクロン氏の偽の改革によって、
真の改革から少し遠ざかってしまうであろう。
それでも、それでも、日本より遙かにマシな政治状況であることか。

日本のマスコミは、海外の政治を薄っぺらな解説でごまかします。
そして、海外の政治家の足下にも及ばない安倍首相らをヨイショします。
よほどしっかり世界を見ていないと、知らない間に私たちは、
日本の政治が一番素晴らしいと思い込まされてしまいます。

マスコミが極右とレッテルを貼る ル・ペン氏は、
信条には同意できないとところがあるとしても、
少なくとも安倍晋三氏より遙かに有能で誠実な政治家です。
マスコミに告げる。
「ル・ペン氏を極右と言うなら、安倍自民党も極右政党と呼べ。」








では、安倍昭恵さん付のT.S子さんは可哀想なのか
お役人が資料を捨てたと言い張るもんで、
政府がそれに乗っかって隠し通すもんで、
思い切って本筋に突っ込めない「森友学園疑獄」。
話題の中心があちこち散らばる中、
今は安倍昭恵さん付のT.S子さんに世間の目が集中しております。

安倍昭恵さんに献身的に付き添ってきたT.S子さんに、
安倍夫妻は全ての責任を負わせようという魂胆です。
私的存在・公的存在?
政府は何をアホなことを言っているのでしょう。
誰が好き好んであんな面倒くさい人の付き人なるのでしょうか。
通産省の指示で通産省の職員として、働いているんに決まっています。

そして世間では、尽くして尽くして裏切られたT.S子さんのことを、
可哀想な人として同情的に見つめています。
さて、T.S子さんは可哀想な人なのでしょうか。
私が思うには、
T.S子さんは可哀想であり、可哀想ではない人です。

犯罪がばれて捕まりそうになると犯罪者グループが仲間割れし、
下位の者だけが責任を負わされるというのは、確かに可哀想です。
その点では、多少同情するところはあります。
しかし、上司からの指示であろうが何であろうが、
公務員は国民を騙したり隠したりして、不正な行為をしてはいけません。
当たり前のことです。
なぜなら、国家公務員の雇い主は国民です。

安倍晋三・昭恵夫婦が中心になって、財務省や大阪府を使い、
今回「森友学園」に関してやらかしたことは、紛れもなく悪事です。
国民の財産をかすめ取ってどこかへ流すという重大な犯罪です。
「森友学園」に関して安倍昭恵さんを手伝ったということは、
T.S子さんは犯罪に手を貸したということです。

どこかで気がついたはずです。
「これはダメだ。こんなことをやってはいけない。」
公務員や会社員のような宮仕えの人間は、
自分の意に反することを指示されることがあります。
時には犯罪に抵触するようなことさへ命令されます。
私も会社員時代には、些細なことで関わったことがあります。

そんなとき、
それをやるかやらないかの判断は、自分の責任です。
理不尽な命令を受けたとき、
何も考えず黙々と従うか、リスクを承知で出世のために挑戦するか、
勇気を持って拒否するか、思い切って反抗するか、
その結果で左遷されるか、いっそ辞職するか、
判断は人によって様々です。

有能な公務員が悪意のある上司や政治家に付いたとき、
その有能さを悪事に使わされてしまいます。
T.S子さんは有能な公務員であり、それが故に、
安倍昭恵さんが企てる不正を粛々と実現させてしまったと推測されます。

なので私は、
不正を拒否したり反抗して、不遇な目に遭った公務員は可哀想だと思います。
でも、仲間割れで責任を押しつけられた公務員は、可哀想だとは思いません。
なぜなら、逃げることができたからです。
先の戦争で、国民は否応なしに外国人を殺すため兵隊として動員されました。
本当に可哀想です。
なぜなら逃げることなどできなかったからです。
地震や津波で亡くなった人は可哀想です。
なぜなら、自分には何の責任もないからです。

厳しいようですが、自分の保身のために不正は絶対やってはいけない。
これは、国民の生命や財産を預かる公務員の第一原則だと思います。
T.S子さんには、このことを考えてほしいと思っています。
今彼女に願うことは、真相を告白してもらうことです。
とても無理だろうけど、そうすることができれば、
多くの国民が彼女の立場に同情して、許してくれると思います。

一方もっと上の公務員のことを考えると、
リスクを承知の上で出世を目指して国民に背を向けたままの、
財務省の迫田前理財局長や、佐川現理財局長、
また、T.S子さん上司である、経産省出身の今井尚哉首相首席秘書官などは、
到底許しがたい存在です。
あくまで役所の矛先はT.S子さんではなく、彼ら悪徳官僚です。
「書類は全部書庫に隠してある。悔しかったら自分たちの力でこの書庫を開けてみろ。」
こう言って居直っている悪徳官僚群を、
私たちは必ず白洲に引きずり出さねばなりません。

念じ続けます。
安倍政権打倒!官僚支配打破!




女王アッキーと魔法のランプ
アラビアの「千夜一夜物語」の中に、「アラジンと魔法のランプ」というお話があります。

アラジン

アラジンが魔法のランプをなでると、中から”ランプの魔神”が現れて願いを叶えてくれます。
アラジンは”ランプの魔神”のお陰で大金持ちとなって皇帝の娘と結婚することになり、
魔法使いとの戦いなどの様々な冒険を経て、人民に慕われる皇帝となります。
めでたしめでたしのお話です。

現代の日本にも”魔法のランプ”がありました。
しかし、こちらの話しは、めでたしめでたしとはいきませんでした。
”魔法のランプ”のありかは、日本国総理官邸。

総理官邸

”魔法のランプ”を使ったのは、総理官邸の女王・アッキーです。

安倍昭恵 1

女王・アッキーは”魔法のランプ”をなでながら、こう言いました。
「私、ファーストレディーになったの。何か私を満足させる相応しい仕事をさせて。」
”ランプの魔神”はご主人様の願いを叶えるため、
5人の召使いをお役所から連れてきて侍らせました。
「ご主人様、何かお望みがありましたら、この者達にお申し付け下さい。」
”ランプの魔神”は、そう言って消えていきました。

ここからが、女王アッキーの冒険の始まりです。
「どこかに私を必要としている人がいないかしら?」
アッキーは空飛ぶ絨毯に乗って全国を飛び回りました。
います、います。
何でも望みの叶う”魔法のランプ”を持っているアッキーは、全国で引っ張りだこです。
召使いにたくさんの命令をして、たくさんの役人を連れてきてもらい、
たくさんの要望に応えたと想像できます。
”教育勅語”仲間の「森友ファミリー」や、夫のゴルフ仲間である「加計グループ」は、
恐らくほんの一例にしか過ぎないのではないか、そう思われます。
全体像が見えるのは、まだまだこれからです。

森友学園疑惑の追求で、多方面の問題点が浮かび上がりました。
政治家の不正な関与、役所の不正処理、大阪府のいびつな対応、
そして、日本会議などの不可思議な森友学園へのバックアップ体制。
それぞれを、時間をかけて1つずつ明らかにする必要があります。

その1つとして、女王アッキーの動きを止める必要もあります。
早急に証人喚問に引きずり出すべきです。
安倍昭恵氏を利用しようとする人達にとっては、彼女は女神です。
しかし、その事で振り回される関係者や、被害を被る市民達にとっては、魔女です。
安倍昭恵氏はどんな役割を果たしたのか、追求しなければなりません。

また、籠池理事長の潔さに比べて、安倍昭恵氏はみっともない。
生来の無責任な無邪気さからいけば、
「100万円は上げたし、相談にも乗ってあげたけど、何が悪いの?」
そう言ってアッケラカンとしていれば、アッキー・ファンも納得したでしょう。
でも、今回は「記憶にない。」といって逃げ回りました。
何が家庭内野党だ。亭主の卑怯な逃げ方とソックリではないか。
アッキー・ファンも結構目が覚めたのではないでしょうか。

多分彼女は、自分が忌み嫌われることなど想像できないのでしょう。
「お前はみんなにとって迷惑だから、動くな、じっとしていろ。」
その国民の怒りの気持ちを、この際しっかりと伝えるべきです。
おそらく、安倍昭恵氏が罪に問われることはないでしょう。
職務権限は立証されにくいし、賄賂を受けているという事もないでしょう。

私たちにできることは、
安倍昭恵氏が自由に動けない空気づくりをすることと、
”魔法のランプ”つまり、首相夫人という地位から引きずり降ろす事です。

安倍政権、自公維政権打倒!

親や社会から甘やかされすぎた2人が夫婦になり、
そんな夫婦を王様と女王様にしてしまったことを、
私たちは心から反省し、2度とこの過ちを繰り返さないという誓いを、
深く心に刻みます。




「日本会議」の策動は、先の戦争で亡くなった人々の逆鱗に触れた
一強他弱で盤石の安倍独裁政権は、やりたい放題です。
国会・内閣・裁判所の三権分立など何のその。
日銀の独立権など完全無視。
全ては人事権を使って、安倍・菅コンビの官邸の掌の中です。
まして、野党や国民の声など、うるさい雑音としか思っていません。

そこに、この事件が起きてきました。
これはまた、私たちに別の日本の歪んだ姿を見せつけてくれました。

木村 真 豊中市議の地道な努力によって掘り出された、この疑獄事件は、
菅野 完 氏の超(変)人的な活動によって、全体像が整理されつつあります。
この「森友学園疑惑」は、
偏狭な右翼の宗教団体である【日本会議グループ】が、

森友 講演会1

籠池理事長の「森友学園」を舞台にして、
【安倍晋三・昭恵コンビ】や【大阪の維新】や【稲田ファミリー】など、
【教育再生機構】の人脈の皆さんが、仲良くお手々をつないで、

教育再生機構1

夢に見た「教育勅語」を基本にした学校をつくる。
こども達を洗脳して国家のために生きる人間を育てる。
そしていずれ、天皇中心の栄光ある大日本帝国を再興する。
そんな一大構想だったということです。
そこに読売グループも応援団として加わっていました。

これで謎が解けました。
なぜ、安倍晋三氏のような無能な人間が、総理大臣になれたのか。
なぜ、こんなに長く総理大臣でいられるのか。
なぜ、稲田朋美氏のような貧弱な人間が、安倍後継者と言われるのか。
なぜ、維新が安倍晋三氏といつも裏で手を握っていたのか。

【安倍晋三・昭恵夫婦】と自民党の金魚の糞達、
【大阪の維新】とチンピラな配下の議員達、
【稲田ファミリー】と教育再生せずに破壊する人達、
【日本会議グループ】という「神道」を利用するカルト宗教家達。
全ては、日本に寄生する偏狭な右翼マフィアだったのです。

しかし、なぜ急に、ここの来て彼らの企みが露わに曝されたのでしょうか。
盤石の安倍独裁体制を、これほど揺るがすことになったのでしょうか。
勿論、木村 真 豊中市議や菅野 完 氏の努力のたまものです。
それでも、それとは別の特別な力が働いていたのではないかと、
私はそう思えて仕方ありません。
偏狭な右翼の策動が、先の戦争で亡くなった人々の逆鱗に触れたのではないか。
「いい加減にしろ、お前達!もう許さん!」
あちらの世界から、大きな怒りの声が発せられたのではないか。
私はどうしても、そう思えて仕方ありません。

天皇の命令で、外国まで人を殺しに行かされた若者たち、
その結果、若くして無念の思いで戦場で殺された若者たち、
家族と故郷への恋慕の想いを残したまま外国の地で息絶えた人達、
突然の攻撃や被災で訳も分からず命を失った人達。
この人達は、
「天皇のために戦って死ね。そうすれば神として祀ってやる。」
「戦争遂行のためには、すべてを我慢しろ。」
そのような言葉には、もうだまされません。
「国のために死ぬのではなく、愛する人のため、自分のために生きよ。」
そうあちらの世界から呼びかけているように思えます。

いつの世も、思想や言論の自由はあります。
排他的で偏狭な右翼思想を持つ人も存在自体は許されます。
徒党を組むのもある程度は見逃してくれるでしょう。
しかし、彼らは明らかにやり過ぎました。

今回のように、排他的で偏狭な右翼思想を持つ人が大きな勢力を持ち、
その代表者を国のトップに立たたせて独裁を行い、
日本国民の知恵であり誇りである憲法をないがしろにしたり、
法律を破ることは断じて許されません。

本当は現世に生きる私たちが、
安倍政権のやりたい放題をとっくに止めていなければならなかったのです。
私たちがもっとしっかりしていれば、
あちらの世界の人々を怒らせることはなかったのです。
この怒りの声は、偏狭な右翼マフィアにだけではなく、私たちにも向けられたものです。
「お前達は何をしているのだ。何をムダに長生きしているのだ!」

私たちはこの機会を逃さず、しっかりと戦わなければいけないと思っています。
私たちは、未だに先の大戦を自ら反省せず、戦前回帰を望む輩を野放しにしてきました。
この際、私たちは日本のあるべき姿をしっかりと定めて、
偏狭な右翼マフィアの跋扈を許さない国にしなければなりません。
単に今の安倍政権の倒せばいいというだけでなく、
安倍晋三氏のような人間が二度と首相になれない、政治家にすらなれない
そんなマトモな国にしたいと思います。

とにかく、まずは安倍首相を引きずり降ろせ!